昨夜10時過ぎに起きた、長野北部を震源とする大地震。

携帯電話から警報音が鳴り響き、すわ‥…不安がよぎりました。

大事に備えて、ガス湯沸かし器や風呂の脱衣場を温めていたストーブを消しました。

ゆっくりとした横揺れ。

どこかで、また大きな地震が起きたのだろうか‥。

 

長野で、震度6強。

日本中でどこでも地震が起きうる、地震列島であることを実感した夜。

被害が少ないことを願っています。

 

☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。☆

 

収穫が無事に終わって、晩秋に催される羽茂のうみゃあもん祭り。

 

50fce214f8214246ed05b669683bed24-353x500

おしゃべりを楽しんで

おしゃべりを楽しんで 買い物

 

さあ、これから。 いらっしゃいませ(^-^)

柿餅 どうぞ

柿餅 どうぞ

 

オープンするとすぐに、会場に大勢のお客様が来てくださり、外の様子を見ることができませんでしたが‥‥。 あかるくにぎやかに (^_^)/

 

柿餅

柿餅

 

ゆず餅

ゆず餅

 

この栗まんじゅうは、薄皮や小豆餡に経験と工夫がいっぱい (^O^)

年に数回のお祭りの時に、このおまんじゅうを作り続けてきたのは、親戚のおばあさん。

味を守る二代目も育ち、羽茂のお祭りに欠かせない祭りを祝う “ 栗まん ” です。

情熱を込めて取り組んだ、素朴なお菓子は温かく美味しいこと (^_^)v

 

手作りのやさしいお味

手作りのやさしい味

 

この祭りの時に求めるのが、地元名産の自然薯。

柚子とアゴやかます出汁を添えて

叔父にお歳暮として、故郷の味を送ることにしています。

なつかしい季節の味 として喜ばれています \(^o^)/

 

自然薯

自然薯 ゆず かますだし

 

地元のみなさんが(*^_^*)を合わせて、ゆっくりおしゃべりを楽しんだ一日でした。

 

寒さと嵐が襲ってきました。

いよいよ、佐渡に冬到来です。

蕎麦の会

蕎麦の会

 

今年も、新蕎麦の会にお招きいただきました。

納屋で いざ 蕎麦

納屋で いざ 蕎麦

 

新蕎麦 打ち立て

新蕎麦 打ち立て

 

ゆでたてを すぐに食す

ゆでたてを すぐに食します(^-^)

 

蕎麦の出汁は、かます。

天然ものなめこ汁・赤米入りのおにぎり・煮〆・ぜんまいの煮物・おでん・たくわん・煮豆など。

畑で育てた野菜を、煮たり漬けたり。

そして、地酒をあれこれ、乾杯。

これほど手作りに徹したご馳走をいただき、みなさんのお話もお酒もすすむこと(^。^)y

にぎやかに

にぎやかに

 

ボジョレ・ヌーヴオーとともに、新蕎麦をいただく会は

稲作の認定農業者が集まって、この一年を振り返る会でもあります。

 

87歳のおばあさんが打った蕎麦を、大勢でご馳走になりました。

 

先日の寒さで金北山に雪が積もり、大佐渡スカイラインは冬季間ゲートが閉鎖されました。

 

山は雪でも、里では冬はまだ序の口

ホットカーペットやストーブを備えて、寒さ対策をしていますが

スイッチを入れたら「 まだ、?いかんいかん ?」と思いながらも、ついつい “ ON ”

?(>_<)

 

裏山 雑木林

裏山 雑木林

 

☆。。。。。。。。☆。。。。。。。☆。。。。。。。。☆。。。。。。。☆

 

10月24日に季節の話題として、BSNラジオの番組で「佐渡の柿餅」を紹介していただきました。

田巻直子アナウンサーの、ゆうWAVE:朱鷺どきどき楽園の佐渡、という番組の中で

ほんの数分、電話でしたが・・・。

柿餅について、昔からの作り方、味の説明、食べ方などを事前に丁寧な取材をして

話しやすい流れを作って下さり、無事に放送となりました? (^_^)v

 

 

続いて、11月5日の夕方、NHKテレビ「 新潟610 」で、“ 柿餅 ” を紹介していただきました。

 

おけさ柿の生産者のJA羽茂・婦人部「八珍ミセス」のお母さん達と一緒に柿餅作り。

昔から伝わる味を大切に守り、家庭でもっと食べる機会が多くなって欲しいと

作り方のコツの全てを、みなさんにご説明しました(^-^)

