夜の間に雨は降りますが、日中は晴れている正月。

 

1 月 5 日 日曜日 午後 2 時 から

あこがれの「春の高校バレー選手権」に、

初めて出場することになった佐渡高校、男子バレー部。

 

国仲平野の真ん中あたり、

こんもりとした高台、獅子が城跡に佐渡高校の校舎は建っています。

 

全国大会へ

全国大会へ

佐高男子バレー部の応援に、アミューズメント佐渡へ。

パブリックビューイングが開催されることも、初めてのことだそう(^^)v

 

会場のアミューズメント佐渡

アミューズメント佐渡

パブリックビューイング会場

 

中継を見ながら オー オー

中継を見ながら オー オー

有名強豪校に競り勝ち、公立高校の部活メンバーで、

初めての新潟県代表を勝ち取った後輩たち。

 

電気店の入口

電気店の入口で ビデオ

大型電気店の入口には、

新潟県代表までの道のりの、トーナメント表が置かれ、

決勝戦のビデオが流されていました。

 

町のあちこちに 旗 旗

町のあちこちに 祝の旗 旗

新潟交通バスの車体前面にも、“ 祝 春高バレー出場 ” の横断幕で

島の中を走り回り、ジミーに広報活動。

 

初めての「春高バレー」出場を祝い、

島を挙げて、若獅子たちの活躍を応援したいという思いが浸透(^^)v

パブリックビューイング会場には、およそ600人が集まりました。

 

地元の佐高を応援しに、

バレーボールにあまり詳しくない、一般人も多く会場に集まってきました。

 

応援リーダー サドッキー

応援リーダー サドッキーと

佐渡のゆるキャラ “ サドッキー ” と、応援リーダーが、

明るくルールを説明したり、テンポよい掛け声で試合を解説。

一体感ある会場を作り、楽しく盛り上げてくれました。

 

東京の試合会場には、父母会はもちろん、在校生・関係者・先輩OBなどが大集結。

佐渡から駆けつけた、応援部隊の鬼太鼓たちも大活躍されたそう\(^^)/

 

試合は、熱戦、健闘、潔い戦いぶりでしたが、初戦で敗退。

 

若獅子たちの熱き戦いの場に届けと、

幾度もいくども熱のこもったエールを送ました。

 

無心にプレーする、無垢の佐渡高校生たちの挑戦を見守った、

笑顔のあふれる会場でした。

初めての全国大会、出場おめでとう\(^^)/

 

パブリックビューイングって、楽しいぞ~( ^^)

 

令和2年の元日は、静かな雨降りで始まりました。

 

二日は、陽ざしに恵まれ風もない穏やかな日でしたので、

近くの氏神さま、八幡宮にお詣りしてきました。

同じくお詣りに来られたご近所の方とも、新年のご挨拶。

 

その後に、椎崎の宇賀神さまへ初詣にも行ってきました。

宇賀神社

宇賀神社

参道の入口に置いてある杖をお借りして、600段はあるという石段を、

慎重に、慎重に、

急な長~い石段を登って、上ってやっと到着。

おみくじ

おみくじ

見上げているのは、あれにもこれにも効き目あるらしい‥お御籤の ご利益リスト。

白ヘビを祀り、商売繁盛のご利益ありとする神社として知られています。

 

息はつまり、心臓はバクバク。

足も腰も、ガクガク(>_<)

ご褒美として、両津湾を出港する船や、正月の穏やかな海の風景を眺め一息。

 

下りの石段は更に慎重に、一歩一歩。

山の上におわす神さまに近づくには、息が切れます。

おまけに、明日はたぶん‥ 足が痛むのでしょうね(>_<)

 

三日は、羽茂へ。

羽茂の一宮 渡津神社

羽茂 一ノ宮 渡津神社

「おめでとうございます」

参拝の方々と挨拶を交わしながら、石段を登ります。

三日目のお詣りともなると、境内はもう静かです。

 

