五月の空は、天下一品。

晴れ晴れとして、伸びやかな気分にしてくれます。

 

今日は、柿の葉茶を作るべく羽茂へ。

柿の花

柿の花

柿農家の親戚に、案内してもらい

無農薬で、安全な柿の木から摘んだもの。

柿の葉

柿の葉

「お茶にするには、やわらかい若葉の今が丁度いいね」

 

一枚ずつ、葉を摘み取り

持ち帰ったら、直ぐに丁寧に葉を洗います。

刻みます

刻みます

短時間、蒸してから乾燥

 

柿の葉のビタミンCを残すには、新鮮なうちに、時間をおかないことが大切。

柿の葉茶

柿の葉茶

湿度の少ない日なら、3 日間ほど陰干し

最後に、念入りに機械で乾燥し完成です (^_^)/

柿の葉茶 どうぞ

柿の葉茶 どうぞ

柿の葉茶は、高熱でもビタミンCは壊れない特徴がありますので

急須で蒸らしても、煮出しても美味しくお飲みいただけます。

さっぱりとした味の、香ばしいお茶。

透明感あるお茶の色と、まろやかな甘みが魅力です。

 

ビタミンCが豊富で、ミネラル・タンニンの一種であるポリフェノールもたっぷり。

ノンカフェインですから、妊婦さんや子供たちも安心して飲んでいただけます。

 

田舎暮らしい季節を感じるのは、さわやかな 5 月の青空と、暮らしの音。

国仲平野の田んぼからは、絶え間なくトラクターが動く音が聞こえてきます。

 

コロナ自粛生活

 おうちで作ろうNo.1

《ピザ 》

久しぶりに、ほんとに、久しぶりに、ピザを作ってみることにしました。

ピザ トマトソース

ピザ トマトソース

トマトソースは、我が家流

 

あらごしトマトに

トマトソースのベースに

トマトソースのベース

アンチョビペースト&トマト&ガーリックを。

イタリア料理に合うハーブがバランスよく入ったお塩を加えて。

オレガノ・バジル・セージ・パセリなど、ハーブが香る便利な塩。

イタリアン ハーブソルト

イタリアン ハーブソルト

 

オレガノ

オレガノ 逞しいハーブ

パセリ

パセリ

大きく茂ったらたっぷり使いたい、バジルもパセリも植えたばかり。

バジル 植えたばかり

バジル

アレコレ適当に調合しながら、作るトマトのソース。

昔には無かった便利なモノが、世に出ている‥のですね。

若いモンに教えてもらいました(^-^)

二枚分

ナチュラルチーズ ゴーダ モッツアレラ

ナチュラルチーズ ゴーダ モッツアレラ

焼き上がり

焼き上がり

つい、つい、山盛りに具をのせ、

チーズがこぼれてしまいました(*^^)v

コンガリ高温で焼き、完成。

焼き色が甘いようなので、次回はグリルで焦げ目を付けよう‥課題発見。

トマトソースのハーブ味が、いい具合です(^-^)

 

☆。。。。。。☆。。。。。☆

 

お家で ピザ

お家で ピザ

後日、もう一度(^-^)

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

残したピザ生地で、グリッシーニ風に。

オリーブオイル・ナチュラルチーズ・金ごま・黒胡椒を足し、

堅めで、カリッカリに。

焼き過ぎ グリッシーニ

焼き過ぎ グリッシーニ

ビールのツマミに、丁度いい感じ。

甘さはほとんどありませんが、チーズと胡麻が香ばしいさっぱり味。

 

成形もあとチョッとの出来で(>_<)

焼きも、焦げ焦げ(>_<)

 

「見た目がねぇ~」と、写真をUPするのをためらっていると、

「家庭で作ったものだもの、形は構わないんじゃないの」と、家人。

「久しぶりに作って楽しかったのだから、いいことにしようかぁ」と、私。

 

《おうちで作ろう、イタリアン風 》   でした。

 

はしりの梅雨、ひんやり少し肌寒い朝です。

 

雨が降っていて、

雨が似合う花が多いことに気づきます(^-^)

