雨ふりの朝、いよいよ晩秋。

農家では、冬支度の作業を次々とこなしています。

畑には玉葱を植え、ハサ木には大豆や刈り取った蕎麦を干す光景が見られます。

 

大豆

大豆

家庭の味の味噌を作り、豆腐、煮豆を作る大事な素材です。

 

蕎麦

蕎麦

新蕎麦を食べられるのはもうすぐ。

 

友達の家に顔を出したら、どうぞといただいたのがコレ (^O^)

柚子 花梨 銀杏

柚子 花梨 銀杏

季節の木の実を楽しめるのは、今だからこそ。  

銀杏を拾って、洗って、干して‥焼くとヒスイ色。

手間をかけたご馳走です\(^o^)/

花梨のジャムはワインレッドで綺麗だし、柚子の豊かな香りのジャムを作るのも楽しみ。

 

花梨ジャム

花梨ジャム

 

また、夜が忙しくなってきました。

 

朝には冷えを感じるようになっって、動き出すまでに少し気合いが要るようになりました。

 

羽茂のおけさ柿の収穫が、大詰めを迎えています。

青空の下で、コンテナにはきれいな柿の実がいっぱい。 作業も楽しげです。

 

おけさ柿の集荷

おけさ柿の集荷

撰果作業 第一次

撰果作業 第一次

充実の色 おけさ柿

充実の色 おけさ柿

柿の色

柿の色

青空 飛行機雲

青空 飛行機雲

 

いつものように、手で柿を並べて詰め、アルコールで渋抜きしました。

脱渋には11日くらい時間がかかりますので、友達や子供達にはもう少し経ったら発送する予定です (^。^)

 

箱に並べて 

箱に並べて 

アルコールで脱渋中

アルコールで脱渋中

 

今年のは、例年に比べて、1週間ほど早めに収穫が進んでいるようです。

今年も、おいしいおけさ柿をお届しますね \(^o^)/

 

おだやかな秋の一日。

金北山が全体に色づいて、きれいに見えます。 季節の変わり目、風が乾いてきました。

 

端。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

お天気のいい日を見計らって、二ヵ月ごとに佐渡の北側にある診療所まで通っています。

田んぼの景色や海の色に変化があって、ドライブの距離は長めですが楽しいのです。

 

戸中 ( とちゅう )の集落

戸中 ( とちゅう )の集落

 

ベテラン看護師さんに笑顔で診察室へ案内されると、白衣ではなくラフな私服の先生が (^。^)

 

「何か、変わったことはありますか?」

先生の一瞥はちょっときびしくて緊張しますが、丁寧な問診が始まります。

 

患者は、不安なコトのあれこれを聞いてもらいます。

先生は視線を合わせながら、じっくり脈をとり、舌を診て、血圧を計り、お腹に手を当て触診。

今日の状態と、前回とを見比べながらの診察。

 

以前、佐渡市の健康診断を申し込んでいたのですが、都合がつかず受けられない年がありました。そこで、友人達が勧めてくれた診療所で血液検査だけでも受けておこうと、初めて受診したのが数年前。 

 

移住してからの私たちは、佐渡のコシヒカリが美味しかったことと、多少のストレスから体重が 7 Kg も増えてしまったのです(*^_^*)

後日、検査結果を聞きに行くと、「 あなた、ここに来て体重計に乗ってごらんなさい。」

「 糖尿病の管理数値の一歩手前です。 お薬を飲むのはいやでしょう? 今から、きちんと体重管理をしましょう。体重を減らすだけでも血圧や糖尿の数値が改善しますよ。」 

先生の指導は、「 食事の炭水化物を減らせば、体重は自然に減っていきます。」 でした。

 

以来、夫婦ともに夕食には炭水化物の ( ご飯・麺類・パン・かぼちゃ・じゃが芋など ) を

控えるよう心掛けました。

順調だったり、時には戻りつつも体重は少しずつ ? ダウンしてきました。

血液検査で状態をみながら、二年近く経ちますが、薬を処方されることなく過ごしています。

 

私も、数値が少しずつ変わっていくのを励みに、体重の管理をしてきました。

予防医学の考え方の先生に指導を受けられて、本当によかったと感謝しています。

 

いつでもお茶が用意されて 季節の花が活けてあります

いつでもお茶が用意されて 季節の花が活けてあります

 

体調が悪くなって、自覚症状が出てから病院へ行けば

血圧の薬を処方され、糖尿の薬を処方され、肝臓、腎臓の機能が‥‥

投薬されることになっていたかも‥‥。

まだ安心できる数値というわけではないので、ダイエットは続けていかなければなりませんが

心がけと慣れで、今では無理なく苦もなく、 のリズムとなっています。

 

