寒波が通り過ぎ、おだやかな大晦日となってきました。

日めくりカレンダーも、いよいよ今日の一枚のみ。

「 ローマは一日にして成らず 」 の言葉が‥、然り、然り。

 

 

先日、柿餅本舗の干し柿を作って下さっている農家を訪ねてきました。

干し柿 納屋

干し柿 納屋

きれいな乾き具合です。

おいしい干し柿の完成まで、もう少し\(^o^)/

 

扇風機で 

扇風機で

お訪ねした日は、雨が降っていましたので、窓が開けられず扇風機が活躍中でした。

 

干し場 納屋

干し場 納屋

おけさ柿を、干し柿に加工される農家さんが年ごとに減っているそうです。

 

辛味大根

辛味大根

お土産にいただいた、緑色の辛み大根。

快い辛さ

快い辛さ

さわやかグリーンの大根おろし。

蕎麦の薬味に添えたり、焼き魚にも。辛みがアクセントとして魅力。

 

先輩にいただいた、梅酢漬け。

梅酢漬け

梅酢漬け

 

小梅のカリカリ漬け・茗荷・ハチク筍・真竹・生姜・紫蘇の葉を、梅酢に漬け込みます。

収穫の時期に、少しずつズレがありますので、それぞれの時に保存したもの。

刻んで、ご飯のお供にいただくと、絶品なのです。

 

私も、真似をして、なんとか漬けてみたのですが、

タケノコと茗荷が難しくて、まだまだ、うまくできません(>_<)

時期を逃さない仕込みが肝心。

来年こそは、再チャレンジし、自分の味としてモノにしたい漬けものです。

 

神楽南蛮の醤油漬け

神楽南蛮の紫蘇の実醤油漬け

 

白菜漬け

白菜漬け

定番の白菜

 

酒粕漬け

酒粕漬け

まだ、浅漬け状態ですが、酒粕の香りと歯応えがイイ(^u^)

 

たくわん漬け

たくわん漬け

 

普通の素材を、ちょっと手をかけて、時間の助けを借りた常備菜。

素朴で、飽きのこない、たいせつな食卓の脇役ばかりです。

 

 

今年は、平凡な暮らしの積み重ねの毎日でした。

過ぎてみると、大病もなく、心おだやかに暮らせたことは幸せなことだったと、

改めて思う、大晦日の夜です(^_^)v

 

一日いちにちを、素朴でおいしい食事をいただき、

大きな迷いもなく過ごせました。

小さな幸せを、上手に見つけられるようになったみたいです(^。^)

 

柿餅の仕事を持てたことで、いろいろな喜びや楽しい人達と出会う機会をいただきました。

 

新しい年も、生きていることの喜びを感じながら、

その日その日を、大切に過ごしていきたいと思います。

 

冬の嵐が到来し、うっすらと雪が積もり、強い風が音をたてて吹き過ぎていきます。

強風・波浪警報が出されています。

 

今日は、お勤めの方々は年末の御用納め。

お仕事たいへんでしたね、お疲れさまでした。

ゆっくりと、正月を家族と過ごしてくださいね。

 

我が家では、鏡餅と正月用の餅を搗き

縁起ものの注連縄を、買い求めてきました。

 

ふるさと納税の返礼品として、ご注文を下さった方へ向けて

ふるさと納税 返礼品です

ふるさと納税 返礼品です

年内にお客さまにお届け出来るよう、発送の準備をしました。

佐渡汽船も、無事に出航するようです。

 

鏡餅

鏡餅

小さな鏡餅ですが、お祝いの気持ちを込めて

 

下げ紙

鏡餅 下げ紙

鏡餅の下げ紙を見つけました。柿餅本舗にぴったり(^-^)

 

金の生る木 玄関に退避

金のなる木 玄関に退避

寒波が来た~ (>_<)

 

うっすら 白く雪

うっすら 白く雪

柿餅本舗は、明日、千葉のお客様へ商品を発送して、

今年のぜ~んぶの業務を、仕事納めとする予定です \(^o^)/

 

