寒いながら、陽ざしが明るく感じられる日

蝋梅

蝋梅

雪が残り眩しい景色のなかで

気品ある蝋梅の透明な花びらが、ふくいくとした香りを漂わせていました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

午後には、八幡町の四つの班が合同となって、芋煮会が開かれました\(^o^)/

 

八幡芋 で たっぷりの汁

八幡芋 で たっぷりのお汁

 

八幡芋は佐渡特有の種で、この八幡地区で大切に作り続けられている芋。

生産する人が少なくなってしまい

作り続けることに意義がある‥というところまできている里芋とか。

土との相性があって、この八幡の砂地に適しているヌメリと旨味が多い芋。

八幡芋は、一般的な里芋とは区別されています。

 

地区の新年会を兼ねての芋煮会

八幡町に暮らして一年が経ち、地区の名前の付いたおいしい八幡芋をいただきました。

 

大黒様

大黒様が会場まで出張され、笑顔ですべての参加者を小槌でコツコツ

食物と財福を司る神なんだとか

 

ハーモニカ で ボランティアのお二人

ハーモニカ で ボランティアのお二人

 

地域の茶の間

地域の茶の間

時には地域の茶の間として、自治会の方が会場を利用されるそうです。

 

雪の冬景色が一晩明けたら、夜の雨で溶けてしまいました。

 

おけさ柿の干せ具合は? どのくらいまで進んでいるのかしら?

と、羽茂の農家さんをお訪ねしました。

 

柿の干し場

柿の干し場

 

親戚のおけさ柿

親戚の おけさ柿

味見をさせてもらうと、濃厚な甘さとシコシコとした皮目の一体感、これが絶妙。

やっぱり、ココのはいい味、いい柿 (^u^)

 

おいしい干し柿 熟成中

おいしい干し柿 熟成中

 

干し柿も生産者さんごとに、干し方 ・ 味 ・ 形成 の仕方などが異なります。

柿餅本舗では生産者さんに、ゆっくり干して、よ~く乾かすことをお願いしています。

 

干し始めの頃、寒くない日が続いたために、カビが発生した農家が多かったそうですが

「 冷風が吹きはじめるのを待って、柿を干し始めたのよ 」  

「 無事に柿が乾いてくれて、ホッとしている 」

 と 、笑顔を見せてくださいました。

 

もう少し待つと、完成です\(^o^)/

 

ごうごうと、地鳴りのような音をたてて西風が強く吹き荒れています。

昨日は、この冬始めての積雪で風景が違って見えました。

 

しまふうみ

しまふうみ

 

雪の道

雪の道

 

しままるしぇ

しままるしぇ

ふんわりと雪に包まれて、静かな景色

 

羽茂の柿畑のようすを見に出かけると

雪の柿畑

雪の柿畑

 

枝にも雪

枝にも雪

 

雪のため柿の冬剪定をお休みし、姉夫婦はご近所さんと納屋で休憩中でした。

紅梅にも雪

例年より早めに咲いた紅梅にも綿の帽子

 

剪定済みの枝 

剪定済の枝 

 

羽茂の里山のいつもの風景が

すっぽり雪に覆われているのにかかわらず

冬の陽ざしの中では、ほんわりと温ったかく感じられました (*^_^*)

 

申年が明けて、一月二十三日

「拓」 と 「至」 で、 1 ・ 2 ・ 3  \(^o^)/

 

佐渡の酒蔵、加藤酒造・逸見酒造・天領杯酒造、長岡の朝日酒造

美味しいと人気の酒蔵の

お酒の飲み比べ会に誘っていただきました。

 

開宴

開宴

 

地元の酒蔵の銘酒を揃えて販売し、応援している山田屋さんが

毎年この日に、お客と酒蔵を結んで、お酒を楽しむ会を主催しています。

 

純米活性にごり酒・純米吟醸酒・本醸造純米酒・原酒など

聞き慣れない、詳しい説明を聞きながら‥

酒蔵の代表の挨拶に始まり、杜氏さん、酒麹の担当者がテーブルを廻って懇談。

参加者はおよそ120名ほど

冷やがいいの・ぬる燗がいいの・上燗がおいしいの‥あれこれと。

 

献立

 献立

献立 

献立 

 

これでお酒を飲めたら、間違いなく美味いにちがいないお料理が並んで

鱈と鮟鱇が盛り沢山の、旬の贅沢な献立 

参加者は、蔵元さんの自信の新酒をあれこれ飲み比べる幸せを堪能しました。

 

私は飲めないタチなので、それぞれの蔵元さんの仕込み水を飲み比べ (*^_^*)

なんと これほどまでに 味 が異なることとは !!

新鮮な 驚きでした

 

豆腐、蕎麦を始め、家庭の味噌汁、ご飯 ‥‥ どれもが、水が大切と言われているものですが

蔵元ごとに味が違う 仕込み水があるからこそ

佐渡のお酒が、個性をもって生れることを実感した夜でした。

 

ウチの旦那さんや大方の参加者は、蔵元自慢の新酒を楽しみ

私は、テーブルにご一緒した方とおしゃべりを楽しみ

お料理と佐渡の名水をたっぷりいただきました (^u^)

 

新年のいろいろが一段落した頃を待って

しままるしぇで一緒に仕事をしている “ 春ちゃん工房 ” の春子さんを訪ねてお客様が佐渡に。

 

始めて佐渡に来られたお客様がいらしゃるので

冬ならではのご馳走を楽しんでいただこうと

 

鱈汁

鱈 汁

熱々の鱈汁には、すけそう鱈と真鱈をミックスすると更に美味しくなるそうです

 

火鉢でししゃもを炙って

火鉢を囲んで  ししゃもを炙りながら

 

お客様のお土産 ルバンさんの自然酵母パンいろいろ

東京 “ ルバン ” さんの自然酵母パン いろいろ

佐渡には無いものをいただき、佐渡ならではのお料理で歓迎会。

 

持ち寄り料理で歓迎

 

冬のご馳走 寒ブリに、早春の葉わさびを添えると

辛みがツ~ンと利きます (>_<)  

素敵な組み合わせだね、と好評でした。

絞ったばかりの地元の新酒を、あれもこれもと飲み比べて

贅沢な宴

ようこそ、乾杯 \(^o^)/

 

翌日は冬の嵐のために、佐渡汽船が出航するのか、しないのか朝から気を揉まされ

何便か欠航が続いた後、夕方にやっと船が出ることになって

ハラハラどきどきワイワイ‥、ようやく、無事に佐渡からお帰りになりました\(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!