今日もまた、茗荷が取れました。
以前は、
薬味は、スーパーで買うものでしたが、

佐度の暮らしでは、
茗荷、紫蘇、生姜などの季節ごとの薬味は、
畑から取ってきて、料理に使うものに変わりました。

塩漬けして
しっかり絞り
梅酢に漬けます。
もう一度、梅酢を取り換え、
2~3日、待てば出来上がります。


おにぎりに、茗荷漬けを刻んで入れたり、
巻き寿司の具としたり、
香りと食感を楽しんでいます(^^)v

保存が効き、出番の多いお漬物。
夏の楽しみの、ひとつです。


☆。。。。。☆。。。。。☆

今日も簡単で、
代わり映えしないメニューで、
お昼は、素麺にすることにしました。
終盤になってきた、キュウリをメインに
“山形だし” を作ってみました。

茄子、ミョウガ、オクラ、紫蘇の葉、生姜、ネギを細かく刻み、
昆布や鰹の出汁で、麵つゆ風にします。

刻むだけの、火を使わない夏野菜たっぷりの “山形だし”

友人に教えてもらった “山形のだし” は、
野趣にあふれた、いろいろな香りが魅力。

冷奴にのせたり、熱々ご飯にかけたりしても美味しい。

とても、重宝する、
夏にピッタリの、爽やかな香りダシつゆ。

畑に一株だけ植えている鷹の爪も
真っ赤に色づいてきました。

普通には、辛味を効かすために、
キンピラや漬物に入れていますが‥、


異なった使い方を、人気のお惣菜屋さんの味つけに発見しました(^O^)

魚の煮つけ、昆布巻き、鳥汁の仕上げに使うのです。

目立たないけれど、
味の深い奥に、存在を感じます。

大人の料理の、楽しい隠し味。

我が家も真似して、実践中。

鷹の爪の収穫を迎えると、
いよいよ夏が終盤になってきました。


いつもの美容室で、髪をカットしてきました。

癖のある髪のことを、をよく知っていて
黙っていても、伸びた分だけ
手早くカットしてくれる
頼もしい美容師さんが居てくれるので、通っています。


鏡に映る姿が、いつもと違って
何やらユニフォーム姿でした。

??? お聞きすると、
全国の離島から、 22 チームの中学生が集結し
《島と島の交流を深める》野球大会があるのだそうです。

いろいろな島に、会場を移しながら、
《離島甲子園》が開催され

22日~26日まで、
佐渡が大会の会場に。


大会の提唱者は、村田兆治さんで、
今回で 13 回目を迎えます。

大会を記念して、野球教室が開かれ、

投球フォームや打撃のポイント、
練習方法のアドバイスなどを受けられる
中学生にとっては、とても貴重な機会。

コロナ禍のため、2 年間の大会が開けなかったのだとか。


市内のあちこちで、この応援のぼり旗を見かけます。


親としては、
仲間と共に、練習に励んでいる
野球少年の応援は、何たって楽しいこと(^O^)

埃だらけのユニフォームの洗濯も、
おむすび🍙や、お弁当作りも
苦になるどころか、大いなる楽しみ(^_^)

選手として日ごろの努力を、
試合で活躍のチャンスがあったら嬉しい。

生き生き、元気ならばそれが一番。


美容師さんも、
息子さんの試合の流れ次第では、
「お休みを貰って、応援に駆けつけたい」と、楽しそうでした。

中学校 3 年生として、
クラブ活動の集大成の日ですね。

先日は、夏の高校野球、甲子園での
優勝校の仙台育英・須江監督のスピーチに、

多くの人が共感を覚えた言葉がありました。


コロナの為に、高校生たちは
入学式どころか、中学の卒業式もちゃんとできませんでした。

充分な練習も、試合もできない日々を、
過ごしてきた球児たち。


『僕たち大人が過ごしてきた高校生活とは、全く違って』

『青春って、すごく密なので』

『全国の高校生に、拍手をしてもらえたら』


不自由な時間を、共に過ごし、
状況を乗り越えてきた仲間たちです。

マスクを着けながらの運動も、キツかったでしょう‥

《全国離島交流中学生野球》のみなさんも、同じですね。


3年ぶりの、佐渡での大会。
青春の大舞台に立てて、
よかった よかった !(^^)!


