梅雨が明け 
日中は 、30 度を越すようになってきました。
ミョウガの葉に 子ガエル
キュウリの葉にも アオガエル
まだまだ緑の、鷹の爪
チビ ニガウリ
やぶかんぞう
一日だけの花だそうです。
初めてのオクラ
オクラの花


風が強い日で しっかりしがみ付いていました。


畑のバジルで
バジルソースを作ってみます。

松の実 にんにく 少量の塩 オリーブオイル

フードプロッセッサーで、ペーストにしました。

パスタソースとして、小分けし保存。

自分で作ったバジルは、大切に食べたいので、
葉っぱのやわらかい時に、作り置きしてみました( ^^)

み~んな、緑っす。


なんと 田んぼに、海猫の群れ


田んぼから、
「ニャ~、ミュ~」とも聞こえてくるのは、海猫。
毎日、田んぼを変えて出現します。

何度も見かけましたが、車を留められない所でしたので、
写真に撮れませんでした。

今日は、海からかなり離れた田んぼに、
群れをなしているのが、見えました。

妙な風景です。

別の日には、
鷺も、畦に並んでいました。

佐渡、あるある風景だそうです。


こちらは、精米機の前の鳩。

慣れた様子で、逃げることなく、
おこぼれを待っています。


メスと幼鳥を連れて、道路を横断中でした。

ご自慢の羽の美しさも、お顔の赤い色も
ここからは判別つきません。

「ケーン」と甲高い鳴き声と、特徴あるシルエットは
紛うことなく《雄のキジ》

ニッポニアニッポンの学名を持つ、
朱鷺ばかりが注目されていますが、
国鳥の雉が、田んぼからトコトコ身近に現れる、佐渡です。

ホタル袋が群生していました。
佐渡のは、白い花だそうです。
またたびの白い葉が、初夏の風に揺れていました。

季節の変わり目。

雷つきの大雨が降った翌日には、
佐渡にも梅雨明けの宣言が出されました。

雨の後には、梅の実に亀裂ができてしまうので、
梅干し用の実を、摘み取ることに。
親戚の家に、出かけました。


丸い梅の実。
たわわ たわわ 

キズの無い実を選び、梅干し用に。
あと数日、追熟します。
もう一瓶には、
小粒の梅を、果実酒にすることにします。

甘くない方がイイとのことで、氷砂糖なしで仕込んでみました。

飲めるようになったら、
いつもの梅酒と、どちらがイイのか?
お試しです。
さて、姉の畑に行ってみると、
小粒なビワが。

子どもの頃には、美味しく食べたのですが‥。
トウモロコシの収穫は、もうすぐ。
真っ赤な宝石。
来年のために、光合成で養分を蓄え養生中です。
葡萄は、前回よりも順調に実が育っているようです。

畑には、その他にも
なすび・キュウリ・じゃが芋なども。

少し小さめですが、収獲したばかりの玉葱を、貰ってきました。


《佐渡の宝》
この写真集に出会って、一年あまり。

季節ごとに見られる、身近な佐渡の植物・花・鳥・昆虫などの
生きものたちが、生き生きと写し撮られている美しい一冊です。


見たことはあっても、名前を知らない花たち。

生き生きとした、鳥たちの動きや
蛇🐍などの佐渡の生き物たちの

捕食の瞬間を、生々しく捉えたようすも多数収められています。


先日、私たちは
山道を車で走っている時に、テンに遭遇しました。

そこで車を止め、
窓を開け、📸カメラを取り出して‥
などしていたら、テンはとっくに藪の中へ。

別の日、
雉のツガイと幼鳥に出あった時にも、気配を悟られて
やはり、写真など撮れませんでした。


全てが、たまたま出合ったから
撮れた写真ではないことが、よくわかりました。

特別な生きものではなくて、
佐渡で一緒に暮らしている動物ばかり。

身近な愛嬌ある姿の動物たちの
小さくても捕食の瞬間は、なかなかの迫力です。

たぶんですが、
じっくり、その場に居て
チャンスを待たれたのでしょう。


春夏秋冬の季節ごとの
瑞々しい花の姿も、その時だけの出合いのもの。

観光のための、定番の景色やポスターではない写真集。


《佐渡の本当の宝は、ここにある》

佐藤富士美さんが、
普段の生活の中で、美しいを見つけ、丁寧に時間をかけて集めた、一枚一枚。

お話してみれば、
サバサバと明快で率直な方(^O^)

あこがれの主、佐藤さんは、
我が家の近くに住まわれている、
ふつうに暮らす、タダものではない先輩です。


私はこの本で、清楚な白い花
サンカヨウを知りました。

何かの条件が揃うと、
花びらが透明に変わる‥のだそうです。
不思議で神秘的な花。

雨に濡れたら透明になるわけではない、、、らしい。


この本に出合って、あこがれの花ができました。

そして、もう少し上等な
カメラを持てたらな、との、願いも生まれました。

二つの願いが叶う時が来ますように (^^)v



《佐渡の宝》この写真集は
いいものを知ったから、ご紹介したい
‥と、言うものではありません。

《佐渡の宝は、人》
そして、佐渡の宝は、
大きな自然の中で生きている、植物や動物たちの営みの姿。

もっと佐渡を知りたいと
繰り返し、眺めています。


梅雨入りしている佐渡ですが、
まだ、雨の日はわずかのまま。

アジサイが、咲いて
ぼんぼりのよう。

畑の初もの
キュウリの花。
キュウリ 茄子
毎回の感激は、なんて瑞々しい。

ご近所の先輩からは、
「初なりは、早めに取るように」との、アドバイスがありました。

JAの売り場には、とても新鮮な地場の野菜が並んでいますが、
我が家の初ものは、別格(^O^)

チビ大根は、辛~い。
夏の大根は痛快に辛い。

青シソは、
冷奴 素麺 茄子とピーマンの味噌和えなどに
出番が多く、重宝な薬味野菜。


ほうれん草
ちょっと、取り遅れたので茎が堅くて、バター炒めで。

毎朝の水やりの成果。
花付きの、きゅうり。

カレも、ミドリ色。
我が家の住人です。

虫はハマナスに夢中のようす。


八重のどくだみ 白さが美しい
雨の雫と、蕾。

花 花 おけさ柿の花 

柿の農家さんは、摘蕾(てきらい)作業に追われます。

おけさ柿の生産地ですが、
柿の花って? 

知らない人も多いので‥UPしてみました。
アヤメ  紺と黄


花の緑 野菜 くだものの実
まだ、どれも赤ちゃんの緑。

傍に寄れば、イチジクの葉の香り。


葉っぱの色が、濃くなってきました。


あと少し待てば、実が熟し、
毎朝の楽しみになります。
小粒です。

しっかり、根付いた稲が、
風にそよいで。

今夜も、これで一杯。
ミドリ色のおつまみ。

これからは、晩酌のお供はこればっかりになります。
田んぼは、緑色のカーッペットのように広がり
山は、全体が木々におおわれてきました。


しっかり農家をしているように、思われてしまいそうですが‥

イエイエそうでは、ありません。

熱心な農家さんに、お会いすることが多くなり
畑の作物の美しさに、改めて気づかされます。

《佐渡の宝は緑色》

故郷の静かでおだやかな風景です。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