畑の端に植えっぱなしのチューリップが、花を咲かせました。

赤くつぼみがふくらんで、可愛いいようすに(^-^)

 

咲いた 咲いた チューリップの花が

咲いた 咲いた チューリップの花が

(^。^)y-.。o○

並んだ 並んだ チュウリップの花が

並んだ 並んだ

(^u^) (^-^)

 

金北山の雪も、日ごとに溶けてきています。

金北山の残雪

金北山の残雪

 

春の山菜の王様タラの芽と、山ウドをいただきました。

タラの芽は、トゲトゲの木のテッペンにあって、素人には採れない貴重品。

ウドも、大きくなれば見えてきますが、土から芽生えたばかりでは見つけにくい山菜です。

 ウド タラの芽

ウド タラの芽

この春初めての、ふくふく丸いタラの芽、香りと苦みが魅力のやわらかいウド。

 

ウドは、ワカメとキュウリの酢味噌和えに。

タラの芽は、天ぷらで。

翌日には、ウドとタラの芽の天ぷらを作り、旬の椎茸を添えてミニ天丼にしてみました。

佐渡の山菜天丼セットで 、おいしく。

海老や魚がなくても、堂々とメイン料理と呼べる季節限定の一品\(^o^)/

 

春蘭

春蘭

 

春蘭も天ぷらにして、食べる方がいらっしゃるそうですが、

珍らしい食材ではあっても、余りに貴重な花ですから、

眺めて楽しむ方が、好きです。

 

先日、種を蒔いた実家の苗は、順調に育っているようです。

苗が出そろいました

苗が出そろいました

強い雨の日もあり、寒さのぶり返した日もありましたので、温度の管理も細心に。

≪苗半作≫という言葉がある程で、苗の出来しだいで作柄が決まるという意味だそうです。

苗起こしは、大切な農作業の一つです。

 

佐渡に、やっとこさ春が来ました。

 

三日見ぬ間の桜かな‥。

花の見ごろはその年によって定まらず、難しいもの。

 

冬の間には葉を落とし、山の中の木々に埋もれていた桜が、

今日はあそこに、ここにも花を咲かせて、存在に気づかされます。

 

明日はきっと観に行こうと、思いながらも見逃してしまうのも桜 (>_<)

‥ですので、早め早めに出かけることにしています。

 

桜の名所は数々あれど、大好きな桜が見ごろを迎えようとしています。

法乗坊の種蒔き桜

法乗坊の種蒔き桜

 

羽茂・大崎集落の羽茂川沿いにある、江戸彼岸桜の一本桜を、

地元の人は ≪ 法乗坊の種蒔き桜 ≫と、親しみを込めて呼んでいます。

樹齢は 300 年とも 350 年とも‥。

種を蒔く頃、農作業の目安とされてきたそうです。

 

大きな古木の下に立つと、幹のゴツゴツと太くて荒々しいこと !!

遠目には、華やかで軽やかな桜ですが、

傍に寄れば、平穏ではなかったろう長い歴史を木肌に感じます。

 

水の鏡に映って

水田の鏡に映って

 

夜にはライトアップされて、静かな中に妖艶に、幻想的な姿を見せてくれます。

この数年は、この構図を求めて、多くのカメラマンが集まる名所。

 

東京から来たと言う、二人のカメラマンにお会いしました。

 

「この鳴き声は、朱鷺ですよ」と、話している時、

タイミングよく、朱鷺が頭上に現れて、

青空に浮かぶ白い月と、羽ばたく朱鷺とを、下から見事に写し取りました。

佐渡ならではのショットが、ここで(^-^)

 

遠くの田んぼで、餌を啄ばむ姿を見かけることの多くなった朱鷺。

羽の色も鮮やかな飛んでいる朱鷺を見上げての、この一枚に興奮されていました(^。^)

 

畑仕事の側に咲く

畑仕事の側に咲く

桜の傍の畑では、お母さんが二人。

 

暖かな陽ざしの中で、何かの植え付けの準備をされていました。

これからは、畑の作業も忙しくなってきます。

 

次は

桜 ?

? 桜

姉の家の門口に咲く桜。

 

名前も無い、ふつうの桜ですが、

やわらかい傘をさしかけられたようで、花の下を通るたびに気持ちが軽く浮き立ちます。

 

コブシ と 竹 と 桜

コブシ  竹  桜

桜より心持ち早めに咲くのは、白いコブシ。

 

コブシも普段は木々の中で、冬場は目立たず葉を落とし、

花の季節を過ぎてしまえば、また新緑の雑木の中に紛れ姿を隠してしまうでしょう。

今だけは、おだやかに存在をアピールしています。

 

コブシ

コブシ

 

林の木々の中で、普段は目立たない桜やコブシのように生きる。

 

個性や実力を発揮する、チャンスがまだ巡ってこなかったり、

気づいて貰えず、苦しい思いをしている人はいないだろうか‥。

 

日めくりカレンダーに見つけた、今日の言葉。

「 桜は花に顕る 」 さくらは  はなに  あらわる

 

人の評価なんて気にすることはない‥と、思う一方で、

真面目に仕事をしていれば、そのうち誰かがキット‥と、淡い期待した覚えはないだろうか。

 

自分に気づいて欲しい、と願うのと同じように、

埋もれた人の才能を見つけ出し、探し当て、認めていくことが大切だな~。

 