渡津神社

渡津神社

初詣客を迎えるために清められた境内は、厳かな静寂を取り戻していました。

 

新年を迎えるたびに願うことは、

よき友との時間を大切に暮らしたい、よき家庭人でもありたい。

よき仕事も続けたい‥よき社会人でもありたい。

 

心を新たに誓いを立ててきました。

三っつの神様に誓ったのですから・・・

 

やっぱり、謙虚に守る努力を忘れてはならないですね。

 

令和2年1月6日  柿餅本舗は、今日から仕事始め。

あれよあれよという間に、正月は過ぎてしまいましたが、

おだやかな新年を迎え、ささやかに正月を祝うことができました。

 

佐渡のおけさ柿と黄金餅で作る“柿餅”

佐渡の良き素材」で「上質なものを丁寧に作ること」

基本を大切にして

誠実な仕事をコツコツと、“ 柿餅 ” 作りに取り組んでいこうと

新年にあたり、改めて誓ったところです(^-^)

 

令和 2 年 元旦

 

しばらくブログから離れてしまいましたが‥

少しずつ、振り返ってみたいとも思っています。

 

せめてもの祝いの花 南天

家にある 南天 松 笹

 

ローズマリー 松 南天

ローズマリー 松 南天

 

黒豆

黒豆

家族が好きな黒豆、これだけは毎年つくる正月の味。

黒豆

黒豆

 

松前漬け

数の子 刻み昆布 するめ 人参

カツオ節と煮切りみりん・醤油の調味液に、一晩漬けて完成

松前漬け 

松前漬け

 

こんにゃく

こんにゃく

姉の手作りこんにゃく。

素朴でやさしい味です。

赤かぶ

赤かぶ

赤かぶは酢の物に変身。

そして、我が家のお餅とお煮しめで正月を祝いました (^^)v

素朴な暮らしです。

 

本年が、ますますよい一年となりますように !(^^)!

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 令和の正月を祝って1月3日に、新年会 (^-^)

新年をお祝いましょうと、集まりました\(^^)/

 

今回の趣向は、鮎の出汁のお吸い物とお餅で、乾杯。

鮎だし 餅

鮎だし と黄金 餅

 

焼鮎の尾頭つきの予定だったのですが‥ちょっと千切れてしまいました(>_<)

網で焼いた黄金餅はふくよかな甘さで、なめらかに伸びて美味しいこと (^-^)

柚子の香りとベストな組み合わせ (チョット柚子が多すぎたかな‥)

 

アラメ 昆布巻き

 小ぶりの アラメ巻き

佐渡の北部、高千地区では、お祝いやお祭りには、

このアラメ巻きが欠かせないご馳走として、作られてきたのだとか。

 

現在では、芯にサバの缶詰めを代用することが多くなっていますが、

小ぶりの塩漬けサンマを使うと、さらに美味しいそうです(^^)v

小ぶりの塩サンマは、目にすることがなくなりましたし、

アラメも、なかなか取れない貴重品となっているそうです。

 

同じ佐渡であっても、南部の実家ではアラメ巻きはありませんでしたので、

コクのある新鮮な味わいのアラメ巻きは、私には初めてのご馳走でした。

 

さどごはん

さどごはん

四季折々に、楽しまれてきた佐渡の味

 

地域ごと、行事ごと、祭りごとに食卓に並べられてきた料理ですが、

最近では行事が簡素化されてしまい、

郷土料理を語り継ぐ場が減っているのが現状です。

 

そこで、

若いお母さんや子どもたちに、郷土の伝統料理を伝えたいと、

佐渡市が健康推進員のみなさんと、6年がかりで200種余りのレシピを集めた、

郷土愛が詰まった冊子 「さどごはん」が、作成されました。

 

今回は、その中から

幾つかの素朴な、昔からの家庭料理を。

 