ちらちら雪が降ったり、パラパラと音をたててアラレが降ったり。

クリスマスイブは、寒くなりました。

 

今朝、息子からの電話で、新年の集まりに佐渡の銘酒で祝いたいので、

あのお酒と、このお酒を、送って貰えまいか‥とのリクエスト有り。

 

先ず、金鶴さんへ

金鶴さん

金鶴さん

 

銘酒 いろいろ

銘酒 いろいろ

 

地元の釜元 赤水の壺も

地元の釜元の壺も

素敵なたたずまいの、お店です。

 

次は、真野の真稜さんへ

真野 真稜さん

真野 真稜さん

 

ラベルの銘

ラベルの銘

こちらも、おいしいと人気の銘酒。

 

真稜 至 山廃純米吟醸酒

真稜 至 山廃純米大吟醸酒

 

真稜 純米大吟醸

真稜 純米大吟醸

新酒の仕込み時ですので、蔵元ならではのいい香りがしています。

 

 

次も真野 真野鶴さんへ

真野鶴さん

真野鶴さん

酒蔵見学ができ、試飲もできて観光客で賑わう蔵元さん。

海外への販売や発信に、熱心に取り組まれている酒蔵。

 

廃校となった旧西三川小学校に、醸造の施設を造った真野鶴さん。

「学校蔵」で、お酒を醸造しています。

酒造りを学ぶための、一週間の体験入学も実施しています。

ファンの拡大に、いろいろな工夫と活動をされています(^-^)

 

真野鶴 人気のお酒

タヌキさんの横には 人気のお酒が並んで

 

蔵元の 酒粕 

各蔵元の 酒粕

三つの蔵元さんの、酒粕が揃いました。

 

金鶴さんの酒粕には、保存の仕方や、レシピも添えられてます。

酒粕のレシピ紹介 金鶴さん

酒粕のレシピ紹介

 

こちらは、酒米に麹をつけたもの。

酒米に 麹

酒米の 麹

 

金鶴さんの麹で、甘酒を作ってみたことがあります(^u^)

麹が甘さと上品な旨みを醸して、滋養豊かですっきりとした美味しさ。

レシピが付いていますので、初めてでも簡単においしく作れます。

 

何回も作ってみて、更にファンになりました。

 

銘酒 が 揃いました

銘酒 が 揃いました

仲間が集まれば地元のお酒で、先ず、乾杯。

その時ごとに親しみをもって地酒が選ばれ、飲まれているようです。

 

「 佐渡のお酒を、飲み比べてみたい‥。佐渡の酒の紹介もしたい。」

素朴で贅沢な依頼があってこそ、

蔵元巡りをする、今日はいい機会となりました(^-^)

 

地元の人たちは、

金鶴の風和が好き、真稜の山廃仕込みが好き、真野鶴の大吟醸が好き‥派はそれぞれあれど、

蔵元の個性や、醸造の仕方、仕込み水のことなど、

すぐ側で見ていて、知っていて、愛されているお酒ばかりです。

 

30分もあれば、ぐるっと蔵元巡りができるなんて(^O^)

こんなに身近なところで、地元のお酒が買える幸せを改めて気づきました。

佐渡で育んだ酒米と、仕込み水の良さに恵まれた銘酒。

 

代々続く酒蔵を訪れてみて、蔵元の懐の深さ、歴史の豊かな重み・柔軟さを感じました。

ゆっくり静かに、なごやかに賑やかに、お酒はいつもその中心にあります。

時には孤独をなぐさめ、友人と杯を重ねれば更に楽しく、

新しい出合いの時には、やさしい掛け橋となってくれるお酒。

 

うらやましい魔法の水、旨い水を作る現場では、

職人さん達がきびきびと立ち働き、活気が伝わってきました。

 

さっそく、黒ネコさんへ持ち込みましたよ。

明日には、届くはず (^。^)y-.。o○

 