いつになく、心に響き、考えさせられ、共感するものがあった

朝の、カレンダーの言葉(^u^)

 

佐渡の桜の情報が、あちこちから届いています。

天気予報では、明日は雨とのことなので、お花見に行ってきました(^u^)

 

毎年 15 日に、桜の下では賑やかに門前市が開かれる、大慶寺。

 

お隣には八幡様が並び、参道では神事の≪流鏑馬≫が行われます。

 

午後の三時を過ぎる頃には、新保・西方・大和田の三集落の鬼太鼓がここに集結。

八幡宮を産土神とする四組の鬼太鼓が、競演し祭りのクライマックスを迎えます。

鬼太鼓ファンのカメラマンの多くが集まる、人気のお祭りでもあります。

 

ここを、馬が駆け抜けます。

 

桜めぐり 畑野・熊野神社へ

   

ふんわりと、風に揺れて。

 

境内には、いく種類もの桜が植えられていて、色の濃い桜や八重の桜など長く楽しめます。

近くからは、今日がお祭りの笛と太鼓の音が聞こえていました。

 

やっと佐渡に届いた桜前線\(^o^)/

桜の花の下を通り抜け、陽ざしと香りを楽しんだドライブでした。

 

 

なにがあろうとも、毎朝、豆を挽いてコーヒーを飲むのが我が家の習慣です。

 

朝の一杯

朝の一杯

 

朝の一杯

朝はここから

 

佐渡に移住してから新たに習慣となったのが、玄米コーヒー≪黒焼き玄米茶≫

 

黒焼き玄米茶

黒焼き玄米茶

 

佐渡に移住して間もない頃、先輩の家で初めていただいたのが、黒い色をしたお茶。

おだやかな、温もりのある味が伝わってきました。

 

「これは、どういうお茶ですか?」

『佐渡産コシヒカリの玄米を、土鍋で三時間炒った黒焼き玄米茶ですよ』

「初めて見るビジュアルのお茶です。ビックリです」

 

『 いろいろな本を読んで、手術後の姉にいいのではと思い、作り始めたのですよ』

『 体が温まってね。ウチでは、毎日飲んでいますよ』と、先輩。

 

「 私にも、分けていただけますか?」

 

『 ど~ぞ。 薬缶に水の時から入れて、ゆっくり 20 分~ 30 分くらい煮出して下さいね 』

 

その出合いから、もう九年が経ちました。

 

最初の頃、お茶を煎じる作業は時間を計ったり、ひと仕事をするという感覚でしたが、

毎朝の習慣になってからは、生活のリズムの中に。

 

そうして、幾度もお訪ねするうちに、

『 これからは、自分で作ってごらんなさい。先ずは一緒に作ってみましょうね 』

と、作り方を見学させていただくことに成った次第。

 

今度は、自宅でおさらい(*^_^*)

佐渡産コシヒカリ玄米 で 黒焼き玄米の焙煎を、始めま~す(^-^)

 

コシヒカリ玄米

コシヒカリ玄米

ここまで、一時間です。

ゆっくり、ゆっくり、気長に。

 

まだまだ

まだ まだ

やっと、だんだん熱くなってきました。手袋は必需品です(^u^)

まだ、半ば。

 

もう少し

もう少し

火を強めて。 しかし、焦がさぬように。

 

三時間

三時間

やっと完成しました\(^o^)/

 

冷まして 完成

冷まして 完成

火加減に気を配りながら、熱さに耐え、根気よく。

 

ポットに入れて

ポットに入れて

家では、いつでも、ちょっとずつ。

 

美味しいお料理も、続けば飽きてきますし、

健康にも体にいいものでも、覚悟が無ければ続かないのですが‥。

 

不思議なことに、なぜか続いたのです。

 

出かける時には、持参して

 

佐渡に住めば、コシヒカリ玄米はいつでも準備できますが、

黒焼き玄米茶にするまでには、ハードルがチョイと高めかも(^-^)

 

もし、興味がありましたら

黒焼き 玄米茶

黒焼き 玄米茶

どうぞ、飲んでみて下さい\(^o^)/

 

素にして上質な、

ぜ~んぶ佐渡産の、黒焼き玄米茶です。

 

昨日までは県会議員選挙の選挙カーが行き交い、黄砂で景色はぼんやり霞んで見えました。

今日は投票日ですが、午前中は種籾蒔きの手伝いに、実家へ

今年も、稲作のスタートの春となりました。

 

機械の準備

機械の準備

おだやかな陽ざしが、何よりも有りがたい作業日和\(^o^)/

 

午後には、田んぼへ水を引くための地域の協同作業、水路掃除 ≪江上げ≫ もあるので、

午前に、種もみ蒔きを終了したいと早朝から仕事開始 (^_^)v

 

次の担い手となる甥の、農業経験も一年に一度の大切な機会。

日曜日を待って、いざ開始。

 

無事 完了

無事 完了です

 

慣れない中腰の作業を、黙々とみんなで頑張りました。

無事に苗が育てば、25 日後の5 月3 日には田植えとなる予定となるそうです。

 

保温シート

保温シートで

大切な稲の苗を温度管理して、

育てよ、育てと守ります。

 

明日には、どこに筋肉痛が出てくるかな(>_<)

 

田植えには、また、手伝いに参上しますね(^_^)v

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!