11月19日 おとなの遠足に参加して、第三回目。

多田・丸山地区を探訪。

世阿弥の歩いた笠取峠の紅葉の道 を、歩きます。

 

前夜半から強い雨が続き、当日は50%の雨予報が出されています。

山道は、大丈夫かな~。

 

出発地点の丸山地区・平泉寺に、マイクロバス2台で10時に集合。

参加者・40名

お参りの後、いつものように足の筋肉を柔軟体操、肩も腰も伸ばし、深呼吸。

 

平泉寺

平泉寺

ありがたいことに、雨はきれいに上がってきました(^_^)v

 

出発

出発~です

 

金色の松葉を踏みながら

金色の松葉を踏みながら

松葉を踏むと、松ヤニの香り。 晩秋ならではの香りです(^_^)/

 

ワニ清水

ワニ清水

佐渡の名水として知られる、ワニ清水。

 

こんこんと湧き出し、一年を通して水温が11度と安定しているのだそうです。

赤泊の北雪酒造が、年初めにこのワニ清水を汲み、新酒の仕込み水としている事が

季節のニュースとして紹介され、一般にも知られるようになったとか。

 

笠取峠めざして

笠取峠めざして

落ち葉が重なって積り、きれいに整備された山道です。

 

ステックを使いながら

トレッキングストックを使いながら

山を吹きわたる風の音を聞きながら、進みます。

 

笠取峠

笠取峠

笠取峠 ( 標高229m ) の案内板によると、

能楽の大成者、観世元清(世阿弥)が、永享6年(1434年)に、時の将軍義教の勘気を受け、

佐渡に配流になった時、この笠取峠を越えた時の事を

『金島書』に、次のように書いています。

 

「あくれば山路をわけのぼりて、笠取(借)という峠につきて、駒を休めたり。

ここは都にても聞きし名どころなれば、『山はいかでか紅葉しぬらん』。

夏山のかへでのわくらばまでも、心あるさまにおもひそめき。」

 

私たちは、足を取られないように、ずうっと足下を注意しながら、

カエデやクヌギの枯れ落ち葉を踏みしめて、坂を登り下りしました。

こんな険しい山道を歩いた72歳の世阿弥の、息使いまで感じられるような気になるのでした。

この笠取峠の細道を、歴史に登場する人物も徒歩で超えていた (>_<)

 

笠取峠 展望台

笠取峠 展望台

展望台からは、対岸のビッグスワンの白い屋根が正面に、右手方向には角田山が見えます。

ゴールは眼下の海洋深層水施設のある、黒根バス亭。

 

コース図

コース図

 

余談ですが、

世阿弥の波乱の生涯をテーマとした、瀬戸内寂聴さんの小説『秘花』。

寂聴さんも、執筆のために幾度も佐渡を取材に訪れて、

実際に、この笠取峠を超えられたそうです。

寂聴さん84歳、85歳の時。

 

佐渡の郷土史家・磯部欣三さんによって、現地案内・資料の提供などの

全面的な取材協力を得てこそ、作品が完成されたことが知られています。

 

遅めの昼食は、会場をサンライズ城ヶ浜へ移して。

昼食会

昼食会

「おにぎりはなしにして、おやつを何か持参してね」と言われた、今回の遠足。

無事に帰って 13:30 から、ようやく、乾杯~(^-^)

11月にして、今年初の、忘年会を兼ねた昼食会。

「おとなの遠足」の納会となりました。

充実した一日

大遠足の後のビールは美味しく、のどの奥まで沁み渡りました。

 

今日のコースは山道ゆえに、少しキツメの坂道あり、滑りやすい石ころ道あり。

みなさんと、一歩一歩を踏みしめ、緊張して歩きました。

 

笠取峠の尾根伝いを登って下りて、本日は約 13,000 歩の遠足でした\(^o^)/

( 12 月は参加者の多くが多忙な時期のため、お休みです )