ど~ぞ、楽しんで下さいね。

 

冬至と言うのに、今日の佐渡ははおだやかな日でした。

 

10月に、金井の能楽堂でコンサートを開いた、

田村優子さんが、再び佐渡へ来てくれました(^_^)v

 

優子さん ミニLIVE

優子さん ミニLIVE

佐渡・相川で育った田村さん。

地元のお店で、特別な演奏会を開いてくれました(^_^)v

 

佐渡おけさ から

佐渡おけさ から

篠笛の佐渡おけさ

哀調をおびて、強く、やさしい響き。

つつみ込まれるような、低く、静かにゆらぐ音色。

 

篠笛 二重奏

篠笛 デュエット

篠笛奏者・狩野泰一さんの兄妹弟子である、藤井さんと二重奏(^u^)

 

楽しかったね

楽しかったね

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

翌日は、所を変えて、八幡町の優游亭で。

 

演目をさらに広げて、演奏会を開いてくれました。

しっとりと 雪割草 から

しっとりと 雪割草 から

師匠である狩野泰一さんの篠笛演奏で知られる、雪割草。

 

優子さんの 佐渡蛍

優子さん自身の曲 佐渡蛍

その他 童謡・唱歌 をメドレーで。

 

砂山‥ 海は荒海 向こうは佐渡よ~ かもめ鳴け鳴け もう日は暮れた~

ウサギ追いし かの山~小鮒釣りし かの川~‥ふるさと

夕焼け小焼けの‥赤とんぼ などなど。

圧巻は、演歌‥ 天城越え~ ドラマチックに歌い上げて \(^o^)/ クレッシェンド ⇗ ⇗

 

天城越え 熱唱中です

天城越え 熱唱中です

レパートリー豊富で、みなさんを楽しませてくださいました(^v^)

 

ようこそ \(^o^)/

ようこそ \(^o^)/

ミニLIVEの後は

歓迎の昼食を一緒に囲んで、幻の酒「上弦の月」も加わり、

ゆっくりおしゃべりをして・・・。

 

ありがとう

ありがとう 優子さん

西日が傾く頃、いよいよ今日は、お別れ。

笑顔、笑顔。たくさんの笑顔が広がったミニライブでした。

 

夜半から、嵐の一日。

降ったり止んだり、雷の後には陽ざしがさしたり。

 

時間が空いたらジャムにしようと、西三川のくだもの直売所で買って置いたグラニースミスと花梨。

 

ジャム

ジャム

青りんごの、グラニースミス

 

煮詰めて

煮詰めて

ジャムには紅玉が人気ですが、このグラニースミスも程よい酸味と食感のある青い林檎。

アップルパイの中身用に(^-^)

以前に作ったジャムは水分が多く、パイの台が軟らかくなってしまったので、

今回は煮詰めました。

見た目はすっかりつぶれてしまいましたが、味はイイ具合に出来あがりました。

 

アップルパイ

アップルパイ

さっそく、焼いてみました(^。^)

 

続いて、花梨ジャム。

 

花梨

花梨

皮が黄色くなり、皮の表面もヌルヌル、ベトベトになりました。

丁度いい追熟ぐあい。

 

種も入れて実を煮る

種も入れて実を煮る

花梨の香り、匂い、が台所中に充満

 

ザルに鍋の中身を入れ、ゆっくり煮汁の落ちるのを待ちました。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、砂糖を加え汁をゆっくり煮詰めます。

 

ルビーのような

ワインレッドのような ルビーのような

煮詰めて、煮詰めて。

のど飴のように、今回は濃いめの仕上がりにしました。

咳止めや喘息などに、効き目があると知られている花梨ジャム。

 

昨年は、ギューと布で絞ってから煮詰めましので、少し渋味が強めでした。

喉の効き目成分はこちらの方が多いかも‥、なんて。

素人は思うのですが、本当のところはどちらなのでしょうかね(^u^)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!