今日も、さわやかな五月晴れ。

田んぼの稲も根を張り、風にそよいでいます。 

広い田んぼをおおう水が光って、黄みどりの苗を守り育てている風景に豊かさを感じます。

 

畑にプチトマト、茄子、きゅうり、各3本とバジルを植えました。

風もなくおだやかな今日こそはと、やっと念願の作業を終了しました。

砂地の畑ですので耕すのには、力はなくても楽なのですが

これから毎日の水やりが、欠かせません。 これが大仕事 (>_<)

添え木の準備もしてないので、数日中には終了したいのですが‥。 

でも、とにかく一段落です。

 

夕方からは持ち寄りで、飲み会の予定があり‥‥何を作ろうか。 

いつも迷います。 

私のレパートリーは、あれとこれと‥くらいしか思いつかないので‥(>_<)

 

さどごはん 

さどごはん

 

小さいけれど柔らかくて、イカ飯にちょうどいいサイズです。

今の時期のするめイカを、麦イカと呼びます。( 麦の収穫時期の、美味しいイカの意 )

 

佐渡市が、季節ごと、地域ごとの作り方や味付けをまとめた、郷土料理の本。

“ さどごはん ” のレシピを参考に作ってみました。

 

イカ飯

イカ飯

 

甘さを控えめにし、お酒を入れたり、醤油の加減を味見しながら‥完成 \(^o^)/

 

漬けもの 各種

漬けもの

大根の甘酢漬け きんぴらゴボウ キャラブキ 水菜の煮物

 

新生姜の梅酢漬け ウドの味噌漬け 水菜

新生姜の梅酢漬け

 

いざ 乾杯

いざ 乾杯

 

主婦が五~六人集まれば、そこそこ豪華な飲み屋さん並みの料理が揃います。

楽しくお話に参加すれば、それだけでも OK のゆる~い集まり。

今夜もお客様をお迎えして、みんなで祝杯を重ねました。

 

お客さまを囲んで

お客さまを囲んで

 

準備も片づけも、少しずつ参加して

今夜も、気楽な飲み会でした (^。^)y-.。o○

 

五月の青空が続いています。

気温も程よく上がり、湿気もなくて爽やかな朝 \(^o^)/

 

山の道で、珍らしい花に出合えたので一枚。 カシャ。

 

栃の花

栃の花

 

近くの神社の境内に咲いた、栃の花。

 

007

 

今まで、花を見上げたことがありませんでしたが

このような、モフモフの△の大きな形をしていたのかぁ。

 

藤

山のモミジに絡みつき、全体を覆ってしまった山藤。

近くの杉の木にも、ケヤキにも‥。

 

風に薄紫の高貴な色の房が揺れて、たおやかな藤の花の風情ですが

木に強く巻きつき、ジャングル化している様子は‥心配です。

 

山の藤

山の藤

 

鑑賞用の藤棚と違って、奔放に増殖する様に、自然の厳しさと恐さを感じる時です。

 

田植えの頃に咲く

田植えの頃に咲くタニウツギ

 

田植えの頃に咲くタニウツギ ( 谷空木 ) も、山で繁殖中。

かわいい花の色で、好き (^_^)v

 

ホウの花

ホウの花

 

高貴な姿と香り、春の山の女王さま。

春の山道ドライブならではの楽しみがあります。

 

“ 佐渡で醤油を作る会 ” に参加させていただきました。

 

醤油つくりの会 GHS & パーマカルチャー in 佐渡の活動が始まりました。  

5~6人のグループに分かれて作っています。

手づくりの醤油で家庭の味を育て、日常を豊かに幸わせにしたいもの。

 

出麹

出麹

 

今回は初めてなので、長野県の麹屋さんにより出麹されたものを準備しました。

原料は丸大豆と小麦とにがりを含んだ塩と水と麹菌。

下記の分量で仕込みました。

 

小麦   1 斗

大豆   1 斗

 塩    1 斗   = 12 Kg ( 佐渡の塩 12ー1= 11 Kg )