ピンク色のベル 

釣鐘水仙

ブルーベリー

ブルーベリー

水仙

釣鐘水仙

 

ぼたん

ぼたんの寺  長谷寺にて

ぼたん

ぼたん

ぼたん

ぼたん

ぼたんの寺 長谷寺にて

ぼたん

ぼたん

ぼたん

 

シャガ

シャガ

モッコウ薔薇

モッコウ薔薇

青もみじ

青もみじ

畑のふちの花

芍薬

芍薬

///

富良野ラベンダー

浜なす

浜なす

あやめ

あやめ

あやめ

あやめ

薔薇

薔薇

 

玉ねぎ

玉ねぎ

菜の花 トウガ立ちました

菜の花 トウが立ちました

ネギ坊主

ネギ坊主

畑の野菜は、季節の変わり目

 

若葉のトンネル

若葉のトンネル

雑木の山道、若葉のトンネル

 

我が家の ツツジ

我が家の つつじ

一株ずつ植えた花、畑の野菜で楽しめる、季節のスナップ。

外出自粛が続いていますが、こんな花たちに癒されています。

 

五月晴れの、快い日が続いています。

裏の田んぼからは、鳴き方の違うカエルの大合唱。

鳴き声の太さ、テンポ、音程が少しずつ違っている声が、

一緒に聞こえてきて、実にかわいいのです。

元気に生きていることを、謳歌しているよう。

 

若葉

柿の若葉

輝く葉っぱ

芽吹きの時から、あれよあれよと思う間に

柿畑 草刈り

柿畑 草刈り

若葉が繁ってきました。

若葉

若 葉

光を集めて、つやつや輝いています。

柿のつぼみ

柿の花 つぼみ

おけさ柿の農家では、つぼみの時に

摘蕾(てきらい)作業に取り組みます。

 

一つの柿の実を育てるためには、5 枚以上の健康な葉を充てること。

おけさ柿 JA羽茂

おけさ柿 JA羽茂

柿の生産農家のみなさんは、「適切な摘蕾と摘果こそが高品質の第一歩」と

畑の管理目標にして、見回りをしているそうです。

 

栄養分が実に集中するよう、たくさんの花の中から厳選し残します。

おけさ柿の枝 花が幾つも

おけさ柿の枝 花が幾つも

クリーム色の花

クリーム色の花

この花を一つだけ残して、その他の花を摘んでしまいます。

リンゴや梨のルレクチエでも、摘蕾作業に追われる佐渡の果実農家さん達。

晴天の日は貴重で、忙しい毎日。

 

初夏の青空に映える、柿若葉のみずみずしい美しさは

今の時期ならではの、格別と感じています。

 

みんなが揃う日を待って、今日は田植えの日。

 

寒くもなく曇天無風の天気が、田植えには一番いいと言われています。

ハウスの苗も順調に成長して、まさに田植え日和(^-^)

苗も揃いました

苗も揃ってきました

いざ、いざ、 作業開始

 

田植え 

田植え

ご近所さんも一緒に

ここの棚田は、

山からの水が冷たく新鮮なので、米粒は小粒ですが、味は最高と自負している田んぼです。

孫の手 も 手伝い

子供たちも お手伝い

みんなで、賑やかに

 

パパ と

パパ と

田植え機に乗せてもらい、ゴキゲン。

鯉のぼり

鯉のぼり

苗のハウスの横には、鯉のぼり。

佐渡では、ひと月遅れで節句を祝いますので

僕たちの鯉のぼりは、まだまだ空を泳ぎます。

 

子供達もお手伝いした田植えですから、お米が無事に育つよう見守ってくれるはず。

昔のように、手で植える田植えと違って、機械植えでは一日で終わってしまう作業。

子供達にも体験させたいと、休日を選んで田植えをしています。

(コロナ自粛のために、学校は休校が続いているのですが‥)

 

田んぼに移されたばかりの苗は、まだ、ひ弱に見えますが

雨や風に負けないで育ってくれると、信じています。

 

米の農家にとって大切な日の、お手伝いができました。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!