今日は、27 年目の J リーグが開幕しました。

スピード感にあふれ、観戦にもよく行ったので、大好きなスポーツ (^O^)

楽しみなシーズンが、始まりました。

 

 

振り返りになりますが、

小正月にいただいた “ 鮎のお清まし ” の事を、忘れないように記録として (^O^)

鮎の出汁 お清まし

鮎の出汁の お清まし    2/1

 

ず~と昔のこと、夏に釣った鮎を焼いて、保存しておいて、

冬場のご馳走とした‥ことがあったのだそうです。

 

小正月に、祝いの膳として食べたというご馳走を、再現してくださいました。

“ 鮎のお清まし ” の具には、炭で焼いたのし餅と、早春の岩海苔・香りのセリを合わせました。

鮎のおすまし

鮎のおすまし

 

祝いのご馳走として、小正月にもう一度白餅を搗き、食べたもの‥だそうです。

軽ろやかで、爽やかな旨みの鮎出汁。初めての味わいでした。

 

 

別の日、蕎麦の会で(^-^)

手打ち 十割蕎麦

手打ち 十割蕎麦

自家製の蕎麦を、蕎麦打ち名人の先輩による、蕎麦の会。( 2/19 )

 

蕗の天ぷらに

蕗の天ぷらに

 

ながも の 天ぷら

ながも 銀杏 蕗のとう 天ぷら

 

自然薯 

自然薯

 

いただきま~す

いただきま~す

 

佐渡の蕎麦は、かけ蕎麦でいただくことが多いのですが、

薬味に、自然薯・初物のながも・蕗のとう・辛み大根・柚子などで、

つけ麺方式で楽しみました。

 

地元の野菜を、素朴に、そして手間ひまをかけて調理し、上等の食事に仕上げます。

田舎ならではの美味しい宴でありました。

 

  二十四節気の “ 雨水 ” を過ぎました。

今日は北風が止んで、おだやかな陽ざしです。

 

昨夜は北海道の胆振地方で、また震度6弱の地震が発生したことが報道されています。

昨年に続く地震に、どんなに不安な夜を過ごされたことでしょう。

寒さの厳しい時に、断水も発生しているとか‥。被災された方のご不便を思います。

 

毎年 2 月11 日 「建国記念の日」に、羽茂川の鮎の魚業権を持つ会員が、

黄金色の子持ち鮎の出汁で、蕎麦を楽しむ会が開かれています。

 

黄金色の鮎

黄金色の鮎

朝、九時に会場に集まり、“ 羽茂川・鮎の会 ” の会員みんなで、調理を分担します。

 

今回は、メインの蕎麦。ブリカツ・イノシシ鍋・自然薯・鮎の天ぷらなどがメニューに(^_^)v

 

ブリカツ用に

ブリカツ用 切り身

ブリカツ

ブリカツ

 

鮎の天ぷら

鮎の天ぷら

 

鮎 甘辛煮

鮎 甘辛煮

 

自然薯

自然薯

 

自然薯 擂っています

自然薯 擂っています

 

イノシシのモモ肉

イノシシのモモ肉

 

イノシシ鍋

イノシシ鍋

 

イノシシ 串焼き

イノシシ 串焼き

特別メニューのイノシシは、群馬の友人からのプレゼントとか\(^o^)/

 

赤飯 握って

赤飯 握って

 

黒米入り 赤飯

黒米入り 赤飯

 

セリ 天ぷらに

セリ 天ぷらに

冷たい沢に生えていたセリ。 根っこも美味しいそうです

セリ 天ぷら

セリ 天ぷら

 

南蛮ジャー

南蛮ジャー

辛い南蛮と麹と醤油に漬けたものが ⇒ 一か月程で、辛いオカズという意味の南蛮の醤油麹に。

 

握り寿司

鮎の会の会員が、握ったお寿司 (^O^)  まるでプロのようです (^。^)

 

メニュー表

メニュー表

 

蕎麦

蕎麦

 

蕎麦 タイムを計って

蕎麦 タイムを計って 茹でています

おいしく茹であげるために、火の加減・茹で時間にこだわっています

 

蕎麦 完成

メインの蕎麦 完成

セリの天ぷら 自然薯 葱 をトッピング

 

