大雨と嵐の三日間でした。

 

昼からは、新そばの会にお呼ばれ(^u^)してきました。

 

新そばの会 ご案内

新そばの会 ご案内

みか婆ちゃんの蕎麦打ち

みか婆ちゃんの蕎麦打ち

蕎麦打ち台の横には電動の石臼が置かれ、キメの細かいそば粉が挽かれます。

新蕎麦の出来上がり

新蕎麦の出来上がり

みかばあちゃんの手ほどきを受けて

みかばあちゃんの手ほどきを受けて

かますの出汁と濃い目の醤油味で、新蕎麦をいただきました。

ボージョレも酒も焼酎も・・・

ボージョレも酒も焼酎も・・・

田舎料理を囲んで

田舎料理を囲んで

へんじんもっこの生サラミを差し入れ

へんじんもっこ の 生サラミを差し入れ

農家では、米やおけさ柿、蕎麦などの収穫を終えて、やっと一息。

 

近隣の農家の皆さんと一緒に、新蕎麦、ぜんまいの煮物、牛すじとおでん、カヤの実、栗入り黒米のおむすび、切干大根、煮豆、たくわんなど漬けもの各種 ・・・ を美味しくいただきました。

自家製の新鮮野菜で、全部がおばあさんと奥さんの手作りのお料理。

時間をかけた自給自足の生活。飾りのない素朴なお皿の数々は、ホッとする穏やかなお味。

 

大きな納屋で、床に座ってワイワイ。  賑やかに (^O^)??? ご馳走さまでした。

 

昨夜から、大嵐。

雷とアラレ、大風、激しい雨。

海では波浪注意報が出され、昼以降のジェットフォイルは欠航となりました。

この季節、佐渡は信じられないくらいの大荒れになります・・・台風でもないのに。

 

佐渡汽船さんよりご注文いただいた、干し柿を納品に両津港へ。

干し柿 2個入り 3個入り 4個入り

干し柿 2個入り 3個入り 4個入り

 

干し柿 

干し柿

 

2回目の雪が 金北山に

2回目の雪が 金北山に見えます

 

冬支度

駐車場の 冬支度

 

カーフェリーは 嵐の中出航

カーフェリーは 嵐の中出航

?いつもと変わらない両津港の風景ですが、人の通りが少ない日でした。

 

夕方のスーパーに寄ってみても、お客はパラパラ。

今夜はどこのお宅でも、家に有るモノで夕食を済ます事にしたのかな… 。

今も、雨が窓を叩き、あられが音を立て、稲光と雷鳴が押し寄せています。

 

午後から急に寒さが、迫ってきました。

アラレ混じりの冷たい雨。

 

昼の船で、久しぶりに 友 遠方より来たる (^_^)/

佐渡での仕事の合間に、柿餅本舗の加工所と、やまごの店を訪ねて下さいました。

そこで、お昼ご飯を一緒にと … 準備した、特製やまご蕎麦。

蕎麦 さざえ飯 鯵のタタキ サヨリのから揚げ ひじきの煮物

蕎麦 さざえ飯 鯵のタタキ サヨリのから揚げ ひじきの煮物

ご馳走のメインは、釣りが趣味のやまごの主人の、さよりの天ぷら、鯵のタタキ。

そして・・・腕によりをかけた手打ち蕎麦の打ちたてを、味わっていただきました。

「 初めて訪ねた家なのに、我が家に帰ったような雰囲気ですね。」

うれしい言葉 (^_^)v

精力的な仕事ぶりの友人が、ここでの一服で、午後がアンバイよく進みますように。

 

今日は、公私ともに慌ただしい一日でした。

ようやく、最後の仕事である荷物の配送を終えた頃? ・・・・

「 仕事は片付いたかや?」

「 よかったら、晩に家に来んかや。」

佐渡に移住して以来、何かとお世話になっている方から、お誘いの電話がありました。

何やら、イイことの有りそうな予感? (^O^)

 

しま鯛

しま鯛

 

?なんと、ご馳走が (^u^)

50㎝を越える大きなシマ鯛。このサイズは珍しい大物。

佐渡の魚に魅せられて、39年も釣りに通っている友人の釣果とか。

 

おじさん達

おじさん達

旨いお酒で、のんびりムードのおじさん達。

しま鯛のアラで

しま鯛のアラで お吸い物

 

やわらかいカブと葱、しま鯛のアラ。奥様が、熱々のお吸い物を作って下さいました。

次々とお料理が並び、お酒飲みのおじさん達はご機嫌な夜。

シコシコとした旨さの鯛は、身の美しさも魅力で、今まで食べた刺身の中でも別格の味。

 

しま鯛は、さざえ・蟹などを食べる美食家とか。 バリバリと音をたてて、ささえの殻などを噛み砕く強い歯の持ち主だそうです。

しま鯛の餌として用意したと言うさざえの残りで、炊いたさざえご飯の美味しいこと !!

 

貴重な大物の鯛を肴に、呑んで笑って、秋の夜長がアッと思う間に過ぎてしまいました。

 

寒い、寒い。 初霜と初雪。

柿もぎの最終日は、アラレが混じる冷たい雨でした。

 

生柿の出荷の最終期日も迫り、雨降りのなか、柿もぎを終了。

一年の柿作りが、無事に区切りを迎えられました。

納屋でヤレヤレ ホッ

納屋でヤレヤレ ホッ

 

さっそく 選別作業

さっそく 選別作業

 

さっそく、親戚や友人の皆さんへ、佐渡からのプレゼントを荷造り。

10日間ほど待つと渋が抜け、味わっていただけるようになるはず。

待つ時間も佐渡との繋がりを感じていただけるよう、渋抜き完了の数日前に発送しました。

 

11 / 7 柿をアルコールで渋抜き

柿をアルコールで渋抜き中

「 届いたよ・・・」「美味しかったよ・・・」の声が聞けるのを、楽しみにしています。

 

朝から強い雨。次第に風も強くなりました。

佐渡汽船が欠航となる大あらしもなんのその・・・。

午後からは、羽茂・しめばり山荘へ。

 

囲炉裏を囲んで 臼に花を

囲炉裏を囲んで 臼に花を投げ入れて

 

両津に住む、市橋さんご夫妻の作品展と、山の御馳走を楽しむ会に大勢が集まりました。

 

山ささげ 鶏頭

山ささげ 鶏頭

唐ごま

唐ごま 菊

庭のハーブ

庭のハーブ 秋めい菊

?奥様は小原流のお仲間と、野の花の “ 投げ入れ ” の作品展

 

投げ入れとは、風になびく花や枝ぶりを、そのままに活ける…

少し乱暴に聞こえますが、自然のままに…との意味だそうです

 

相川 挟み岩

夕 日 影

ご主人の市橋輝之さんは版画の作品展を

 

ご本人の了解を得て、写真を撮らせていただきましたが、迫力や色を重ねた版画の

本質を伝えられる筈もなくて…。

後日、四分一ギャラリーに於いて、改めて作品展を開催される予定です。

ゆっくり観賞いただけますよう …?。 他の作品はその時に 。

 

山の主による 定例の演奏

山の主による 定例の演奏

 

 

お楽しみは、山の御馳走

麦飯 自然薯 あぶらめ出汁

麦飯 自然薯 あぶらめ出汁で

 

松茸の炊き込みご飯 手作りこんにゃくに酢味噌 栗入り玄米餅に黒ごま

あわび・さざえの刺身 山のなめこ汁 囲炉裏で鮎の塩焼き むかごのご飯 そして柿餅

 

持ち寄り料理で、豪華な昼食会となりました。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!