切干し大根

切干し大根 醤油漬け

昔ながらの切干し大根は、

ポリポリと楽しい歯ごたえと豊かな甘さ。

 

竹のコップで いざ乾杯

紅白なます たくわん漬け 長芋

切り干し大根も、紅白なますも、たくわん漬けもみんな大根ですが、

持ち味は、いろいろ。

 

ぜんまい の 一本煮

ぜんまい の 一本煮

ゼンマイは切らないで一本ごと煮ると、美味しい。

恰好を言わない、味本位の煮物(^-^)

ぜんまい

ぜんまい

まる二日をかけてゆっくり、ふっくら戻しアク抜きしました。

 

佐渡牛や新鮮な刺身のご馳走もいいけれど、

佐渡の食卓には、海の海草、山の山菜、畑の野菜が豊富で身近に(^-^)

この日は、太巻き寿司も用意していたのですが、

写真に撮るのを忘れてしまいました‥(>_<)

手作りの家庭料理こそが、「さどごはん」と、実感の日。

 

さらに、食べて、おしゃべり(^^)/

 

大きな火鉢であぶった、竹筒に地元の酒蔵の新酒で乾杯~!!

心もちよ~く、酔いも回って

みなさん、チョットごきげんなご様子(^^)v

 

これからは、お楽しみの時間

お楽しみの時間 第二部

小木おけさの軽快なリズムと、三味線の陽気な音色。

興が乗ってきました(^^♪

相川音頭 両津甚句 佐渡おけさ 山田のハンヤ節

なんとまあ、佐渡の芸能が次々と。

 

興が乗ってきました(^-^)

さてさて 手拍子も加わってきました(^-^)

 

今年の誓い

本年の誓い

気合を入れて‥よしやるぞ !!

今年の目標=やるっ気満々です。

副豆 竹のコップで乾杯

お多福豆 たたきゴボウ 蓮根 白菜の漬物

竹のコップで、また乾杯。

かんぱ~い!(^^)!

 

みんなが集まって、今年初めての顔合わせ。

令和2年が、より良い年になりますように。

 

体力の現状維持ができれば上出来で、何でもあるあるの我々世代。

無事に、健やかに過ごせますように( ^^) と、願いました。

チョット年寄り達の集まり故に、ソコのところがとても大切な要なのです。

 

風が吹き抜けると、11月だもの‥

「寒くなっても仕方ないよね」と、いつもは思う頃ですが、

今年は、まだ寒~いと感じる程には気温が下がってきていません。

 

なので、

佐渡名産おけさ柿の色づきも、例年より少し遅れ気味なのだそうです。

 

西日を受けて 柿の色

西日を受けて 柿の色

おけさ柿は、ふっくら丸みをおびて

 

柿畑

柿畑

例年ならば、この柿畑の収穫をする頃ですが

まだのようです。

 

山里からの風景

海を見下ろす風景

絶景というのではないけれど、

真野湾の青い海と、紅葉を始めた山の色、雲の広がり。

稲刈りが終わった里の風景は、静かで和やか。

 

晩秋の晴れた日は、

佐渡らしいやさしさと、おだやかさに満ちて好きな季節。

 

蕎麦を干して

蕎麦を干して

稲の刈り取りの終わった田んぼでは、

次には、蕎麦がハザ掛けされていました。

 

ネギの土寄せと藁のお布団  小豆の乾燥

ネギに土寄せし藁のお布団  小豆を干して

明るい陽ざしの中で、冬支度が着々とすすめられています。

 

朱鷺のご一行様 遠足に

朱鷺のご一行様 遠足に

大がかりな道路工事のために、ぐる~と迂回する措置がとられ、

いつもならば通らないコースで、朱鷺に出合いました。

のんびりと、遠足気分かな(^-^)

 

昔から変わらない、里山の暮らしぶりに

ほっこりした、晩秋の風景スケッチ( ^^)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!