11月の後半は、天候の不順が続きました。

 

少しでも晴れ間があれば、柿もぎの手伝いに。 ?は大切なのです。

雨の日の柿もぎは、葉っぱから雫が落ちるは、脚立に登ると滑りやすくキケンなのです。

。。。。。。。。☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。

晴れたらしたかった作業が、もうひとつ。 玉ねぎの植え付け。

……でも…出来ませんでした。

玉ねぎ苗をを買い、畑の準備をしようとすると…?・雨・?

時期を逃してはいけないもの…大切なタイミングってあるのですね。

 

パソコンは修理中で、まだまだ片肺運転ですので、おそるおそる・・・・。

☆      ☆      ☆      ☆     ☆      ☆      ☆      ☆

12月1日から、ヤマザキパンのランチパックに、おけさ柿ジャムが登場することになりました。

このプロジェクトに、私達もほんの少し参加しました関係で、発売を前に、わざわざ新潟工場から新製品をお届けいただきました。

ランチパックおけさ柿ジャム&ホイップ

ランチパックおけさ柿ジャム&ホイップ

佐渡を代表する食材のおけさ柿を100%活用しきりたい、という願いの第一歩。

おけさ柿がもっとメジャーになればなあ、という願いを込めて (^o^)丿

おけさ柿ジャムが誕生し、佐渡の食材がランチパックと言う新しい製品となって、新潟県内や山形の一部エリアにデビューします。

関東エリアでは、1カ月あとに発売開始されます。

応援していただいて、定番となってくれたら嬉しいです。

パソコンの調子がよろしくなくて、点検・修繕を行わなけれなりませんので、しばらくの間、1~2週間くらい、お休みさせていただくかもしれません。

書きたいことはたくさんあるのに、残念ですが、ちょっとお休みします。

佐渡の天気は、不安定な日が続いています。

ザーッと降り出したり、晴れ間がのぞいてみたり ?・? 変化が激しいのです。

終盤を迎えた柿もぎの手伝いに、姉の家へ。

あと少しで終了 柿もぎ

あと少しで終了 柿もぎ

根気よく 丁寧に

根気よく 丁寧に

撰果 ベテランが作業して

撰果は ベテランの作業?

明るい柿色 

明るい柿色 

柿を一つもぐごとに、枝が跳ね上がります。

1年間、剪定、防除、摘蕾、摘果、そして何回もの下草苅り等々、長い時間をかけて育ててきたおけさ柿の収穫も、ようやく終盤を迎えました。

お疲れ様・・・そして、ありがとうございました。

先日の夜に、アラレが降り、おけさ柿に被害がでました。

柿の皮に傷がついてしまう‥あともう少し‥晩秋から冬への移り変わりの不安定な天候。

・・・・・・・・・・ ☆ ・・・・・・・・・・・ ☆ ・・・・・・・・・・・・・・・

これは、柿餅の加工所への途中の風景。

畑の片隅に 捨てられる柿

畑の片隅に 捨てられる柿

サイズや形が整っていない柿は、商品とされません。畑に捨てられてしまうのです。

一年間、同じように手をかけて育てた柿が‥‥

この柿をなんとか生かしたい‥‥。生かさないといけないですよね。

・・・・・・・・・・・ ☆ ・・・・・・・・・・・・・

一方では、こんな光景も・・・昨年はきちんと手入れをされた畑の柿が、出荷期限を過ぎても収穫されない現実を見ました。 腰を痛め、家族の体調不良も重なってのこと、とか。

手伝ってもらえる、人手があれば‥・。

農家の高齢化が進み後継者が育っていかない・・・この現実があります。

本腰を据えて変えねばと言いながらも…まだ…危機の意識が薄いようで? (~_~;)

今の生活を変える事は、楽ではありませんが、先ず、アクションを。 ネバならないところまで、佐渡は厳しい現実が迫っています。 心配のし過ぎなのかな?

 

 

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!