晩秋を迎えた15日、蕎麦の会とワインで一杯の会にお招きいただきました。

 

先輩が毎年、「 ボジョレーの解禁日に、集まりましょう」と、

定例の会を開いて下さっています。

楽しく飲めるように、皆さんも仕事を調整し参加しています\(^o^)/

 

みごとな 手打ち蕎麦

みごとな 手打ち蕎麦

しなやかなのに、しっかりとした食感の手打ち蕎麦

 

プロの味付け 卵焼き

プロの味付け 卵焼き

 

モッツアレラ チーズ

モッツァレラ チーズ

自家製モッツァレラ チーズ

手本のレシピ

手本のレシピ

このレシピを参考に、低温殺菌の牛乳で作られたチーズだそうです。

酪農家だけの楽しみ。

くだもの ピンチョス

くだもの ピンチョス風

 

昆布〆 刺身

昆布〆 刺身

 

ナッツ 各種

オーブンで焼きたてのナッツを用意しました。香ばしくておつまみに好評でした。

 

ぜんまいの煮たの

ぜんまいの煮たの

これぞ、田舎のご馳走 (^_^)/

 

おでん

お出汁は、かますの干したものと昆布。

 

煮豆

煮豆

煮豆は冬の常備食でしたけれど、今は作る人も少なくなって‥

 

きんぴら

きんぴら

根菜類のキンピラも、定番のおかず。

 

乾杯~

乾杯~

一年ぶりですね。

ようやく、ボジョレー ヌーボーの出番。

 

新蕎麦・お赤飯も加わって、お腹いっぱい。

今年も会えてよかった。 乾杯~\(^o^)/

 

☆・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆

 

同じ日の夜、

ボジョレーの会は、ゆっくり静かにおしゃべりを(^u^)

 

角煮 大根

角煮 大根

 

豆いろいろ グラタン

豆いろいろ グラタン

 

刺身

刺身

 

チーズ ハムで 

チーズ 生ハムのカナッペ

 

乾杯~

乾杯~

体によくて、自宅で育てた野菜で作られた、体も心も温まるお料理ばかり。

天ぷら・ブロッコリーの胡桃合え、キャベツのサラダには特製ドレッシングを添えて

薬草を乾かしたお茶には、アップルパイ。

炊きたてご飯とあつあつ味噌汁‥。

 

ボジョレー・日本酒・ウィスキー ‥ ‥

おしゃべり・討論・あれこれ・わいわい・笑って・笑って。

しっかり、情報交換。

 

今日は特別な日。もうお腹いっぱいです。

ご馳走さま~(^-^)

 

本日、体重は1.5Kgの増量と、相成りました (>_<)

 

午後から、弱めの雨が降り始めました。

まだ、さほど寒さは感じません。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

もう八十歳はとうに超えているけれど、意欲的に農業に取り組まれ、

若い農業者を熱心に応援したり、アドバイスを惜しまない、ご夫婦をお訪ねしました。

 

無農薬で野菜を育て、その葉っぱを地鶏の餌として与え、その鶏糞を畑の土に戻す ⇘

 ⇗ そのことを繰り返しているふかふかの畑から、大根をたくさんいただいてきました。

 

大根の畑で

大根の畑で

やわらかい土から抜き取ったばかりの大根は、葉っぱも大きく美味しそうです。

 

地鶏たちは、いつもその葉っぱを餌として、ついばんでいるのでとても元気。

私たちは、地鶏の卵を分けていただくために、時々お訪ねしています。

新米コシヒカリの炊きたてご飯に、産みたて卵の「卵かけご飯」は、素朴に美味しい(^u^)

おじゃまする時には飼っている地鳥たちのために、何時も青い菜っ葉をコトコト刻んで。

 

そして、この卵で、

スポンジケーキ生地のホイップをたてると、なめらかで力強いアワ立ちになるのです。

 

ご夫婦は、趣味で幾種類もの菊を育てられていて、

温室の中は咲きそろった菊と、豊かな香りに包まれています。

 

花火?

