湿った雨の一日で、冬がま近に迫って来た気配。

今日は、たくわん用の 大根を干しました。

我が家の隣の大きな欅も葉をすべて落とし、風も冷たくなってきたので、よく干せそうです。

たくわん用 大根干し

たくわん用 大根干し

沢庵を漬けるようになったのは、毎年おいしく漬けて、食べさせてくれる友人がいたからです。

白菜漬け・蕪の甘酢漬けなど、冬野菜の漬け物が得意な人で、何を漬けても美味い !!

米糠・塩・ざらめ・鷹の爪など、惜しげもなく秘伝の分量を教えてくれたのです。

大根をよ~く干して、“ ?”?の字に曲がる頃になったら漬け込む予定です。

ポリポリと歯ごたえがあって、甘さと辛さが絶妙に ?(*^。^*)  楽しみな冬支度です (^o^)丿

今年の新蕎麦がとれました。

11月26日・27日、大崎活性化センターで、大崎そばの会が開かれました。

大崎活性センター 何事ぞ

バスが集結 何事ぞ 始まりそう

そばの会 ご馳走を いざ

そばの会 ご馳走を いざ

佐渡の島、内外から 200 名余りのお客様が一堂に。地元の素朴な料理に舌鼓。

十割蕎麦の打ちたてを、満足いくまでお代わり自由。

煮しめ 漬けもの 

蕎麦の会 お母さん手作り 地場の素朴料理 

芋の煮っろがし 山菜煮つけ

同じテーブルの人同士で 料理を分け合って ど~ぞ

クラス会の定例会 家族でワイワイ

お酒の持ち込み自由 グイグイ

宴会半ば頃からは、地元に伝わる伝統芸能が披露されます。

陽気に 相撲甚句 

芸達者な地元のお母さん達 陽気に相撲甚句

文弥人形・佐渡おけさ・ちょぼくり・など、お客様に楽しんでいただける演目が豊富。

12月は、3日・4日の両日。大崎そばの会が開かれます。2月にも1回の予定です。

座ってゆっくり、お蕎麦を楽しみ、のんびりしませんか?

羽茂・大崎そばの会に、どうぞお出かけください (^u^) (^v^) (^o^)丿

小春日和に誘われて、海沿いにドライブ。

途中の家々の軒先には、鮮やかな色あいの干し柿が吊るされていました。

海風が日毎に、柿をきれいに乾かしてくれます。

晩秋の海辺の風景です。

干し柿 のれん

海風をうけて 乾け~

窓を開けて 干し柿

海辺の窓を開け 干し柿

“ 柿色 ” は、心を温くとめてくれ、暖かい気持ちにしてくれます。好きな色だな ~ (^o^)

( 温とめる = nukutomeru ?方言で、穏やかにあたためる、くらいの意 ‥です)

それから、海辺を赤泊から羽茂へ、叔父さんの家に伺った。

おばあさんのお得意の “ 栗まんじゅう ” をいただきました。

丁寧に練った餡が、たっぷり中に入っていておいしい ?(^u^) (^u^) (^o^)丿

栗まんじゅう

親戚のおばあさんの作 栗まんじゅう

小豆を大きな鍋でゆっくり煮て、皮はしっとりモチモチ。やさしい味のお饅頭です。

晩秋の休日。羽茂うめゃあもん祭り が開催されました。

柿や米の収穫を終えたこの時期に、ゆっくり、のんびり過ごしましょうと、八回目のお祭り。

豚汁サービスやコロッケ・お団子など

おいしいもの、いっぱい 

もっちり と いう表現がぴったり

自然薯 いかがでしょうか

作り方にも 主義あり

野菜を 自然農法で

私どもの “ 佐渡の柿餅は ” ?羽茂のおけさ柿・こがねもちを原材料にしておりますので

もちろん、お祭りに参加。

羽茂の素材は おいしい ですよ

子供たちは、外でアンパンマンと遊び、

新蕎麦を食べ、屋台を覗いたり “?じょんのび ” します。 ?(?方言でゆったり、のんびりの意 )

別会場では、特産品のおけさ柿の品質を競う、JA羽茂主催の品評会が開かれておりました。

義兄の出品です

義兄の出品です

熱心な農家の方々が出品された中から、義兄がアンポ柿部門の賞をもらいました。

この日は、生産者のみなさんの大切な勉強会の日でもあるようです。

佐渡;真野新町、まちなみセンター杜で、若林吉則作品展が開かれています。

合わせて、こけしコレクションが紹介されています。 ( 11月27日まで )

若林画伯の作品展

急いでも一生 のんびり人生

よーしのむぞ

体型も表情もいろいろ

よ~く見ると、表情ゆたか

若林さんの本業は庭師さん。

趣味で骨董品を収集されており、ご本人の風貌は佐渡の仙人をほうふつとさせます。

奥様も、書、水墨画、裂き織など、趣味がゆたかな方です。

私どもの “ 柿餅揚げ ” と “ 柿もち ” の商品の顔である原画・題字は、若林画伯に描いて

いただいたものです。

佐渡の柿もち

飄々とした中に、ユーモアが含まれ、思わず ?ウフッ (^v^) ?笑顔が広がります。

若林さんのあたたかい人柄が、柿もちの絵にも、ほのぼのとした雰囲気を伝えてくれています。

私どもはこの絵が大好きで、とても大切にしています。

是非一度、足を運びご覧になられてはいかがでしょうか?

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!