しままるしぇ で、かっぽう着作家の

日々譚 山口明香 さんの作品を紹介しています。

 

生活に寄り添う一着になることを願って製作。

かっぽう着

Yシャツ から かっぽう着

 

かっぽう着

かっぽう着

 

ワイシャツとの色組あわせや、ポケットのデザインやステッチを変えて。

 

思いを込めて

メッセージ

 

食べることは すべてのはじまりです

自分のために

家族のために

みんなのために

大切な仕事のお手伝いをしたい

そう思って

食事を作るのと同じような思いで、かっぽう着をつくっています。

山口さんから

山口さんから

 

誰かのために食事を作る時、同じように思いを込めます。

山口さんの純粋な気持ちからの、率直な言葉に胸が熱くなります。

 

かっぽう着は古着を使用していますが、長く着てもらえるよう修理にも応じてくれます。

思いのこもった作品は丁寧。ひとつ一つに番号が付いています。

山口さんのかっぽう着を、一度ご覧になりませんか?

 

五月の空は、こんなにも清々しい。

 

眩しい朝日が射しこむ明るい加工所で、仕事できることは幸せです。

加工所の入口に、頂きものの日めくりのカレンダーがあります。

毎朝一枚ずつめくっては、今日は大安、大潮、なんだ~

なんて具合に、新しい一日が始まります。

 

日めくりカレンダー

日めくりカレンダー

 

この日、東京では、三社祭り。奈良では興福寺薪能 唐招提寺うちわまき ‥

各地のお祭り 年中行事 名言 格言 月齢 旧暦 二十四節気 など。

情報がぎっしりと詰め込まれていて、面白いことに気づきました。

 

名言

名言

 

格言

格言

 

同感します

同感します

 

新年の始めの頃は、つい日めくりのことを忘れてしまうことがありましたが

今では、習慣になってきました。

 

昔むかしの頃、爺さんが「今日は、一粒万倍だよ」とか、言いながら

カレンダーをめくっていたのを、思い出します。

人と人との距離感や、じっくりと継続することの大切さ、

生き方の戒めや励ましなどの言葉に、同感したり、コツを教えられたりしています。

 

ちなみに、今日は、昭和でいうと92年、旧暦では4月27日。

人生訓 下手は上手のもと なり。

ガールスカウトの日 だそうな。

 

白つめ草

白つめ草

 

つつじ

つつじ

 

田んぼのあぜ道には、白つめ草。

庭にはつつじが咲いたので、おまけでUP (^_^)v

 

農作業の大事なスタートの田植えは、ほぼ終わったようです。

田んぼには苗が列をなして、水が鏡のように光り穏やかな風景が広がっています。

 

山は新緑。さわやかに晴れると、遊びに出かけたくなります。

友人がFacebookで見ごろを教えてくれた、妙見山の千竜桜を見にドライブして来ました。

 

千竜桜

千竜桜

 

佐渡の最終のお花見ポイント、千竜桜の側で、女子会中の方たちが楽しそうでした。

「 写真を撮らせてもらっても、いいですか 」と声をかけると、「 いいよ~ 」 ふふッ~。

 

金北山 妙見山

金北山 妙見山

 

我が家から見上げる金北山・妙見山は新緑に包まれ美しい姿へと変わりましたが

山頂付近には、雪渓が少し残って見えます。

千竜桜はこの雪渓のすぐ側、佐渡のテッペンに咲く桜として愛されています。

今年はたくさんの花を咲かせていますが‥、雪の重みのせいなのか、ひと枝が裂けていました。

なんとか手当てしてあげないと‥心配な状態です。

 

千竜桜が咲く頂上付近には、可憐な花もたくさん咲いています。

 

050

ショウジョウバカマ

 

043

アマナ

 

045

カタクリ

 

046

???

 

この花は、何んという名前?

FBに写真をアップすると、すぐに、友人が回答してくれました。

何んと、便利で助かる‥時代になったのでしょう(^_^)v

 

春山の、山野草ファンの方達はこの時期には、植物に詳しい案内ガイドさんと共に巡る、トレッキングが盛んです。

ひとつ一つは小さいですが、可憐な形、不思議な色合いの多種の花々が、山にそ~おっと咲いていて、佐渡の人気ツアーのひとつなのだとか。

 

白雲台から

白雲台から

 

山の上から、「 我が家はあのあたりかな 」と、眺めて降りてきました。

 

山菜を採りに、もう一度羽茂へ。

一週間前より、更にたくさんのワラビが採れましたので、

友人と親戚に少しずつお送りしました。

タケノコも頂きものがあり、食卓には、このところ山菜が続いています。

途中の山道が新緑のトンネルでおおわれていて。

 

山道の新緑

山道の新緑

 

くねくね 山道

くねくね 山道

 

やわらかい色

やわらかい色

 

ぼたん

ぼたん

 

?

モッコウバラ

 

藤

途中、伯母さんの家で庭を見ながら休憩をさせてもらいました。

季節ごとに、伯母の好きな色あいの花が咲いている庭。

新緑に包まれた山の自然に癒され、気分もリフレッシュできたドライブでした。

 

GWの土曜日、実家の佐渡産コシヒカリの田植えの日。

田んぼの田植え機の近くまで、苗箱を運ぶ手伝いに。

あいにくの冷たい雨降りとなりました‥‥(>_<)

でも、 甥が休日のこの日しか手勢が揃わないので、雨天決行することに。

 

田植え

田植え

稲の苗箱を、田植え機械に積み込んで、

さあ、スタート。

 

順調です

順調です

JA佐渡から、レンタルの田植え機を借りての作業。

数年前に機械が故障して以来、レンタルを利用しています。

助っ人 大活躍

助っ人 大活躍中

 

仕事の準備が始まれば、あとは順調にスイスイ進み

雨と寒さが少し堪えましたが、無風状態でしたので

田植えの条件としては、強い風よりず~と良いと考えて

辛抱とガマンの一日でした。

あけびの花

あけびの花

田んぼの畦道に見つけた、あけびの花に癒されながら(^_^)v

おかげさまで、無事に田植えを終了できました。

田植えの終わった田んぼに、水が満たされると

静かで、豊かさを予感させる、美しい風景が広がりました。

まだ、か細い苗ですが、植えられると淡い緑色が一面に。

佐渡産コシヒカリの“さなえ”さん、たくましく育ってね。

みんなで農作業をする時間は、実に楽しかった(^_^)v

お米の収穫の秋まで、おだやかな気候に恵まれますように。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!