待合室のお年寄りは、「 ウチの先生はどうも名医らしいねぇ(^u^) 遠くから次々と診てもらいに来られるもの。」 と、笑顔で自慢気。

 

窓口の受け付け、看護師さん、薬剤師さんがさり気ないチームワークをみせて

静かでスムースなのです (^。^)y-.。o○

 

患者さん達が持ち寄った 庭の花 好意の詰め合わせ

患者さん達が持ち寄った 庭の花 好意の詰め合わせ

 

何かの大病にでもなったら、入院設備のない診療所では治療できないことも起きて

佐渡病院へ通うことになるのでしょうが

先生の指導と、自分の心がけで暮らせる間は、健康を自主管理していきたい。

 

別の患者さんは、 「 うちの先生は、たばこを吸う輩と太った輩にはとっても厳しいのよね。」

「 いつでも診てもらえて、家で死んでいけるのは嬉しいなぁ 。」 と、お年寄りが明るく話します。

 

そんな言葉が自然と出るのは、安心してその地域に暮らせて、

自分のことをよく知っている

家庭医が側にいてくれるからこそ\(^o^)/

 

清潔な待合室は、畳とソファーが置かれ、足や腰の弱い人に親切。

自由にお茶が飲めるよう用意してあり、空気清浄器が稼働  (^_^)/

壁には絵画、写真、ちぎり絵などの作品展、子供たち用の絵本も充実。

 

健康への参考書

健康への参考書 

 

待ち合い室にも診察室にもお手洗いにも、やさしい色合いの花が活けられて。

最寄りのバスの時刻表が、大きく書かれています。

 

言葉は穏やかですが、指導はキメ細やかで優しく、厳しい

高千診療所の徳永先生です。

 

今年も、ピカピカの新米コシヒカリの季節。 

炭水化物と糖分。美味しいものを、美味しく食べると体重が‥‥。 

食欲をそそるものばかり、あぁ、やっぱり悩ましいこと (>_<)

 

今日もさわやかで、過ごしやすい秋の日。

ご近所の稲の刈り入れも、あと少しを残すだけになってきました。

9月になってから降り続いた雨で、田んぼがぬかるみコンバインが沈み、手刈り作業しているところがあちこちに見かけられます。

収穫のゴールを喜ぶ前に、自然を相手にするご苦労があと少し残っています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

シルバーウィークには、友人夫婦が遊びに来てくれました。

仕事で現役の頃、一緒に働いたお仲間です。

 

奥さんにとっては初めての佐渡ですので、少しの観光案内と、ゆっくりとお話もしたい。

狭くなってしまいますが、一台の車で移動することにしました。

‥佐渡観光では、長い移動時間も貴重なのです。

 

両津から道なりに、先ずは、朱鷺の森公園に。

朱鷺まで 2 センチまでの距離で観察できる窓に近寄って待っていると、

3 羽が餌を辿って次々と目の前に来てくれました。

 

ご主人は 2 回目の佐渡。 

翌日には、ドライブする時間をとってあるとのことですので

今の時間を大切にして、ゆっくりお話することにしました。

 

早めの昼食を、若い夫婦が手打ち蕎麦でもてなしてくれる人気の店でとり

お互いの近況を話しながら、地酒でまず一獻。

 

ちょうど小木で公演中の < 鼓童 > へご案内。 

ドン・ドンと、太鼓の音が体の正面から迫ってきます。

素朴で力強く、沸き立ってくる祭りのリズム\(^o^)/

 

古い公会堂で

古い公会堂で

組んである足場は耐震工事の為、来春までには終了予定とか。

 

ステージの後 送り太鼓

ステージの後 送り太鼓

鼓童の研修生

鼓童の研修生

 

おだやかな海に沿ってドライブしながら、

働くことの厳しさや楽しさなどの思い出話が尽きませんでした (^。^)

 

シルエットのお二人

シルエットのお二人

 

日没

日没

“ しまふうみ ” のテラスにて

 

居合わせたお客様と共に、真野湾に沈む茜色の夕日を静かに見つめました。

刻々と変わってゆく夕焼けの色。

こんな時間の過ごし方も、佐渡では有りですね (^_-)-☆

 

同じ職場で思いを同じくして働いてきた仲間。わざわざ、遠くまで会いに来てくれてありがとう。

朋との時間は半日だけでしたが、

久しぶりに逢えたこと、そして、お互いの家族のこと、元気な暮らしのことなど。

よう来てくれて、ほんとにありがとう\(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!