澄み切った青空の、さわやかな秋の一日。

 

ご注文いただいた「 柿餅 」 を、朝のうちにクロネコさんに預け、午前の時間が空いたので

素敵な風景に出会える予感がして、岩首へ出かけました。

 

廃校となった旧岩首小学校 ( 岩首談議所 ) で、多くの大学生を受け入れたり

観光で訪れる人たちに、清流の流れ落ちる “ 養老の滝 ” を案内したり、

“ 昇龍棚田 ” と呼ばれる岩首の棚田を、地区の皆さんと守っている大石さんをお訪ねしました。

 

大石さんは、来年7月に、佐渡で開催される 「全国棚田(千枚田)サミット 」 の打ち合わせの為お留守でしたが、奥様とお話ができました。

 

案内の看板

案内の看板

数年前、分岐点を間違えて棚田に辿り着けなかったことがあったので、もう一度確認。

 

スタート地点

スタート地点

よくわかる案内の看板が途中にも、角かどにもありますので安心です \(^o^)/

 

遠くの海 と 実りの田んぼ

遠くの海 と 実りの田んぼ

 もう一段、高く登って

 

稲刈りが始まっています

稲刈りが始まっています

はざかけ

はざかけ

今は、機械乾燥を併用していますが

昔と同じように、ハザガケして稲を干しています。

稲藁の甘い香りが、あたりに漂っていました。

 

手刈り 稲束

手刈り 稲束

展望小屋 そらまめから

展望小屋 そらまめから

この休憩展望小屋も、多くの人の協力で再建されたもの。

秋の澄んだ風を感じながら、遠くの海と、豊かな稲の実りの風景が見わたせます\(^o^)/

 

この展望小屋までの細い道の両脇は、きれいに草を刈られ掃除されていました。

大勢の学生ボランティアが、岩首に滞在して、整備に協力したものだそうです。

 

そらまめ 協力の感謝状

そらまめ 協力の感謝状

 

ボランティアの後書き

ボランティアの後書き

実り豊か 昇龍棚田

実り豊か 昇龍棚田

“ 昇龍棚田 ” と呼ばれる、ゆえんの風景

 

一枚ごとの田んぼが、丁寧に手入れされていて

この、さりげない美しさ保つための、ご苦労が察せられます。

 

美味しいお米を作ることや、きびしい条件の山の田んぼを守り続けてきた景観は

多くの時間と労力の賜もの。

暮らしている地域の方々の、棚田への強い意思を感じました。

 

、帰り道に、田んぼで働いていたお母さんに、昔のご苦労などのお話もお聞きしました。

 その方の庭には、立派な原種に近い梨の木があり

大切にされていましたので、許可をいただいて (^O^)

 

梨の古木

梨の古木

冬に備えて だいこん

冬に備えて だいこん

 

 佐渡には、他にも多くの棚田がありますが、岩首の棚田は本当に美しい風景だと思います。

 

汗を流して守っている棚田の風景や、自然のままの不便さも含めて

実習に来てくれる学生さんや、観光の方たちが

末長く佐渡のファンになってくれたら・・・・・。

 

岩首の棚田は、故郷の大切な心の風景そのものです。

 

朝からの冷たい雨の中、19回目の佐渡トライアスロン大会がスタートしています。

 

黄金色に色づいた田んぼの中を、走り抜ける選手のみなさんを応援するのが恒例の秋。

バイクやランの邪魔をしないように、島民はできるだけ車を出さないよう (ノーカーディ) にすることが一番の協力。車で選手の横を通る時には、充分に距離をとるように心掛けています。

無事に、ゴールできますように。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

夏のいろいろな行事が一段落し

ようやくのんびりした生活リズムが戻り、何回か食事会に誘っていただいたのでメモ。

 

「 豚一頭分の肉が手に入ったから、一緒に食おう、飲もう 」 と、集まって飲み会。

火鉢でBBQ

火鉢でBBQ

持ち寄り 煮物 ごま和え

持ち寄り 煮物 胡麻和え

漬けもの よもぎ餅

漬けもの よもぎ餅

紫蘇味噌

紫蘇味噌

わいわい、賑やかに

おじさん達は無邪気に飲んで、笑って。

 

 

佐渡に移住して以来、いつも気にかけて誘ってくださる先輩のお宅で。

おいしい料理と、お酒とおしゃべり。

手作りのご馳走が、我が家にはないものばかりで、実に楽しいのです。

 

さあ 飲むぞ

さあ 飲むぞ

餡入り アーモンドパイ

餡入り アーモンドパイ

 

ワインとウィスキーなど、我が家のテーブルに上るお酒とはちょっと上質なご馳走(^u^)

チーズやナッツ、スープ、ケーキなど。

 

翌日からは、いつものように

我が家は、畑のプチトマト・きゅうりをそのまま齧り

茄子とピーマンと大葉の味噌炒めの生活に戻りましたけれど‥‥。

 

 

鮎を捕るのは楽しみであり、年ごとに難しくなっているそうですが

形のいい、新鮮な鮎がたくさん。

天ぷら・石焼き・串焼きでご馳走してくださいました。

 

石を焼いています

石を焼いています

祭りの準備。 まず石を焼いて、焼いて。

鮎の石焼き

鮎の石焼き

串で焼いて

串で焼いて

古代米ブレンド 塩結び

古代米ブレンド 塩結び

雨にも負けず 地酒で

雨にも負けず 地酒で

集会所の広場で

集会所の広場で

 

小学校の近くの集会所、お地蔵さまの前の広場で

先輩たちが、移住体験中の方や、I ターン、U ターンの人達を誘ってくれました。

 

田舎暮らしでも、捕れたての鮎、ヤマメ、岩魚などを

石焼きでご馳走になれるなんて、なかなかできないもの。 

大勢の先輩方と、楽しく贅沢な時間。 

ありがとうございました \(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!