 水    2 斗    = 36 Kg ( 海洋深層水  塩 1 kgを含む )

 

地元で生産された原料で、醤油を佐渡産で作れることはうれしい \(^o^)/

 

塩 と 合わせる

塩 と 合わせる

 

大きな樽へ 水を加えながら仕込む

大きな樽へ 水を加えながら仕込む

 

醤油へ 仕込み終了

醤油へ 仕込み終了

 

陽あたりと風通しのいい場所に置く

陽あたりと風通しのいい場所に置く

 

おもに麦はでんぷん、大豆はたんぱく質。

たんぱく質がアミノ酸に変化してゆくのを、一年かけて待ちます。

 

                                  仕込みの翌日に、天地返し     4/26

     三日毎に、天地返しを三度     4/29  5/2  5/6

一週間後に一度     5/13

一か月後に一度     6/13

以後は月に一度、櫂入れし、攪拌を行う予定。

 

天地返し

天地返し

 

二回目 

二回目 

 

三回目

三回目

 

天地返しする毎に、緑色っぽかった大豆が醤油の色に近く変化してきています。

大豆や小麦の塩との馴染み具合を、その都度、味わって確かめて (^u^)

 

子育て世代の若い仲間が多く参加していて、自前の醤油の完成を見守っています。

 

醤油 味比べ

醤油 味比べ

 

今、自宅で使っている醤油を持ち寄って、味比べをしてみました。

 

それぞれが、持ち寄った醤油は

奥出雲産、小豆島産、長野産、佐渡産。

原料や作られた気候などによって、それぞれに違った味に・・・。

 

これからの醤油作りの、色や味・香りの熟成してゆく過程が楽しみです。

 

今日も、晴れ。

傷んでいた、玄関屋根の雨といを修理してもらいました。

僅かな工事なので、時間の空いた時でいいですから‥とお願いしていたもの。

古い家に住むとチョコチョコと手入れが要りますが、修理が済みホッと一息したところ。

 

畑の隅に、前の住人のおばあちゃんが植え、楽しんでいた花が幾つか残されています。

 

芍薬

 芍薬

 

つつじ

つつじ

 

ハマナス

ハマナス

 

ハマナス

ハマナス

 

シラン

 シラン

 

おばあちゃんは、この色がとても好きだったようです。

玄関の庭にはやはりピンクの、さざんか ・ ハナズオウ・さつきの木が植えられています。

 

これからは、私もすこしずつ花を増やしていこうかな (^。^)y-.。o○

 

カモミール

カモミール

 

ローズマリー

ローズマリー

 

とりあえずは世話要らずのハーブ、ローズマリーとカモミールから。

 

朝の雨は少し残っていましたが、風は弱く今日は田植え日和 (^_^)v

農家の春のイベント、田植えの手伝いに行って来ました。

 

ハウスの苗

ハウスの苗

多少のムラは有りますが、まずまずきれいに揃っているようで (^_^)v

 

田植え

田植え

 

田植え機に苗の補給をするまで、応援隊はのどかに見学中。

 

山は 新緑

山は 新緑

 

充分な耕地整備がされていないので、田んぼは弓なりの形。

作業は少しばかり難しいですが美味しい米が取れるので、

代々の者が大切にしてきた田んぼです。

家族が安心して食べられるお米を作れるのは、農家だからのこと。

甥っ子もパパになってから、積極的に農作業を手伝うようになってきたようです。

 

お父さん達 頑張る

お父さん達 頑張る

 

本音を言えば、腰も腕も少々ツライ頃。

でも‥大切な作業なので‥、みんな頑張りました。

 

よもぎ餅 と きな粉

よもぎ餅 と きな粉

 

ご褒美の休憩に、よもぎ餅ときな粉。

 

午後はおだやかな陽ざしの中で、作業が進み、

稲作農家の大切な田植えが、無事に終了。

 

どうか、本年も天気に恵まれて

よい作柄となりますようにと、願いを込めての手伝いの一日となりました (*^_^*)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!