デザート 酒粕アイス

デザート 酒粕アイス

地酒の酒粕を、デザートのアイスに。

 

栃餅 搗いています

栃餅 搗いています  2/9

栃餅

栃餅     2/9

当日は、栃の餅を焼き、アンコで食べていただきました。

テーブルに配られているのですが、記録の写真は見えていません (>_<)

 

乾杯 いただきま~す

乾杯 いただきま~す

 

鮎を育て、鮎を愛で、鮎が棲む川の自然の力を誇らしく思う人たちが集まって、鮎蕎麦をいただく会。

参加者全員で準備をし、みんなで手作りの料理やお酒を楽しみます。

今年も、たくさんの元気をいただきました。

 

ちなみに、昨年の黄金鮎の会の様子です。

https://sado-biyori.com/blog/kakimochihonpo/sadoinaka/%e9%bb%84%e9%87%91%e9%ae%8e%e3%81%ae%e8%95%8e%e9%ba%a6%e3%81%ae%e4%bc%9a/

 

暦の上での春が過ぎると、しきりと待たれるのが春。

光の輝きが、日毎に眩しくなってきていることを感じます。

 

小さなお雛さま

小さなお雛さま

立春を過ぎると、先ず小さなお雛様を飾って春を待ちます。

 

小さな女の子と、桃の花の一枝が、かわいく、やわらかく、

春はもう直ぐというように、気持ちを引き立ててくれます。

 

「 この冬は本当に雪が少なくて、ありがたいね 」 と言いつつも、

こんな暖冬では‥ 。不安な思いで過ごしている冬でもあります。

虫の害こと‥ 水が不足にならないのだろうか‥。

それなりの寒さも覚悟して暮らす、佐渡。

 

除雪車も積雪に備えて、それぞれの地区に配備されていますが、まだ稼働していないようです。

 

雪の下 大根

雪の下 大根

大根が、雪の下で甘みを増します

 

さざん花 

さざん花

屋根の雪も、この程度

 

金北山

金北山  2/15

佐渡で一番高い山、金北山の雪もいつもより少な目

 

そら豆

そら豆  2/15

畑の雪も、翌日にはほぼ溶けてしまいました。

 

は~やくこい、春よこ~い

 

雪の少ない千葉に住んでいた時、

子供の受験の朝に、大雪となったことがありました。

雪国の人にとっては僅かな雪ですが、関東の交通機関は混乱し遅れが出ました。

 

受験シーズンの度に、慣れない受験会場まで、無事に辿りつけたかな~と思い出します。

新しい世界に飛び出す前の、試練 (>_<)

 

寒さはmaxの今ですが、射しこむ光に気持ちも軽くなります。

 

年寄りも、若者たちも、畑の野菜も、み~んな春を待っています\(^o^)/

 

2 月も半ばを迎え、今年も味噌仕込みの時期が来ました。

毎日おいしい味噌汁がいただけるように、素にして上質な味噌を作ることは、我が家の大切な冬仕事です。

 

まずは、材料の準備。

もちろん、大豆、塩、米麹は、全部佐渡のものを使いたい・・・。

今年は例年より1樽増やして、3 樽を作ることにしました。

麹 サトウイラズ大豆 佐渡の塩

麹 サトウイラズ大豆  佐渡の塩

自然栽培されたサトウイラズの大豆と、ササニシキに麹を付けたもの。

毎年同じ手順です。

 

大豆を一晩 水に浸す

大豆を一晩 水に浸す

味噌仕込みの準備

 

その1・・・・

前日に大豆を洗い、充分に水を含ませておきます。

 

塩 麹 を混ぜ合わせる

塩と麹 を 混ぜ合わせておきます

 

我が家では、30 年前に味噌仕込みを始めてからずうっと、圧力釜を使って、味噌を仕込んでいます。

 

その2・・・圧力釜で大豆を煮る。

蒸気が出たら、10分間煮て、火を止め、10分間蒸らします。

 

豆を煮る

豆を煮る

 

煮豆

煮豆

 

豆をつぶす 

豆をつぶす

 

味噌 団子

味噌の お団子

その3・・・

フードプロセッサーで、細かくします。

大豆が熱いと、麹の働きを妨げるので少し冷ましてから、麹と塩に混ぜ合わせます。

 

その4・・・・

空気を抜きながら、味噌玉を作る。

 

