1. 佐渡の田舎暮らし日記

強風と寒さが襲った、今日は《大寒》

気温が低い為、雪はサラサラ。

軽く舞い上がったり、一瞬ホワイトアウト状態になったりして、少し危険な感じでした。

 

抹茶の羊羹

抹茶の羊羹

家に籠る日が続いています。

 

久しぶりにお菓子を作り、のんびりすることに。

熱いお茶に合うよう、抹茶の羊羹を(^O^)

白あん 抹茶

白あん 抹茶

 

参考のレシピに従って、材料を量ってみると、砂糖の多さにたじろぎます‥(>_<)

美味しく作るには基本が大切と思い、一応は材料を準備しました。

‥ですが、

少し量目を変えてみました。

砂糖を減らし、お抹茶はたっぷり多めにした自分流で。

流し缶に

流し缶に

一時間ほどで、固まります。

一口 サイズ

一口 サイズ

さて、お味見。

ほど良い甘さと、濃厚な抹茶の香りと苦さが絶妙の羊羹です。

チョット、自画自賛。

一口サイズですが、満足感あり(^O^)/

 

でも、食べすぎには、注意 注意。

心して、いただくべし。

 

コロナ発生から一年。

日本中で、状況が切迫してきているようで心配です。

 

友達やご近所さんと、気楽にお茶飲みができる日は‥。

 

一回溶けた雪が、また積もりました。

 

雪ダルマ

雪ダルマ

山道をドライブし、実家へ。

木の枝も 真っ白

木の枝も 真っ白

美しい白の世界。

車の音が雪に吸収され、とても静かです。

雪の下から キャベツ

雪の下から キャベツ

畑から掘り出して、キャベツを貰ってきました。

パリパリ キャベツ

パリパリ キャベツ

包丁を入れると、パリッと割れるほどの新鮮さ。

キャベツの甘さが増すそうです。

隣は 白菜

隣は 雪下 白菜

キャベツだけでなく、人参なども雪の下で保存するこの方法が人気とか。

雪は湿度たっぷりの、まさに天然冷蔵庫。

 

豪雪地域に住む方にとっては、これしきの量の雪でしょうが、

佐渡にとっては大雪なのです。

 

夜間には水道を流したままにし、灯油を補充したり。

風呂に水を溜め、薬缶に飲み水を確保し、万が一の凍結に備えました。

 

昨日に引き続き、今日も雪降り。

 

国道を除雪車が行く

国道を除雪車が行く

交通量が少なくなり、凍り始めた夜の道を、

除雪車が通っていきました。

 

わずかですが、今朝は歩道に雪が溜まっていました。

 

地区の端から端までの歩道を、近所の青年が雪を掻いてくれました。

「今日まで、正月休みですから」

 

歩道を歩くのは、子供と足の弱いお年寄りだけ。

この地区は、空き家も多くキチンと雪掻きが出来ない所も多いので

歩きにくい歩道を下りて、車道を歩く人が出てきます。

ほんの少数の弱者のために、汗をかいてくれる人がいてとても助かります。

歩道の雪掻き

歩道の雪掻き

真夜中に除雪車で雪掻きををしてくれた道路を、

お正月を返上してバスを動かしてくれる運転手さん。

ここでもほんの数人の乗客のために、働いてくれています。

 

令和 3 年の 新年。

雪の正月を迎えました。

元旦は嵐でしたので、陽ざしのある三日になってから、近所の八幡さまにお詣り。

八幡の八幡さま

八幡の八幡さま

佐渡らしい、ぼってり やわらかく 重い雪。

境内は、蜜にもならない‥地区の八幡さま。

穏やかな一年になりますように ^^)

 

さざんか に 雪

さざんか にも

コロナの為に、今年はお客さまがあるでなし、

どこかへ、年賀に伺うでもなしのお正月。

 

初仕事は、家の前の雪掻きから (*^^)v !(^^)!

 

年末が近くなっているのに、まだ、佐渡の寒ブリ漁の季節を呼ぶ

《雪おろしの雷》が鳴りません。

 

魚屋さんに寄る度に、まだかな~と心待ちにしている鰤。

「皆さん、ブリ大根を作りたいと店に来て下さるけども、まだ雷が鳴らんでねぇ」

寒ぶり あります

寒ブリあります  看板

 

ようやく見つけました。《寒ブリ》(*^^)v

店先のピンクの箱には、およそ 9㎏ 程の鰤が数本。

( 10㎏を超える大物は、東京の市場に送られるのだとか )

 

スーパーには、鰤の切り身を置いてあるのですが、

地元の魚で作りたいと思い、佐渡産が店に並ぶのを待っていました。

ブリのアラ

ブリのアラ

まず軽く下茹でし、鰤の臭みを抜いてから

大根 

大根

大根と一緒に煮始めました。

鰤のアラ煮

鰤のアラ煮

たっぷりの地酒を加え、

何と、たった200円分のアラで、美味しいブリ大根完成(^O^)

 

後日、照り焼きと、刺身で、季節の味《鰤シリーズ》いただきました。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!