柿餅本舗の新しい製品ができる度にお訪ねし、味見や感想を教えていただく先輩がいます。

ハウスの中では、ほぼ終盤となった苺の収穫を、いつものようにご夫婦で作業中でした。

 

いちご

いちご

 

ハウスには先客に、赤泊でハチミツをとる仕事をしている方がいらして、

紹介していただきました。

 

お互いがモノを作る事をしていると、初めての方でも新人の者に優しく接してくれます。

率直な意見と、手厳しくて、素直な感想を教えていただけるのが、何よりもありがたいのです。

お茶を飲み、あれこれ話すうちに、大事なヒントもいただけます。

年齢ではず~と先輩の方たちに、素直に甘えたり、自分を見つめ直す時間に。

 

いただきもの 苺

いただきもの 苺

 

帰り際に、「もう、最後になったから、サクランボ位の大きさしかないけれど、持って行ってね」と、取りたての苺をたくさん持たせてくれました。

 

アイスに 苺を添えて 

アイスに 苺を添えて

 

ご好意で下さったものは、生でおいしいうちに食べる。

傷まないうちに、きちんと加工して楽しむ。

 

・・・・で、

苺のソース

苺のソース

定番の苺のソースを作りました。

いつもいつも、心にかけてくださりありがとうございます。

 

この数日は、低温の傾向で風がひんやり、肌寒く感じます。

 

梅雨の前の、若葉の頃に摘んだ柿の葉は、おいしいお茶が作れる‥

と言うことで、柿の葉茶作りを、この季節の大事な仕事としています。

 

柿の葉茶

柿の葉茶

 

柿の葉茶

柿の葉茶

 

羽茂の伯母さんの畑には、ず~と無農薬の柿の木があり、

毎年、ここで摘ませてもらっています。

 

柿の葉

柿の葉

 

きれいな柿の葉を、よく洗って、ほどよい大きさに刻みます。

 

柿の葉茶

柿の葉茶へ

 

 

短時間 蒸して

蒸して

 

短時間、蒸し

陰干しで、葉をよく乾燥して完成 (^_^)v です。

柿の葉茶の甘さと香りが、さわやかに残ります。

 

柿茶には、体に入ってからビタミンCに変化する、特別な性質があるそうです。

それに、柿のポリフェノールがたっぷり、とてもとても、体に優しいお茶です。

 

こぬか雨が、降ったり止んだり。

畑に植えた、ミニトマト・茄子・きゅうりなどに、ふんわりやさしい雨の日です。

 

昨日、青く、やわらかな山椒を、JA佐渡の地場コーナーで見つけました。

先輩の作る初夏の味 “ ちりめん山椒 ” が、とても美味しかったことを思い出し、

さわやかでパンチの利いた味を、私も真似てみたいと買い求めました。

 

雨の日は台所に居て、あれこれと。

そこで、チャレンジ (^_^)v

 

青い 実山椒

青い 実山椒

 

煮て アク抜き

煮て アク抜き

 

10分間ほど煮て、アク抜き。

さわやかな香りが台所に充満して、下ごしらえが楽しいこと(^_^)v

一晩水に晒して、更にアク抜き。

完成

完成

 

ネットで検索した調理レシピで、完成 (^_^)v

心もち甘めの出来上がりとなりましたが、美味しい!!

一晩、味がなじむのを待ちます。

今回は、少しの分量でお試しです。

ちりめんじゃこ  50g    山椒の実  大匙 1

醤油  大匙 2

   大匙 3

出汁  カップ 1/2

砂糖  大匙 2 ( 次回は、ここを控えて )

 

旬の素材は、一瞬のもの。

地場の野菜を売るコーナーを覗くと、いろいろな素材に出会えます。

今日は、最後のタケノコ、ハチクと真竹が並んでいました。

これも一瞬の物ですので、昆布と身欠きにしんで煮物にしたいな‥。

でも、

あれもこれもと欲張らないで、また明日‥と、山椒だけにしました。

 

佐渡は、花の季節になりました。

早春の山野草、桜に続き、ヤマボウシ・ 初夏の薔薇に。

りんご畑をぐるりと囲んで、みごとなバラ園を公開して下さる庭をお訪ねました。

赤 

赤色

 

黄色 

黄色 つぼみが好き

 

つるバラ

つるバラ

 

白

 

咲きはじめ

咲きはじめ

 

例年より心もち咲き始めが遅いようですが、( お訪ねしたのは6月1日 )