 

「 柿の味がするね (^O^) 程よい甘さがいいね 」

お母さん達からは、うれしい感想をいただきました。

 

残念ながら映像は添付できませんでしたが

家族の日常に、柿餅作りが受け継がれ、みんなで楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。☆。。。。。。。。☆

 

さらにさらに・・・・

こちら、“ しまふうみ ”? さんに、 BSNテレビの撮影クルーがはいって・・・。

 

撮影クルー

撮影隊のみなさん

 

11月26日に、放送予定だそうです。

 

焼きたて、原材料を吟味した しまふうみ のパンや

真野湾と金北山を臨む景観美が

さあて、どんな映像になるのでしょうか。

楽しみに しています \(^o^)/

 

波浪警報が発令された、昨日と今日でした。

 

気温が下がり、窓を打つ雨が激しく、風はヒューと音をたてて

冬への?準備を急がないと‥気持ちばかりが忙しい嵐の日でした。

古民家 つたの紅葉

古民家 つたの紅葉

 

畑の玉葱

畑の玉葱

 

畑の白菜 

畑の白菜 はちまきを巻かれて

 

大豆をハザに掛け乾かし、さつま芋を掘り、里芋を掘り、タクワン用大根干し

冬はもうすぐ

畑の作業が急ピッチで進められています。

 

この秋に出会えた、おいしいものを四つ。

ブログにUPしそびれていたものを、まとめてみました。

 

その一   ?結婚記念日をささやかに祝おうと、友人の若い料理人の家へ

 

潟上温泉の坂道をず~と上った先に、すがすがしい空間が魅力の古民家があり

広間で夜のコースメニューを、地酒とともにいただきました。

 

だしが美味しい お蕎麦

だしが美味しい お蕎麦

 

せんぞうぼう、きんぴら、ねぎで風味や食感が楽しめる、かけ蕎麦。

 

蕎麦のかりんとう、香りの豊かな野菜の小鉢に始まり

アジのから揚げ山椒風味、天ぷら、蕎麦湯まで堪能? (^。^)

 

出汁巻き卵

出汁巻き卵

佐渡産鮭に 旬のきのこ3種 煮つけを添えて

佐渡産鮭に 旬のきのこ3種 煮つけを添えて

蕎麦がき 小豆添え

蕎麦がき 小豆添え

 

ご馳走さまでした。

器もいろいろ、サービスも丁寧で、おいしいお料理はしあわせな気分にしてくれます。

 

蕎麦  茂左衛門  ( もじぇむ )

0259 – 67 – 7972  ( 齋藤さん )

 

?☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。☆

 

その二   大佐渡の北側、関にある海府荘で \(^o^)/

 

お昼の食事は、オムライスやカレーがメインとか。

カレーとセットで、デザートに「酒粕のアイス」をいただきました。

 

テーブルパン と カレー

テーブルパン と カレー

酒粕アイス

酒粕アイス

 

初めての味、酒粕アイスがとてもおいしかった (^-^)

私は、アルコールに弱いので念のためお聞きしたら、「心配しなくても大丈夫」

佐渡には日本酒の蔵元が多いのに、なぜか酒粕を使ったデザートは無かったかも‥。

海府荘に、新しいデザート誕生 (^_^)v

 

☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。☆

 

その三   料理上手な友人からのいただきもの かぐら南蛮味噌。

 

「快心の作」と、創作の調味料を下さったのがこれ。

 

かぐら南蛮味噌

かぐら南蛮味噌

 

辛みの強いかぐら南蛮に生姜や美味しい何かを刻み込み、味噌と合わせたオリジナル作。

湯豆腐や熱々のご飯に、 最高の組み合わせでした。

「お刺身にも相性がいいのよ~」

ピリリッと、かぐら南蛮が存在感あり。

 

次に頂いた時には、紫蘇の実の香りが効いた、かぐら南蛮みそ味に変化していました。

畑の野菜を活かした調味料が、次々と登場。

創作は楽し、旨し。

 

☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。☆

 

その四    西三川産のりんご、紅玉でジャム作り

 

デザートにアップルパイ (^O^)

焼きたてを味わえば、さわやかな酸味が魅力です。

 

アップルパイ

アップルパイ

 

地元のくだものの豊富な時に、心おきなくいただく幸せです。

次には、ああしよう、こうしてみよう‥家族の好みを聞きながら‥作ってくれたのは娘。

 

み~んな、おいしくいただきました。

ご馳走様でした。

お腹いっぱいです ?\(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!