花火 ?

 

ま~る

まん丸

 

色とりどり、形いろいろ

 

 

アナスタシア

純白で、静かな品格を感じ、なぜか惹かれます。

 

 

いただきました(^_^)v

いただきました(^_^)v

 

たくさんの菊の花は、季節を楽しんでもらえるようにと、近くの施設へ、

毎年、寄付を続けていらっしゃるそうです。

この日の午後に運び込みをする、というタイミングでした。

 

「 元気に働けるうちは、鳥を飼い、菊を作り、野菜作りを続けるつもり 」

「 目標は、85才までは、ね 」

 

生きものや植物を育てることは、毎日の観察と手入れが欠かせません。

静かな信念を、確かに実践することを続ける強さ‥大切な先輩です。

言葉で示されたことはないのですが、ご夫婦の笑顔に励まされることが多いのです。

気持ちが弱った時など、前向きな気持ちへと、エネルギーをチャージして貰える効果が有ります。

 

いつお会いしても、意気軒昂\(^o^)/

穏やかなお二人です。(^-^)

 

立冬 ( 7日 ) を過ぎたのに、まだ、何となく暖かい。

昨日は、20℃を超えていました。

寒さは苦手ではありますが、季節の暦と体の感覚のズレに、居心地の悪さと不安を覚えます。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。☆

 

10月30日、夜10時34分、待ちに待ったメ-ルが届きました。

発信元は「公益財団法人にいがた産業創造機構」( NICO )

通知内容は、【うまいのセレクション会議の結果】
平成30年度、(公財)にいがた産業創造機構の支援対象商品として推薦する、というもの。

 

ちなみに、「にいがたうまいものセレクション」のコンセプトは、

    「 豊かな風土と伝統の技 

   アイディアから生まれた温もりの逸品 」

 

佐渡の柿餅本舗では、創業以来

佐渡の素材を生かした、安心安全の「素にして上質」な製品をと、考えてまいりました。

 

そして、過去には

☆ 平成26年度に 「佐渡の柿もち」

☆ 平成28年度に 「柿のかき餅」

☆ 平成29年度に 「えごまのかき餅」 が、

 

新潟うまいもの

新潟うまいもの

それぞれ、うまいものセレクション会議の推薦を受けています。

 

うまいもの推薦の4製品

新潟うまいもの 推薦の4製品

 

本年度は、まず6月に「佐渡の古代餅」をエントリーしました。

7月には、食の専門家・有名百貨店・量販店のバイヤーさんたちによる第一次審査が行われます。

9月には新潟に赴き、審査される専門家の前で、プレゼンテーションを行いました。

 

そして、ようやく待ちに待った評価をいただくことができました。

 

「佐渡の古代餅」についての、評価の内容は、

   商品名、キャッチコピー、味、見た目、価格、量目、パッケージ等デザイン、

    容器 ( 素材 )、新潟らしさ、原材料、商品の魅力、新規性、競争力、

売れるか、取扱い、など15項目と、多岐にわたります。

 

そして最後に、販売促進のためのアドバイスが添えられています。

 

専門家のみなさんからの、審査面での評価や指摘された内容は、かなり厳しいものがありますが、

実践面で参考となるアドバイスや、心温まる評価も数多くいただきました。

 

佐渡の古代餅 ( のし餅 )

原材料は、もち米 (こがねもち)、黒米 ( 古代米・朝紫 )、塩、ぜ~んぶ佐渡産です。

 

黒米の玄米を、もち米 (こがねもち) と一緒に搗きこんで、

黒米のポリフェノール ( アントシアニン ) たっぷり、深い紫色のお餅です。

黒米の玄米の粒つぶ食感が楽しく、味わいも深い、「素にして良質な」お餅です。

 

搗きたて古代餅

 

推薦通知

 

