佐渡の名産であるおけさ柿に、手を加え、趣向を凝らして何か新しい製品を作れないか‥

いつも考えて暮らしています。

今日は柿製品の話し合があり、会場に早めに到着したので、近くの小さな公園を散歩しました。

すると、昭和の時代の懐かしい名残を見つけました。

相撲の土俵 と 観覧席

相撲の土俵 と 観覧席

昭和の頃には盛んだった、相撲の地方巡業。

人気の高かった横綱の大鵬・柏戸時代に、この土俵で佐渡場所が開かれ、大変な賑わいだったことがあったのだとか。

関取り達は、近くの名家に分かれて宿泊し、大層なもてなしを受け、歓迎されたそうです。

丸い土俵と、その回りをぐるりと取り囲むすり鉢状の観覧席が、形をそのまま残して公園にありました。

そう言えば、小学校の校庭の片隅にも、近くの神社の境内にも土俵があったなぁ。

お祭りの日には、力自慢の青年や子供たちが、熱戦を繰り広げていたなぁ‥。

民俗学的には、相撲は農業生産の吉兆を占う=神事だったそうですが、使われなくなって久しい公園の土俵に、昭和の時代の光景が思い出されました。

柿餅を作っている大崎に近づくと、ワイワイ・がやがや何やら賑やかでした。

ほぼ満開 法乗坊の種蒔き桜

ほぼ満開 法乗坊の種蒔き桜

羽茂保育園の子供たちが、法乗坊の桜を見に、散歩にきていました。

木の肌に触っている子、のけぞるように枝を見上げる子、根っこの周りをスキップの子。

大きな桜の樹の確かめ方はいろいろ。明るい声がいっぱい溢れていました。

羽茂の宝 バスに乗って

羽茂の宝 バスに乗って

加工所のある “ ちょぼくり ” にも、桜を見に来られたお客様が何組も立ち寄ってくださいました。

ほぼ満開の、法乗坊の桜のきれいな日に来れてよかった ~。花の色がいいわね ~ 。

おいしいお蕎麦も食べられて、今日は幸せ ~。 満足度 はなマル。

今月いっぱいは綺麗に咲いているのではないでしょうか。 見ごろはまだまだ続くようです。

外で、ず~っと過ごしていたいような、暖かい一日でした。

法乗坊の種蒔き桜が、日ごとに花を開き、樹の枝ぶりそのままの形でやわらかい桜色に。

法乗坊の種蒔き桜 7分咲き 見ごろです

法乗坊の種蒔き桜 7分咲き 見ごろです

庵の縁側から 見上げて

庵の縁側から 見上げて

穏やかな夜の桜は、包み込まれるような優しさと幻想的な美しさにあふれています。

花の下に佇むと、傍を流れる川の音と蛙の鳴き声。音がある方が却って、静けさを感じました。

近くに寄ると説明書きがあり、樹齢は250~300年。

開花の時期は農作業の目安とされてきたそうです。

今日は、花めぐりをしてきました。

八幡さまの境内を散歩

八幡さまの境内を散歩

真野公園

近くの 真野公園

手前の田んぼは耕され、水が張られていました。春らしく、生き生き活動を始めました。

佐渡の昨日のトップニュースは、放鳥された朱鷺に2世が誕生したことを確認したことでした。

自然界では36年ぶりのこと。

野生復帰の為に長く取り組んでこられた方たちの、努力が実りました。

“ ニッポニア ニッポン” の名をもつ朱鷺が、穏やかに佐渡の自然の中で暮らしていけるように‥・と、佐渡市民のひとりとして願っています。

佐渡では、朱鷺の住める環境を保つために、減農薬・化学肥料を控えた農業を続けています。

その結果、あちこちの田んぼに 「 あっ、朱鷺 」 。よ~く見ると 白いサギ‥なんてことが度々。

田んぼや水路には、どじょうがたくさん。カエルもそろそろ動き始める頃となりました。

昨日は、加工所に通う国道脇の田んぼで、こんなカップルを見かけましたよ ‥

キジのカップル

キジ の つがい

我が家に遊びに来てくれる、アイドル猫。 名前はチー君。 目元涼しいハンサム君です。

佐渡大好き お隣のチー君 

雨の後 畑を散歩中

今日は、羽茂・渡津神社のお祭り。

鳥居の入り口にノボリを立てて祭りを祝っていました。

渡津神社まつり

渡津神社まつり 

午後には流鏑馬(やぶさめ)の神事が行われる予定です。

やぶさめ神事 準備中

やぶさめ神事 準備中

流鏑馬の射手は子供のため、ポニーで行われます。

のどかに、おごそかに祭りを祝います。

朝はすずめの鳴き声に起こされ、鶯のさえずり合戦を聞き、猫と遊ぶ。

畑のジャガイモは、だんご虫と半分こ。みんなが幸せに生きてゆけますように・・・・。

春の陽ざしが日ごとに明るさを増してきています。

農家にとって田起こしや畔塗りなどに忙しい季節、田んぼや畑に働く人の姿が見られます。

春の木々も花を咲かせはじめました。

濃いピンク あんず

あんず

こぶし 椿

こぶし 椿

やぶ椿

やぶ椿

法乗坊の桜 一分咲き

法乗坊の桜 一分咲き

清楚な野の花、いろいろ。

わさび

わさび

名前 ?

名前 ?

名前 ??

名前 ??

ふきのとう

ふきのとう

農作業の合い間に、今年はどこの桜を観に出かけようかと話し合っています。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!