春うらら 八幡町の優游亭にて   春よこい 早くこい

3 月18 日 ~ 22 日 まで 三人展 

 

春よこい 早くこい

春よこい 早くこい

 

洋裁士の SUMIKO さんの こもの

四分一さんの ことば

春子さんの 古布 の コラボレーション 

 

庭 全体がギャラリー

庭 全体がギャラリー

 

SUMIKOさんの 洋服

SUMIKOさんの 洋服

 

丁寧な アクセサリー 小物

丁寧な アクセサリー 小物

 

繪 ことば

繪 ことば

 

布 と 繪

布 と 繪

大勢のお客様が遊びに来て下さり、賑やかな 三人展になりました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆

 

盛会となったお祝いに、また集まりました。

 

小豆の大福

桜色 小豆の大福

 

フキ味噌

フキ味噌

 

差し入れ プチケーキのタルト

差し入れ プチケーキのタルト

 

何を話して この笑顔

何を話して この笑顔

 

からし菜 煮豆

からし菜 煮豆

 

おから だし味たっぷり

おから だし味たっぷり

 

素朴な贅沢 (*^_^*)

蕎麦 地酒 各銘柄 肴に刺身 焼きそば 煮物 ほか 持ち寄り料理あれこれで乾杯 !!  

 

会場の古民家、優游亭はギャラリーに改装されて、趣のある会場となりました。

三人の作品のファンの方や、ご近所さんが友達を誘って遊びに来て下さる、

面白い、遊びのスペースになっています。

 

材料はすべて佐渡産 手前醤油をめざして

GSH ( グロス サド ハピネス ) クラブが計画し、案内してくれたイベントに参加してきました。

 

醤油絞り 体験

醤油絞り 体験

 

昨年の 5月に仕込んだものを、毎月天地返ししてきた “もろみ”を

醤油造りの職人をお招きして、絞りを体験させてもらう会。

 

醤油絞り

醤油絞り

 

醤油の香り 静かに醤油がタラリ

醤油の香り 静かに醤油の滴が

 

明るい 琥珀色

明るい 琥珀色

光に透かすと、綺麗な琥珀色と赤色。

 

お味見

お味見中

 

いつくの郷の地鳥卵と、齋藤農園さんの自然栽培米の7分搗きの炊きたてご飯に

搾りたての生醤油をかけて、いただきました。

 

いつくの郷 地鳥の卵

いつくの郷 地鳥の卵

ぷるぷる、弾力のあるレモンイエローの卵黄

 

醤油を絞った後は、火入れをし

上澄みの灰汁を取り除き、澱の沈殿を数日待つと完成するそうです。

 

今食べている醤油との余りの違いに、みなさんから驚嘆の声が。

今年は最初の仕込みから是非とも挑戦してみたいと、参加者は意欲満々でした\(^o^)/

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

晴天に恵まれたこの日は、庭で絞りの実習しました。

側の池を見ると、なんと

 

池の中

池の中

粒々のヤマアカガエル と あけび型のクロサンショウウオ の卵が。

 

春の陽ざしを浴びながら、のんびりと

添加物を使わない、澄んだ醤油の味を知りました。

 

実家で、むか~し自家製の醤油を作っていた時がありました。

「煮しめの味付けには、この醤油でなくては」と、言っていたような思い出が‥。

 

めざせ !!

 ご馳走の決めは、自家製の佐渡産醤油で (^u^)

 

むかし食べた味は、よく覚えているもの。

羽茂に行くと必ず寄る、手作りのハウス風間さんになつかしい切り干し大根がありました。

 

パリポリ 切り干し大根

パリポリ 切り干し大根

縦に切って干したものは、更に歯応えがしっかりしていて、好き。

 

銀杏切りタイプ 

銀杏切りタイプ 

煮物に入れても、存在感がある味を発揮します。

 

そこで、我が家でも切り干し大根を作ってみました。

各ざるに大根を三本分

各ざるに大根を三本分

 

冬を畑の中で過ごした大根は、瑞々しく甘みたっっぷり。

冬晴れの日なたで干すこと三日で、出来あがりました。

 

太切り 大根

太切り 大根

 

母の世代の主婦達は、季節の野菜を無駄なく

天候を見ながら、保存食作りに励んだのでしょう。

みんな、手作り\(^o^)/

甘さが凝縮していて、おいしくなりました。

 

佐渡の食が集まり、真野のいぶき21に於いて

3月11日~13日までの三日間、開催されました。

春に先駆けてのお祭りに、毎年参加しています。

 

準備ができました

準備ができました

 

福くる巻き

福くる巻き

 

柿ブラチョコ

柿ブラチョコ

 

干し柿をブランディーに浸して、ビターチョコレートでコーティングした “柿ブラチョコ”

干し柿で香り豊かな柚子を巻いた “福くる巻き”  などを

試食をしていただいたり、説明をさせていただいたり。

お客様との大切な時間です。

 

その他には、会場内では、佐渡の和菓子屋さんが指導される教室も開催され

多くの参加者が、楽しまれていました。

 

和菓子作り 

和菓子作り教室で 

 

お客様 いらっしぃませ

お客様 いらっしぃませ

 

大勢のお客様が会場に来られ、大いに盛り上がったのですが

忙しくなって、以後の写真は撮れませんでした (>_<)

 

柿餅 柚子餅 柿餅揚げ 干し柿 玄米珈琲 白餅 

柿餅 柚子餅 柿餅揚げ 干し柿 玄米珈琲 白餅 

 

三日間のお祭りに参加するには、準備がいりますので

楽しみでもあり、体力勝負のところもあります。

柿餅本舗のセットものも、準備しております (*^_^*)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!