味噌玉の温度が冷めて、落ち着いたところで、味噌玉を樽に投げ入れます。

これも、空気をできるだけ抜くための作業です。

 

投げ入れ 空気を抜く

投げ入れ 空気を抜きます

 

ラップでおおい 蓋をする

ラップでフタをして 空気を遮る

 

その5・・・

味噌が空気に触れないように、しっかりラップをし蓋をします。

 

仕込み 完成 \(^o^)/

仕込み 完成

 

1 樽 10Kg  の味噌が、3 樽出来あがりました。

梅雨明けのころ、一度天地返しをする予定です。

 

さあ、これで、おいしいお味噌になってくれますように。

あとは、麹君にお願いすることにします(^-^)

 

最強の寒さが、北海道~関東エリア~佐渡までおおっています。

 

昨年の寒波では、水道管が凍結して、自衛隊に給水派遣を要請するほどの混乱がありました。

この冬には、そういう事態にならないようにと、防災放送が繰り返されています。

 

どんど焼き始め、初午真言・地域の新年会・農業の豊作への願いを込めたお田植え神事などの

正月行事を滞りなく済ませ、ほぼ一段落したところです。

 

そこで、祝日 ( 建国記念の日 ) には、ゆっくり楽しもうと「 黄金鮎の出汁で蕎麦の会 」が開かれます。

 

その準備として、柿餅本舗には宿題があるのです。

昨年の秋に、先輩からお預かりしていた、<栃の実>で栃餅を作り、参加する事。

殆んどの方々が、アク抜きの段階で挫折してしまい、お餅までたどり着けないと聞く栃餅。

 

縄文時代から食べられているものだそうですが、佐渡ではどういう歴史があるのでしょうか?

やっかいで、手強くて、難しくて、それ故においしいお餅とか。

佐渡では≪田中餅店≫さんが製造して、知られています。

 

関心はあったものの、作るのは初めての体験です。

栃の実  9/19

栃の実  9/19

かわいい栃の実ですが‥手強いのです。

 

栃の実

栃の実

先輩より預かって冷凍保存していた、アク抜きを済ませた栃の実。

アク抜き方法を知るお年寄りが、ほとんどいらっしゃないのだとか。

 

アクが アクが

アクの泡が

カチカチの小石の状態なので、煮ます。

まだまだ、アクだらけ。

アク抜き

アク抜き中

何回も水を替え、アク抜きしていますが、まだまだ硬い ( 三時間 )

かなり きれいに戻りました

アクが抜けた‥ことに

かじってみると、まだ硬く、栃の実独特の渋味と苦みアリ。

刻んで

刻んで

半量を刻んで

蒸し

餅米 栃 餅米 栃

交互に、餅米 栃 餅米 栃 と、蒸しの準備

    粒々の食感も残したいので‥。

 

細かく刻んで

細かく刻んで

半量は、フードプロセッサーで細かく刻んでみました。

 

細かく 刻んで上に

細かく刻んで 餅米の上に

いつもより長めに蒸しました。

 

蒸している途中には、栃の匂いが漂います。

              少し鈍く、重く感じる、クセのある匂いです。

 

市販の栃餅とは、イメージが異なりますが、

         やっと、栃餅に搗きあがりました。

のし餅に

のし餅に

 

栗のようですが、栗とは全く違うベツモノでした。

栃の実は、どこにでも有るものではなく、佐渡では貴重な木の実。

 

田中餅店さんの<栃餅>は、

やっぱりコツと技術が要る、特別なお餅と言えます。

 

今のうちに栃のアク抜き法、餅の搗き方の伝承をしておかないと‥。

私どもが作る<柿餅>同様に、栃餅もスタレテしまうのでは?

「あの家のお婆さんが居なくなったら、作れる人がいなくなってしまった」では、惜しいこと(>_<)

 

肝心の要であるアク抜きの部分を、先輩が済ましてくれていますので、

栃餅を自分で搗いたとは言い切れないですのですが、貴重な体験をさせていただきました。

 

お餅を完成するまで不安でしたが、何とかこぎ着けられてホッとしています。

蕎麦の会で、みなさんと食べるのを楽しみに、切り餅にして持参します。

 

栃の実について

http://daifukujyou.com/user_data/tochitoha.php

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!