黒米は、五穀米に混ぜたり、ほんの少量を白米に混ぜて炊くと、

とてもきれいな薄紫色になりますので、ご飯として楽しむのが一般的のようです。

体に優しく自然と調和した、(マクロビオテック)の考えでは、既に多くの方が実践されていますが‥。

 

私たちは、生産者の方と黒米・朝紫の含有量による味の違いを試しながら、

幾度も味見を重ね、ココぞと、納得のいく味になるまで分量を増やしてみました。

その結果、このような濃い紫色のモチモチした味わい深い<古代餅>になりました。

 

もちろん、ほとんどの人が知らない、というか、まったく知られていないお餅ですが、

機会あるごとに、イベントに参加したりして、

古代餅を召し上がっていただきながら、古代餅の美味しさを伝えていきたいと思います。

 

思えば、10年前、定年を迎えた後、

佐渡に移住してから、お餅や、お菓子を作ってきました。

 

初めて柿餅をみなさんにご紹介させていただいた時も、

「これなあに?」「へえ~、初めて!」「おいしいね」と言う言葉が

励みとなって続けることができました。

 

私たちは、自分達で考え、オリジナルなものを作り育てていくことに、

ささやかな楽しみと、生きがいを感じて続けてまいりました。

 

「佐渡の古代餅」も、出来るだけたくさんの人に知っていただくために、

「素にして上質」という言葉を胸に秘め

初心にもどり、今日から、明日から、しなしな頑張っていこうと思っています。

 

晩秋のおだやかな太陽が傾くと、部屋の奥深くまで陽ざしが届くようになってきました。

部屋の中はほどよく暖かくて、これからの季節はこの部屋にいることが多くなりそうです。

 

■パート1  カボチャ編

 

美味しいおやつが、何か欲しい‥何かないかなぁ。

甘~いデザートが、無性に食べたくなる時があります。

スーパーの売り場には、アイス・和菓子・ケーキ・焼き菓子・お団子など色々あるのだけれど、

今日の気分は、ソレではない‥。

 

そこで、リクエストをして

家にあるカボチャで、おやつを作ってもらいました(^-^)

 

かぼちゃのプリン

かぼちゃのプリン

砂糖を焦がし、水を加えて作った、ほろ苦いくらいのカラメルが食べたい気分。

 

裏濾ししたカボチャに、砂糖・卵・豆乳を加え、

オーブン皿に、お湯を入れた器を置いて焼き、完了。

 

アツアツの焼きたてを、味見してみると、コレこれ\(^o^)/

カボチャの分量がたっぷり、もっちりで、ほんとうに美味しい出来あがり。

 

残りのプリンは冷まして味を馴染ませてから、明日のお楽しみ‥と、少し待つことに。

 

黒焼き玄米茶 を添えて

かぼちゃのプリン ホイップ 黒焼き玄米茶 

 

生クリームをホイップし、熱いお茶を添えて、二回目のプリン(^O^)

生クリームと砂糖たっぷり、久しぶりに、甘~いおやつを楽しみました。

 

好みによっては、リキュールを加えれば大人の味に変化。

手作りの優しいデザートに、少量でも満足、満足。

 

幸せな気持ちに、させてくれました。

ご馳走さまでした(^u^)

 

■パート2  じゃが芋編

家にあるもので、美味しく。

 

じゃが芋 グラタン

じゃが芋 グラタン

 

家に常備のじゃが芋で、ホクホクもっちり食感のグラタンを。

よ~く炒めた玉葱と、チーズを二種。

チーズをボリュームたっぷりに載せて、程よい塩味に焼いたもの。

 

オーブンで焼き上がるのが、待ちきれない思い\(^o^)/

じゃが芋グラタン完成。

 

海老も蟹も貝類も入っていない、簡単で、素朴なグラタンですが

充分に満足感あり‥でした。

 

家にある野菜と冷蔵庫の中のもので、チョッと手間をかけて作る。

出来たてを食べられるからこそ、普通の家庭のご馳走なのかな。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!