朝がまだ明けきらない時間から、鳥たちが鳴きはじめます。

まだベッドの中で、「これは雀。この声は朱鷺ね」と、聞くのが楽しみ。

寒さは少し残ってはいても、寒さの角がとれて、朝起きの辛さがなくなってきました。

 

朝から、さわやかな土曜日。

いつものように、しまふうみ  のお店に着くと、鯉のぼりを揚げる準備中でした。

 

鯉のぼり 泳ぐ

鯉のぼり 泳ぐ

青い空と真野湾に向かって、元気に泳ぐ鯉のぼり。

しまふうみ 屋根も光って

しまふうみ 屋根も光って

敷地に入ると、風を受けてバタバタと音も聞こえます。

お客さまたちは、みなさんが声を上げて「おぉ~。いいねぇ」

自然に笑顔があふれ、ニコニコ。

のどかに泳ぐ鯉のぼりを見上げて、スマホで撮影をされる方も \(^o^)/

赤ちゃんの健やかな成長を願って、勢いよく泳ぐ姿を見守ります。

ゴールデンウイーク期間に、しまふうみを訪れるお客様を

元気な鯉のぼりが、お出迎えします。

 

桜の咲く景色が、佐渡のあちらこちらから。

フェースブックなどにUPされて、楽しませてもらった春。

桜のたよりも、いよいよ終盤です。

赤い屋根の 小学校

赤い屋根の 小学校

廃校となった赤い屋根がシンボルの、川茂小学校の桜並木。

白っぽい桜

白っぽい桜

根元は黒くなって、幹には苔がついています。

 

学校の前の通り

学校の前の通り

桜は咲けども、子らの声はなし。

少しの華やぎを見せる風景ですが、

集落の要として、住民のみなさんが大切にしてきた校庭に、

子供たちのはじける声が聞こえ無くなって、はや数年に。

校庭からながめる時計も、止まったまま‥。

先日、桜を観に行った、旧内海府小の “ さっちゃん ” と相似たり。

佐渡の人口が減り続け、小学校の統合が進んでしまったゆえの情景は

やはり、寂しいもの。

次回、校庭に集落の人や子供が集まるのは6月と8月。

田植えを終えて、月遅れの節句を祝って開かれる運動会と盆踊りの夜。

校庭に入るには、柵はありませんが、

見えないチェーンで区切られてしまい、近くて遠い小学校になってしまいました。

昨日、佐渡の内海府に咲く “ さっちゃん桜 ” を訪ねたおりに

その途中の海岸線が、青く、きらきらと美しかったのでレポート (^_^)v

 

跳坂より 

跳坂 ( はねざか ) より

絶景かな 絶景かな  なり\(^o^)/

春の陽ざしに 光る青い海 白い波

Z 坂 を見上げて  

Z 坂 を見上げて

毎年、開催される佐渡国際トライアスロン大会・佐渡ロングライド210 などの

難所として知られている Z 坂 。

それ故に、選手はこの Z 坂 越えを楽しみにしているとも聞いています。

滝の名前は 知らないけれど

滝の名前は 知らないけれど

 

Z 坂 の途中にある滝、名前は知らないけれど‥

三段に曲がりながら、勢いよく水しぶきを散らし流れ落ちる。

家を出発してから、ず~と、左側に海を眺めながらのドライブ。

海岸線の風景が、次々と変化し、楽しくて見飽きません。

更に今は、桜も道添いに色を添えています。

かつて、甥が家族を連れて、同じようにドライブした折の感想は

「この景色だけでも、充分に魅力あるね」

だから

途中の休憩所や、トイレ、お昼の食事処などの案内が、

「 もう少し充実すると、子供を連れても安心して佐渡を一周できるのに 」

佐渡の宝は、自然の海 空 素材そのもの・・・

ここにしかないものが、ここにはある。

久しぶりに何の予定もない、春うららの日。

みごとな枝ぶりと聞く “ さっちゃん桜 ” を訪ね、ドライブしてきました\(^o^)/

 

