嵐と穏やかな日を繰り返しながら、毎日が進み

いよいよ年末が迫ってきました。

 

昔は、

正月を迎える準備に、ガラスを拭いたり、柱を磨いたり。

大掃除の手伝いをする、子どもの仕事がありました。

 

忙しく、しめ縄を作る父や鏡餅を搗いたりする大人達の側で、

料理の出来上がりが待ちきれなくて、ワクワクでしたが‥。

 

年寄りだけの所帯の今は、正式なことは端折って、

簡単に正月を迎える準備を始めています。

数の子

数の子

プツプツ、シャキシャキ、

正月にしか、食べることが無くなった料理。

黒豆

黒豆

これだけは欠かせない、いつもの黒豆。

昆布巻き 

昆布巻き

ご飯のおかずに。

今夜から

今夜から さっそく

十日ほど前に漬けた、白菜漬けがいい具合です。

蒲鉾も伊達巻も、正月前からもう出ずっぱりです。

 

うち豆

打ち豆

この打ち豆は、姉が作ってくれたもの。

煮ると、ふっくらして、いい出汁がでます。

ひじき煮に入れて

ひじき煮に

普段は、煮物もあまり作らなくなりました。

鶏モモ肉・レンコン・ゴボウ・こんにゃく・人参などを、ひじきと煮てみました。

 

年越しの準備をしながら、台所に長く居ます。

ビーフシチュー

ビーフシチュー

ストーブに鍋をかけ、煮しめを作ったり、煮豆を煮たり。

 

少しだけ、ゆっくりとした時間が流れています。

 

年末の支度を少しずつ始めています。

 

‥が、お誘いがあって

「ガマズミでジャムを作ってみたから、味見をど~ぞ」

ガマズミのジャム

ガマズミのジャム

なんと魅力のある色。

 

山道で、見かけることはあっても、

ジャムを作る程に集めることは、至難のワザです。

ガマズミ

ガマズミ

実を集め、煮て、種を濾したそうです。

まず、

ヨーグルトのソースとして、きれいな色を楽しみました。

酸っぱさも、あと口に残るわずかな渋みも “ 木の実 ” の自然な味。

 

「お餅を搗いたらどうなる?」

ガマズミ餅

ガマズミ餅

と、言うことで作ってみました。

ガマズミの存在を充分に感じる、初めての《ガマズミ餅》

淡いローズピンクです。

 

期待した鮮やかな色は、まだ出ませんでしたが、

次回はジャムの分量を、増やしてみよう‥と言う事に(*^^)v

 

こんなことをするのも、

佐渡のお餅屋さんの、秘かな楽しみです。

 

いよいよ、冬到来。

暮らしに不足の無いよう準備し、心構えもそのように。

車のタイヤを冬仕様に替え、灯油を備蓄したり、保存食も用意。

これで、何日かは少し安心。

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

年の瀬近く、

友人が懐かしい故郷の味を送ってくださいました。

福井から いただきました

福井から

福井県人のソウルフード。

小鯛のささ漬け

小鯛のささ漬け

塩と米酢で、美しい桜色のレンコダイの身を漬けたもの。

手毬寿司として、丸~るく可愛く握っていただいたりします。

 

水羊羹

水羊羹

水羊羹は、福井県民だけが知る冬の楽しみ。

暖かい炬燵で、水羊羹なのだ~。

守ろう 福井の味

守ろう 福井の味 !!

歴史的には、でっち羊羹として、

“実家へのお土産とした”という、意味があったそう。

 

ぬか炊き

北九州のぬか床炊き

福岡生まれの友人からは、九州・小倉城のぬか炊き、シリーズを。

九州の珍しい料理として聞いたことはありましたが、いただくのは初めてです。

 

味付けの最後に、その家に昔から伝わるぬか床を加えると、

美味しくて健康にもよく、味の深みと旨味が増すと言われる郷土料理。

さばの糠炊きと、ちりめんジャコと山椒の実の佃煮を初めていただきました。

それぞれの家庭が出る、安心の味。

パッケージの裏を見ると、素材と塩・砂糖・醤油・ぬか床‥‥のみ。

 

保存料もカタカナのその他も‥何も加えていない、

故郷に伝わる味を、友人たちは自信を持って贈ってくださったのです。

懐かしい味を守り伝え、残している故郷。

子どもの頃からの思い出と、地元の誇りの味をお届けくださいました。

 

お礼の電話をすると、

明るく笑って、

「昔と変わってないやろ」

 

故郷からのプレゼントは、格別の美味しさでした。

ありがとう(^O^)

何よりも、懐かしい友人と話ができたことも、嬉しかったです。

 

そして先日、

元気でいますか?の想いで、叔父(80代です)に送った佐渡産の自然薯には、

自然薯

自然薯

「届いたよ。まずは元気に暮らしていますからね。安心して下さい」との葉書きあり。

思いは通ず。

元気でいてくれて

よかった、よかった。

 