コロナ禍 “第7波” の、行動制限が解かれたので‥、
お盆に帰省した、叔母たちに会いました。

三年ぶりです。

何時かは、その日が来るとは思っておりましたが、
一月の末に、母を亡くしました。

最期を看取とり、新盆を迎えたところです。

家庭の要として、
静かに、確かに、生きた母でした。

亡くなる前の数年は、認知症となり、
家族との会話も、成り立たなくなりましたので
少し淋しくもありました。

ですが、ありがたいことに
お薬を必要とする病気もなく
痛い、痒いもなく、穏やかに過ごす毎日でした。


母を亡くしたばかりの時には
すぐには感じなかった寂しさが‥

次第に、静かな深い喪失感となって
胸の奥に、積もってきました。

☆。。。。。☆。。。。。☆

母の新盆に、お供えしようと
求めてきたのは《すだれ団子》


その昔、お盆になると
お墓参りに来てくれる親戚のために
母がいつも作っていたのが
軽いおやつの《すだれ団子》でした。


お盆は
お墓参りに行けば、親族の誰かに会える日。

親戚たちは、
頃合いを見て、集まり
ゆっくり、おしゃべりを楽しみにしていましたし、

母は、その時間を大切にしていただきたいと
お待ちしていたようにも思います。


甘いのはチョットと‥言う方にの為には、
冷たい《ところてん》を。

さっぱりとした甘さの《西瓜》も、
暑い中、お墓参りに来てくれたお客さまへの
せめてもの、心づくしでした。

ご仏前には、
果物、夕顔 、 かぼちゃの煮つけ、 茄子の漬物など、
畑で育てた野菜での、素朴な手作りの精進料理を。

ご先祖さまには、彼岸から帰って、
いつもの家の味を楽しんでほしい‥の思い。

ささやかではありますが、
心を込めてのお膳をお供えしたものでした。

今では、
母が元気な頃のようなことは、できくなりましたけれど‥。



新盆の為に、盆提灯を点けて
母をお迎えしました。

コロナ禍のために、
病院へのお見舞いや、葬儀の仕方など
全てが変わってしまったことを、実感しました。

葬儀所への出発の折には、
ご近所の方々が、門送りに来て下さり、

その後は、
家族と縁の深い身内だけでの、見送りとなりました。


昭和2年に生まれ、93歳の生涯でした。

昭和の大戦を挟んで、世の中を覆う閉塞感のコロナの時代まで、
大家族の“母さん”として、
また、たくさんの親戚との付き合いをしてきました。

自分には厳しく、誰に対しても公平で
誠実な生き方を貫いた母だったと思います。


定年後に、故郷に戻り
父を見送り‥、母を見送り‥。

両親との時間を、近くで持つことができました。

「お母さん、ありがとうございました」
感謝を伝えることができましたし、安堵も覚えています。

新盆を過ごし、
やっと気持ちに、区切りがついてきたところです。

母の笑顔ばかりが、思い出されます。

山の日。
定着してきたような、
まだ馴染が薄いような祝日。

また、少し季節が動き
見かける花の種類が変わってきています。
庭の片隅や、空き地に
白い<タカサゴユリ>が、ゆれて見えます。
夏水仙
田んぼの緑

スクスク、美しく育つ稲。

サワサワと音をたて、風が稲穂を撫でて通り過ぎて行きます。
暑さを忘れる一瞬。

山里の、小さな田んぼの風景。
大きなカマキリに出会いました。

暑さの毎日。
夜も気温が下がらず、寝苦しい熱帯夜が続いています。

少しでも涼しさを感じられる風景を
探してみました。


朱鷺が田んぼに集合していました。
空には、合流しようとしている朱鷺も数羽。

今日は、ここで餌を探すようです。
涼し気な色。
雑草なれど、独自の存在感あり。
池いっぱいに広がる、睡蓮。

山道で出合った、ウドの大木に白い花。


ウドのま~るい花に、
薄い衣を付けて、から揚げし
お皿に添えれば、季節のあしらいになります。

お洒落で楽しいウドの花。

Uターンしたての頃、
夏の食事会で、初めて味わいました。

田舎ならではの、お遊び。

チャンと独活の香りが楽しめます。
枝豆は、まだ花を付けたばかり。
よく見れば、涼しいブルー。
佐度産コシヒカリ
稲穂の形が整ってきました(^^)/
色づき始めた田んぼ(^^)v
朝摘みのブルーベリーは、ほぼ終盤。
実は、小粒になってきました(>_<)
ブルーベリーとネクタリンのジャムを
佐度乳業さんのヨーグルトに添えて、毎日(^O^)
ジシャノ実 (和名はエゴノキ)
丸い実が枝から下がって、ゆらゆら。

乾いた実を、お手玉に入れるといい音がします。
お手玉で遊ぶ子どもは、もういないのかな~。
空蝉

暑さはまだまだ、続いていますが、
朝夕に、秋の気配を少~し感じるようになっています。
ニラの花
猫じゃらし
まだ、咲いているハマナス。

ガマの穂
耕作放棄された田んぼに、目立ちます。

高齢化により、耕作できない田んぼが多くなっている
現実の風景も見えます。
田んぼアート
朱鷺も羽ばたき始めました。

朱鷺と暮らす郷 の、田んぼアート。

モデルは、朱鷺と共に暮らす
佐渡ガエル・赤トンボ・オタマジャクシ・ドジョウ‥たち。

田んぼには、生き物がいっぱい。
山々も、絵柄に現れてきました。

佐度は、生き物たちと共生するための
環境作りを、長年積み重ねています。

季節の風景が、少しずつ変わってきています。

佐渡の、ここら辺、そこら辺の夏の景色です。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