1. おけさ柿日記

夜半から明け方にかけて、激しい雨とアラレが降りしきりました。

(霰)とはこのように書くのですね。

天候の漢字は見慣れない文字が多くて(>_<)

漢字検索で知りました(^O^)

 

秋の深まりにつれて、これから寒さを迎えるにつけ、

「冬型の気圧配置が‥」という、定番の言葉が

気象予報士から聞かれる季節になってきました。

 

佐渡の主たる産業の《柿》《林檎》の収穫は、今が最盛期。

柿や林檎の実を、傷つけられてしまうので ‥ 霰は困るのです。

りんご  たわわ

りんご  たわわ

林檎 

林檎

朝の雨が上がって、葉っぱの雨粒が落ちたら《玉まわし》作業をする予定とか。

陽が当たっていない裏側の面を表にまわし、実を太陽に当てます。

西三川の林檎は、袋掛けをしないので、《サンふじ》《サンつがる》などの名前で店頭に並びます。

太陽の “ SUN🌞 ” をたっっぷり浴びた、健康な🍎🍏ばかりです。

 

おけさ柿

おけさ柿  色づいてきています

収穫が最盛期の《おけさ柿》

りんご 🍏

りんご 🍏

果樹農家にとって、仕事の段取りを決めるのは、その日その時の天気次第。

りんご農家さんに伺った時は、天気の回復待ちでした。

 

寒くなってからの方が、味がのってくる果物もありますので

天気は、晴れてよし、降ってよし。

寒さも暑さも程よかれ(^O^)

 

現在では携帯でも、雨雲や風の向きなどを見る事ができて、

自分の位置の天気を、予測できる時代になりました。

ほぼほぼ、正確な天気の予測ができるのは、素晴らしい科学の恩恵です。

 

どうぞ、

おだやかな日が続きますようにと、願うばかりです。

 

雨の静かな音を聞きながら、目覚めました。

急に肌寒くなった朝でした。

 

今日は、

実家の《籾すり》の手伝いに。

 

籾から籾殻を取り除いて、玄米にする作業です。

籾すり スタート

籾すり スタート

そこで、お手伝いの出番。

腰痛が心配なので、サポートのベルトをして骨盤を守ることにしました。

袋を縛って

袋の口を縛って

玄米 30 ㎏ は、ずっしりとした重さ。

そろりそろりと、腰に意識を集中。

年々、腰にキツクなってきた作業です。

用心しながら、交代しながら、休憩しながら‥。

今年は この赤いシール

今年は この赤いシール

GIAHS(ジアス)のマーク入り  世界農業遺産の赤いシールを付けて出荷されます。

朱鷺 5 割減減 (成分分析済) JA佐渡 のお米は、

( 5 割の減農薬減化学肥料 ) と、生き物を育む農法を実践している、

認定農業者が丁寧に米作りをしてきた一年の自信作。

世界農業遺産の島 

世界農業遺産の島

 

精米機で玄米を精米をしてやっと、新米コシヒカリに (^O^)

精米 

精米中

朱鷺と暮らす郷 佐渡産コシヒカリの新米。

佐渡米

佐渡米

世界農業遺産 (GIAHS) の島、佐渡。

認定されて、今年は 10 年目です。

 

さっそく、炊いて味わいました。

食卓の主役、炊き立てほかほかご飯(^^)/

新米 コシヒカリ

新米 コシヒカリ

安心の主食が、食卓にある幸せ。

やわらかく、しっかりした一粒一粒と、香りがやさしいお米です。

友だちへ 

友だちへ 箱詰め準備

今年も元気に過ごせたことに感謝して、近況のご報告を兼ねて、

友人たちに、発送の準備をしました。

どうぞ、味わってくださいね。

 

今日は、暦の上では神嘗祭。

伊勢神宮で執り行われる、五穀豊穣に感謝するお祭り。

神嘗祭

我が家の 神嘗祭

その年の最初に収穫した稲穂「初穂」を

天照大御神に供えし、感謝するお祭りが行われる日だそうです。

 

8月の末に、

畑に蒔いた大根が、伸びてきました。

大根

大根  かぶ

しっかり育ちそうな一本を残して、密の部分を間引きました。

 

大根 と 蕪の菜っ葉

大根 と 聖護院かぶ

かわいい根っこ、やわらかい葉っぱ。

 

簡単 塩漬け

簡単 塩漬け

小さな、小さな大根の根っこが、ピリッと辛味あり(^O^)

 

煮びたし

煮びたし

出汁をたっっぷり効かせて、煮浸しでいただきます(^^)v

 

時には、炊き立てのご飯に混ぜて《菜めし》にも。

菜飯

菜飯

 

素朴で、地味な、規格外の葉っぱも

こんなに、美味しくいただいています。

 

自分で育ててみると、畑の野菜はみんな可愛い。

粗末にしてはもったいない、もったいない。

 

子どもの視線の先には、いつも親がいます。

今日のネットの中に、ほんわりと温まる話題を見つけました。

 

ぼくのおかあさんは

100 てんよりも はなまるよりも

「ただいまが 1 ばんうれしい」だって

 

毎年公募されている、小学生の三行詩コンクールなのだそうですが、

初めて読んだ時には、心をギュッと掴まれました。

 

「行ってらっしゃい」と、送りだしてから、「ただいま~」の声を聞くまで。

親としてよ~くわかる、安堵の思い。

 

楽しい時でもありましたが、心配と緊張ばかりしていた子育て時代のことを、

懐かしく思いだしました。

 

この三行詩に、キュンとし、目頭がふいにじんわり。

サトウハチローさんの詩集 “ おかあさん ” を、読んだ時のような。

 

「ただいま~」の声に、ホッっとするのは、いつも家で待っている親たち。

 

子どもの言葉は、やわらかくて明るい光をもっていて、

素直に胸を打つものがあります。

 

ぷっくりとして、丸ぁるい《栗》をいただきました。

「家の栗を拾ったから、ど~ぞ。皮剥き頑張ってね」と、届けて下さった《たんば栗》

 

木の実の美味しい季節になりました。

たんば栗

たんば栗

鬼皮剥きは、簡単には‥いきませんが、

ネットで検索すると、いろいろ紹介されていますので

あれこれ参考にして、試しています。

まず、鬼皮を剥くことから作業開始(^O^)

 

圧力鍋を使う・冷凍する・短時間煮てから‥など、

誰もが苦労しているようす(>_<)

やっと

やっと これだけ

黒米と小豆、栗を入れて《お赤飯》にしようと(^^)/

 

前の晩に、小豆を煮て、茹で汁を取っておきます。

その小豆の茹で汁に、黒米と、餅米を浸して一晩。

お赤飯に

お赤飯に

餅米を水切りし、

ゆっくり長めに、蒸籠で一時間ほど蒸します。

 

途中で、手水 (水に少量の塩を溶かして) の、しとを二度打ち、

ふっくら蒸し上げました。

じっくり 蒸します

じっくり

秋には、一度は食べたい《栗おこわ》

 

いただきま~す

ふっくら

栗はホクホク、黒米はプツプツの食感、小豆は香りよし。

楽しく、美味しく作れました(^O^)

 

小豆の赤い色は、いろいろな“厄”を遠ざけてくれるのだとか。

 

何かの理由をつけ、美味しく食べるための口実にしたり、

お祝いの日のご馳走として、お赤飯を炊いて楽しんでいます。

 

今年も、無事に稲の収穫ができたことを感謝します。

《めでたい赤い栗おこわ》いただきま~す。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