干し柿ファンのみなさま、お待たせいたしました !!

美味しい美味しい、おけさ柿の干し柿ができました(^u^)

噛めば歯ごたえしっかり、じんわり、ゆっくり、福よかな甘さが広がります。

おけさ柿 干し柿

おけさ柿 干し柿

干し加減のお好みは、いろいろですね。今は、しっとり少し柔らか目くらいの状態です。       “ もっと良く乾かした方が好き ” という方は、もう少し寒風に当てて待ちます。

きれな 干し柿 です

きれいな干し柿 できました

ゆっくりと、時間をかけて乾かした柿ですので、

熱いお茶やコーヒーにも、相性抜群。 なめらかで、上品な和菓子みたいです。

 

 

佐渡はまたもや暴風が続き、佐渡汽船は欠航・欠航。

昨日に納品した“ 柿餅 ” も、港で足止め中なのでは…。心配しています。

冬は予定通りにコトが順調に進まないこともある…、諦めと納得が大事な島暮らし。

 

冬さなかの佐渡に、先輩から届いたのが (^。^)y-.。o○ 房総からのお花の直送便。

 

お花の直送便

お花の直送便

 

箱を開けると、濃密なお花の香りがあふれてきました。

華やかな色彩も、白い風景におおわれた佐渡の今には、うれしいプレゼント。

お隣さんや、友達にも少しずつ分けて、みんなで楽みます \(^o^)/

先日、帰宅すると玄関に置かれていました・・・・・

知り合いのお嬢さんからの、お手紙でした。

お茶会へのお誘い

お茶会へのお誘い

ドキドキしながら封を開けると、丁寧な文字で、お茶会へのお誘い。

幼稚園の頃からお点前の指導を、地元のお茶の先生に受けていることを、お母様からお聞きしていました。

お金では買うことのできない、貴重なご招待券。

かわいい、小さなお友達からのお手紙は、胸が熱くこみ上げてくるようなひたむきさが伝わってきました。

真剣に稽古に取り組んでいる、お茶席にお呼ばれするのが楽しみです。

昨日は、お義兄さんの誕生日でした。

    (^。^)  (^u^)  \(^o^)/

何歳になっても、誕生日は特別な日。

一日一日を大切に生きよう。

お祝いできることは何回でも、イイことを見つけて、祝おうというポジティブな姿勢。

働き盛りに大きな病気をされましたが、自制を重ねながら仕事を続け、定年を迎えた日からは、スウィッチを人生を楽しむ方向に切り替えていらっしゃいます。

その姿は、私達にとって、かけがえのない、一生もののプレゼントです。

例えば、ティティカカ湖・エジプト・インド・イタリア・ドイツ・スイスなどの国の世界遺産をめぐり、夫婦仲良く一緒のメールが届きます。

私達は、佐渡で柿餅を作りながら「 いいな~。」

さあて、今年はどこから便りが届くのか、楽しみに待っていま~す。 \(^o^)/

 

 

 

佐渡のお母さん方の多くは、働き者。

冬の農閑期といえども、納屋での仕事があります。

豆を一粒づつ、傷の有る無しに選ぶ根気仕事です。

小豆 黒豆 緑の豆

小豆 黒豆 緑の豆

 

小豆は正月のお汁粉やお赤飯として、そして黒豆は祝いの豆として煮ていただきます。

緑の豆 ( 出汁いらずと言っていますが正しい名前が解りません …) では、味噌を仕込む予定でいます。打ち豆を作っても美味しいとも教えてもらいました。

この三種類の豆は、姉から分けて貰ったもの。

新豆ならではの、豊かでおだやかな甘みが魅力です。

その他にも、白ささげ・あづき色のささげ等も地物が豊富に出回る季節です。

畑の作物を、丁寧に食卓にのせる。家族に自分の作品を出せるのは、主婦の楽しみです。         ( 家族の者は当たり前の日常のことで、ありがとうの言葉を聞くことは無いのですが… )

 

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!