さっちゃん桜

さっちゃん桜

 

満開

満開

 

静かな校庭に、どっしりとたたずむ  “ さっちゃん ”

風格ある古木で、添え木が枝を支え、手厚く保護されています。

 

旧内海府小学校

旧内海府小学校

校庭の中ほどに、子供たちの背丈でも届く、身近な “ さっちゃん桜 ”

子供たちがこの桜の下で、どんなに楽しく遊んだのか想像できます。

満開の桜の下で、年に一度、全校生徒が給食を楽しむ日があった・・・そうな。

きっと、一生の思い出になっているのでしょうね。

 

教室の窓

教室の窓

揺れる桜の枝を教室から眺めたら、

さぞや

休み時間が待ちどおしかったろうな。

 

ほぼ 満開

ほぼ 満開

 

根元 ごつごつ

根元は ごつごつ

 

海府桜

海府桜

正式には「海府桜」と呼ぶそうですが、通称では “ さっちゃん ”

古木ゆえに、枝いっぱいに花を咲かすのは隔年なのだとか。

佐渡一周線からは校庭の桜は見えません。

近くのガソリンスタンドで、尋ねると

「 “ さっちゃん ” は、その坂を下ってすぐですよ」と、ニコニコ。

地域の小学校のシンボル桜は、ゆったりとやさしく揺れて美しい姿でした。

 

佐渡にU・I ターンした仲間として、永くお付き合いいただいたご夫婦が

子どもさん達が暮らす、遠くに引っ越されることになりました。

 

年に数回、食事をしながら近況を確かめ合ったり、

今取り組んでいる面白いことを語り合ったり、

定年を機に佐渡に移住した五組の夫婦が、暢気な飲み会を続けてきました。

 

そこで、お別れ遠足を計画。

新潟交通のジャンボタクシーに乗って、四組の夫婦で回ることに (^_^)v

スタートはこの佐渡金山から。

大山切坑の入り口

大切山坑の入り口

スタート地点の大切山抗道は、

4月からは佐渡金山のガイドさんと共に、坑道に入ることができるそうです。

 

道優の割戸

道遊の割戸

 

佐渡のジオパークについて、住民の立場からの目線で金山を考えたり、

佐渡金山が盛んに掘られたり、世界遺産への登録を目指すようになったのか‥。

佐渡ジオパーク

http://sado-geopark.com/

歴史的な意味、地質や植物の特徴、化学的な観点から、俯瞰的にガイドしてくれたのが

お別れ遠足の主役である I さんご夫婦です。

佐渡に10ヶ所あるジオパークを、案内をする認定ガイドとして活躍されています。

解りやすい資料もたくさん用意して、丁寧な説明をして下さいます。

 

佐渡観光の主役を担う佐渡金山は、散策コースに従って何度も巡ったことがありますが、

今回のようにガイドしていただくと、次々と新しい発見が現れるのです (^。^)y

歴史を知ってから改めて巡る故郷の遺跡は、身近に感じられ楽しく充実の時間でした。

 

今はガイド本やnetで事前に検索してから、現地を訪ねる旅行が多くなっているそうで、

旅行先の風景や宿や料理など、「 現地確認の旅 」と呼ばれる所以です。

ガイド本に紹介されている、お料理を食べ、景色を眺め、お土産を買う‥パターン。

 

その後、まだまだ‥。

ワイワイと子供のように、お昼を食べ、小木へ移動し宿根木を探索と続きました。

 

同世代のお仲間は大切。

夫婦で仲良くお付き合いしていただいた I さん、ありがとうございました。

一般の方の観光コースとは違った切り口と、内容豊かな大人の遠足。

ついつい写真を撮るのも忘れるほど・・。 おしゃべりしっぱなしの一日でした。

 

☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。☆

 

4月8日~16日まで、佐渡金山の桜並木のライトアップが予定されているそうです。

こちらも、どうぞお楽しみアレ\(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

年間アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!