食卓にあった季節の素朴な味を、

作ること・味わうこと‥楽しんで下さいね。

 

ホッと和んだ年の瀬のひと時でした。

 

寒さが増してきました。

柚子や、蜜柑の箱が積まれてお店に並ぶ季節になりました。

 

このオニ柚子は、花の少ない今

《オブジェ》にと、いただいたもの。

おだやかな気分になれる、温かい色の組み合わせです。

柚子 わせ蜜柑

オニ柚子 ゆら早生 柚子

まずは、

定番の柚子のマーマレードを作ってみました。

 

香りと皮の苦みを少し残し、ヨーグルトやトーストに(^O^)

ゆずのジャム

ゆず マーマレード

ヨーグルトに添えて

ヨーグルト

ヨーグルト

 

ゆずは、料理の風味づけとしたり、

鍋料理の多くなる冬場に、絞ってポン酢でも活躍しています。

絞り汁にハチミツを加えれば、サッパリとして熱い、簡単な飲み物にも。

柚子

柚子

身近に柚子の木があるので、気軽にあれこれ、とても便利。

もう直ぐ冬至になりますが、お風呂に浮かべてゆっくり浸るのもいいですね。

 

こちらは、露地育ちの蜜柑。

たわわ

たわわ  12/5

畑の中の蜜柑は《ゆら早生》

酸っぱさが効いた、甘さが魅力です。

 

そのまま食べるのが、いちばん美味しい果物の代表が《みかん》ですが、

収穫してから4 日~5 日置き、水分を 5 %位飛ばし、味が安定してから出荷しているそうです。

小粒の皮の色が濃い方が美味しいそうで、お薦めに従ってSサイズを買い求めて来ました。

 

その他にも

《田口早生》も育てておられ、

食べ比べてみて欲しいと、熱心な農家さんです。

ゆら早生 みかん

ゆら早生 みかん

皮のキメがなめらかで、香りも豊か。

茹でて

茹でて

皮ごと 2 ~ 3 回茹でこぼし、みかんの皮の渋みとアクを抜いてから、

みかんの皮の裏の白い部分を削ぎ、細かく刻んでジャムに。

みかんジャム

みかんジャム

てんさい糖を加え、ゆら早生の果汁で煮詰めれば、

みかんの皮 ジャム

みかんの皮 ジャム

一週間ほどで、よく馴染んできます。

 

柚子の渋みと香りのマーマレードも美味しいですし、

明るい香りの蜜柑ジャムも美味しいので、両方を作ってみました。

 

さて、柚子で、

柚子のベイクドチーズケーキ

チーズケーキ

チーズケーキ

ベイクドチーズケーキに

シフォンケーキに混ぜて焼いても、チーズケーキにも(*^^)v

 

ジャム作りも、楽しい冬仕事のひとつです。

 

初冬の楽しみは、自然薯。

濃厚な粘りと、滋養に富んだ “ 山の芋 ”

 

自然薯をのばすには、“あぶらめ” や “アゴ ” や “ カマス” が合うと言われています。

自然薯の味付けの味噌の出汁には、家庭ごとにコダワリを持っています。

 

夏に獲れた飛び魚を、炭火で焼き、乾燥したのが “アゴ出汁”

‥‥ですが、今年はどこの魚屋さんにも、売られていないのです。

 

アゴ出汁

これは昨年 の アゴ出汁

 

トビウオは、臭みがない上品な味わいが好まれ、

夏の楽しみとして、親しまれている魚。

 

そういえば、この夏は、生のトビウオを見かけなかったような‥。

自然薯の季節になり、いざ “ アゴ ”を探してみて、無いことに気づきました。

 

年末年始の、お煮付けなどのご馳走の出汁としても、

是非とも欲しい、 アゴ の出汁。

お祝いの日や、特別な日の料理には欠かせないのです。

 

自然薯

自然薯

 

アゴ出汁の主役は自然薯。

曲がっていたり、形は不揃いですが、羽茂の自然薯を、自家用として分けていただきました。

ナカミが本物ならば、姿は何の問題ない貴重な自然薯。

 

柚子

柚子

アゴ出汁と香りの柚子を添えて、

毎年、叔父に送ることにしています。

叔父も、《自分で作る、食べる》を楽しんでくれているようです。

山椒のすりこ木で、なめらかにふんわりとなるように、ゆっくりスリスリ。

 

以前に送った、山芋セット

自然薯・柚子 アゴ カマス

自然薯 柚子 アゴ カマス

その昔、

すり鉢を押さえて、お手伝いするのは、子供の役目でした。

とろろ汁が仕上がるまでの、全ての手順が楽しかった‥(^O^)

自然薯すりの、なつかしい思い出です。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