来週には咲き揃って、多くのファンが見に来られるでしょう。

つる薔薇が多く、ボリュームたっぷりで、可愛い薔薇はほんとうに見事。

散策しながらめぐるりんご畑は、贅沢で、楽しい別世界になります(^_^)v

 

青 りんご 

青 りんご

畑の主役のりんごは、まだ青くて、可愛い小粒。

りんご園を縁どるバラ園は、西三川のイメージアップに貢献していますね。

 

さかや農園 さん

さかや農園 さん

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

さかや農園さんに教えていただいて、訪ねた羽茂大橋のバラの道。

春風 ロード

春風 ロード

 

春風 

春風 ロード

 

早咲きのバラの名は、春風。

柿の畑の両脇の道筋は、満開です。

柿畑

柿畑

摘果作業中の声が聞こえてきました。

柿の花

柿の花

 

柿の花は、クリーム色で清楚。

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

佐渡のほぼ真ん中、山の中ほど金井・泉にある、三太郎農園さん。

やさしさ と 香りのばら

やさしさ と 香りのばら

 

バラ園の入り口には、香り豊かな薔薇を集めたコーナーが。

 

ばらのアーチ

ばらのアーチ

アーチをくぐると、色とりどりの薔薇が真近に迫り、香りも濃厚に漂っています。

 

道 沿い 

道 沿いに

 

 

色とりどり

色 とりどり

 

 

ボリューム

ボリューム

 

ばら園の入り口には、無人直売コーナーが設けられていて、

一年を通して、野菜や桃・ぶどう・梨・洋梨・りんごなど品数が豊富。

見ごろを知って多くの方が、見学に来ていて、

歓声が、あちこちから聞こえてきました。

洋梨 ル・レクチェ

洋梨 ル・レクチェ

 

摘果の次には、袋がけ作業。

摘果された 洋梨の実 

摘果された 洋梨 ル・レクチエ

 

育てるには世話がかかると聞く、みごとに咲き誇る薔薇たち。

本業の畑の緑と、楽しみで育てられているバラは色が鮮やか。

幸せな気分にひたった時間でした (^。^)y-.。o○

六月第一週目の土曜日、とても肌寒い日。

雨がざぁ~と降ったり、強い風が吹き荒れたり、陽が射しこんだり、目まぐるしいこと。

そんな今日も途切れることなく、お客様がお訪ね下さいました。

 

しままるしぇ で、いつも一緒にお客さまをお迎えし、

古布の良さを紹介をしている春子さんの、春ちゃん工房です。

 

布 ブローチ 松ぼっくり と 布

布 ブローチ 松ぼっくり と 布

 

春ちゃん工房は手作りのぬくもり、色をいっぱい使って楽しく・・・。

 

布ブローチ

布ブローチ

 

服の襟元に、夏の帽子に飾ったり、髪かざりにも。

やさしい布の色です。

コースター

コースター

 

蕎麦ちょこ いろいろ

蕎麦ちょこ いろいろ

 

古布の端切れ セット

古布の端切れ セット

 

裂き織り コースター

裂き織り コースター

 

あけびのバック 山ぶどうのバック

あけびのバック 山ぶどうのバック

 

藍染めの古布や絣(かすり)の布をリメイク、デザインが大胆で自由な服が魅力です。

半纏や、貴重な和服生地のパンツや上着。

チクチク刺し子の上着、小物など‥盛りだくさんの作品たち。

羽織ってみたり、手にとってみたり。 どうぞ、自由にごらんください (^_^)v

 

そして、私たち柿餅本舗もニューフェイスが続々・・・。

 

柿餅  黒焼き玄米茶

柿餅  黒焼き玄米茶

 

玄米茶 柿の葉茶

玄米茶 柿の葉茶

今年の柿の若葉で、“ 柿の葉茶 ” の新茶ができ上がりました。

 

えごま餅 干し柿

えごま餅 干し柿

えごまの香りが香ばしい、えごまのかき餅は、私たちだけのオリジナル。

よもぎ餅  えごま餅

よもぎ餅  えごま餅

 

えごま の おかき

えごま の おかき

 

柿餅

柿餅

 

定番の柿餅も、ご指名でおいでくださるお客様が増えてきました。

 

佐渡の新名所「しまふうみ」で、ランチやコーヒーで、海の景色を楽しみながらくつろぎ、

その傍らの「しままるしぇ」では、

毎週、土曜・日曜に、春ちゃん工房と柿餅本舗がお待ちしています。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!