嵐が吹き荒れた数日が続きました。

佐渡汽船の欠航によって、佐渡に来る人、佐渡から出られなかった人達が

予定変更を余儀なくされた日となりました。

金北山に初雪が積り、空は鈍色。 

車のタイヤを冬仕様に換えたり、畑の野菜の収穫や冬囲いなど忙しいことに。

 

玉葱に風除け

玉葱に風除け

 

白菜に鉢巻き 大根に土寄せ

白菜に鉢巻き 大根に土寄せ

手入れが行き届き、冬支度のすんだお隣さんの畑。 我が家はいただくことばかり (*^_^*)

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

土曜日と日曜日には、しままるしぇ で、いつもお客様をお迎えしておりますが

まるしぇ で 作品を提供して下さる仲間をご紹介 (^O^)  

 

布の色や素材の組み合わせて

布の色や素材を組み合わせて

 

組み合わせ 色々

布 色々

 

 「 ガリモ 」 の制作ネームを持っている、磯野久美子さん。

 

布の作家だけでなく、野の花を微細な部分まで描き込み、やさしい色で表現される画家さんです。

12月からは、一か月の間、北越銀行の両津支店で

絵の作品がロビー展として、紹介されることになっています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

竹炭村 

竹炭村の作品 

 

みかん へちま 栗のイガ他

みかん へちま 栗のイガ他

 

竹の細い炭

竹の細い炭

 

柿の実 栗 ほおずき ピーナッツ他

柿の実 栗 ほおずき ピーナッツ他

 

「 竹炭村 」 の高橋さん。 佐渡の竹を焼き、作品展を開いたこともあります。

 

ご自宅には、竹の根元の太い炭から、瓢箪・パイナップル・松ぼっくりなど

形をそのまま楽しめる作品が、あちこちに置かれています。

炭を焼く時の煙を集め、竹酢液も無駄なく活用されています。

 

佐渡の竹は品質がいいことで知られ

日常に使われる「ざる」や、稲を干す「はざ木」などに利用されていましたが

今では竹林が放置され、竹やぶ状態となっているので‥

竹林の再生を願い、竹炭で囲炉裏の暖を取ったり、形を楽しむ炭焼きをしているそうです。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

里芋 かぼちゃ

里芋 かぼちゃ

 

レタス みずな ニラ 

レタス サラダ水菜 ニラ 春菊 

 

源田ファーム さんと

源田ファーム さんと一緒に

 

源田ファームさん。

農薬や化学肥料を控えた野菜作りと、

金北山の伏流水を汲み上げた水で稲作をし、「 ときわ舞 」 のブランド名を持つ農家さん。

 

その他にも、野菜作りをされている高島農園さんや古玉さんも

時々ではありますが、しままるしぇ に来てくださいます。

 

熱心に取り組んでいる方を知っていただく所・・・ 

まるしぇ (市場) で、お客様と話を交わせる場になれるといいな。

 

佐渡の祭りの最後は、羽茂のうみゃあもん祭り。

毎年11月23日(勤労感謝の日)に、JA羽茂が主催しています。

 

けさ柿の収穫がアラレやヒョウの被害が出る前に、今年は無事に終わりました。

うみゃあもん祭りは羽茂の主要な作物である

お米・おけさ柿・自然薯・ルレクチェの収穫を祝う祭り。

それぞれの生産組合ごとに産直市として、生産者と話をしたり品物を選んで買える日。

 

自然薯

自然薯

大崎自然薯生産組合

 

加工品	加工品		0233104003787	佐渡の柿餅(揚げ餅)	378 	1 	378

きび粉 こんにゃく 笹団子 干し柿

小豆 白いささげ 大豆

小豆 白いささげ 大豆

 

柿餅本舗はいつものように、柿餅や柚子餅、玄米を三時間焙じたお茶 ( 玄米珈琲 ) を

お客様に楽しんでいただけるよう、

食べていただいたり、飲み物サービスに徹して楽しく過ごす一日でした\(^o^)/

 

柿の品評会では、親戚の柿がアンポ干し柿の部門で優秀賞に選ばれました。

熱心な柿の農家でいろいろ教えていただく事が多く、柿餅本舗の柿もココのです (^u^)

 

 アンポ干し柿の優秀賞

 アンポ干し柿の優秀賞

 

JA羽茂 トン汁サービス

JA羽茂 トン汁サービス

 

その他にも 、青年部の搗きたて餅のサービスあり、キビ団子の汁粉サービスあり

子供たちは、バルーンアートで動物や花を作ってもらって、嬉しそう。

収穫祭は賑やかに、盛りあがってお祝いムードいっぱい。

 

羽茂の町の手づくりのお祭りでしたが、回を重ねて12 回目。

今では、島のあちこちから大勢の方が遊びに来て下さるようになっています。

柿餅本舗も、6 年連続で出店させていただきました。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!