地蔵盆とは、8月23日に近所のお地蔵さまのお堂に籠もって真言を唱え、

翌日24日にはお坊さんにお経を唱えてもらう行事・・・とか。

 

お隣さんに誘われて、初めて参加しました。

八幡中町 お地蔵さま

八幡中町 お地蔵さま

 

夜の7時にお堂に集まり、真言を唱えます。

この夜には17人がお堂に集まって、チンチンと鉦(かね)を叩き、

トントンと太鼓を打ちながら、真言を唱えました。

 

お馴染みの赤いよだれかけを首に巻いたお地蔵さまは、本来は子供の守り神だそうです。

地蔵盆は宗派を問わず、どこの家でも参加できることで続いてきました。

 

弘法大師(後の空海)の広めた真言は、お葬式の時にも唱えられるので

真言の意味が‥まだ‥よくわからないのですが‥‥。

 

御詠歌集

御詠歌集

母が使っていた御詠歌集を、実家から借りてきました。

 

すると、御詠歌集に挟まれて

 

 

母の手書きの文字が、出てきました (^_^)v

 

その他にも

 

 

 

「地蔵真言」という本をお持ちの方もいて、

この色々な真言が、どういう時に唱えられるのか、さっぱり区別がつきません。

 

大先輩のみなさんは、毎月二十日にお堂に集まり地蔵真言を続けてきましたが、

高齢化が進んだこと‥、若い世代は勤めがあって参加できないこと‥などで、

継続が難しくなっていました。

 

そこで、昨年に、八幡町中町地区の総会が開かれ

初春 お盆 春の彼岸 秋の彼岸

年に四回は、お地蔵さまに集まることに変更されました。

止めるのではなく、回数を減らすことで、少しでも永く行事を継承して行こうとしています。

 

 

佐渡では、お地蔵さま、道祖神などが道の側に多く見受けられます。

お堂に集まりチンチンと鉦を叩くのは、お婆さんの役目と思っていましたが、

その順番が自分に回ってきた‥その歳になったってことらしいです。

 

台風20号が接近中です。

 

佐渡はフェーン現象で、37.8℃と大変な蒸し暑さで、県内では最高温度が、40.8℃ になった所もありました。

気象庁が臨時に会見を開き、台風コースに沿った地域では、今から避難の準備と警戒を呼びかけています。

 

ゲリラ豪雨・高潮注意・台風接近のために臨時休業としたお店も出て、

交通機関もダイヤの変更が予想されています。

不安な言葉が次々と伝えられていますが、そのくらい、大雨、強風など防災の準備が必要な台風が接近中のようです。

災害が少しで済みますように‥。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

今日は、稲穂が色づき始めた田んぼを見に、あちこち訪ねてきました。

 

岩首の棚田

岩首の棚田より

遠くに出航したばかりの船が見えます。 想像以上に早く進むものですね。

 

棚田 中段より

棚田 中段より

田んぼの畦と稲の色がきれいに重なって見えます。

 

昇龍棚田を見上げて

昇龍棚田を見上げて

 

昇龍棚田と呼ばれる棚田を、逆光の中でパチリ。

棚田は美しいですが、収穫までの手間と根気が要る管理を想像していただける風景。

 

棚田の入り口 幟がお出迎え

棚田の入り口 幟がお出迎え

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

朱鷺の田んぼアート

朱鷺の田んぼアート

 

二回目を迎えた田んぼアート、朱鷺の姿がくっきり。

 

朱鷺が放鳥されて 10年目

朱鷺が放鳥されて 10年目

 

春先に子供たちと田植えをした、田んぼアート。

まもなく黄金色となって、1ヶ月後にはいよいよ稲刈り、収穫が始まります。

佐渡は、豊かだなあ、と感じる風景です。

 

このところ、仕事で相川へ出かけることが多くなりました。

 

ブログを更新するのを休んでいた時、4月末の週の振り返りです。

 

相川の京町通りの、ギャラリー其 蜩庵 (きちょうあん ) さんで、作品展が開かれています。

 

数右ェ門窯

数右ェ門窯

 

数助さん

数右さん

 

若林吉則さん

若林吉則さん

 

春ちゃん工房 古布

春ちゃん工房 古布

 

佐々木玲子さん 硝子

佐々木玲子さん 硝子

 

裂き織り機

裂き織り機

 

日常使いの 竹 

日常使いの 竹細工

 

其蝉庵

其蜩庵

 

この看板には、<そのひぐらし>との、 言葉遊びも含まれているそう‥です(^_^)v

 

 

その2 ぎゃらりー和 ( なごみ ) さん

 

坂を下りてすぐ近く、ここでも作品展が開かれています。

 

本田青海さん 竹の作業

本田青海さん 竹工房を再現

 

本田青海さん 竹工芸

竹工芸

 

佐渡の竹は良質で豊富。

古くから竹の工芸が盛んに行われてきました。

若い感覚の竹の作家さんです。

 

 

美しい 竹の工芸

美しい 竹の工芸

 

 

花を活けて 竹 陶芸

花を活けて 竹 陶芸

 

数右ェ門窯 三代

数右ェ門窯 三代

 

 

文弥人形 綿入れのかいまき

文弥人形 かいまき布団

 

相川出身 児童文学作家

相川出身 児童文学作家 高田由紀子さん

実家のお寺をモデルにした「まんぷく寺でまってます」で、デビュー。

 

ぎゃらりー 和

ぎゃらりー 和

 

その3 しふぉん さん

 

京町通りの隣りの道筋、にはなりますが、

お部屋をシェアし、手作りの作品が紹介されています。

 

五月人形 ジグソー

五月人形 ジグソー

 

キルト

キルト

 

裂き織り 小物

裂き織り 小物

 

竹籠に

竹籠に

 

しふぉん さん

しふぉん さん

 

観光のお客様達は、すぐ側の佐渡奉行所跡や版画村までは見学にいらっしゃいますが、

小さなギャラリーの作品展のことは知らないまま、お帰りになることが多く残念です。

 

佐渡の優れた色々な分野の作家の作品を、是非ともご覧いただけたらと思います。

ゆっくり・ぐるりと街歩き、作品を楽しんでいただけるといいな(^-^)

 

ギャラリーがオープンされている時には、入り口の暖簾が目印。

いつも担当の方が駐在し、作品の説明をしてくれます。

 

ガシマシネマで、映画を見て、お茶で休憩もいかがでしょう(^_^)v

 

佐渡の芸術家の作品を身近に鑑賞することができますよ。

 

暑さの厳しい日にも、やっと中休み。

雨の後に、急に涼しい夜が来た~。

 

夏の甲子園も佳境を迎え、ベスト4が決まるところまできています。

グランドでプレーする選手も、スタンドで応援する観客も、

審判の方も熱中症にならぬか‥心配。

 

この夏の気候はとにかく、暑く、雨は激しくて異常でした(>_<)

 

そこで、一枚。

田んぼ 向日葵

田んぼのあぜに 向日葵

 

休耕田に、ひまわりが植えられている風景が、あちこちに見受けられるようになりました。

 

炎暑が続きましたが、田んぼには稲穂が無事に出揃ってきました。

稲の穂の色あいが、淡い黄色へ変化しています。

 

早刈りされた 青い稲

早刈りされた 青い稲

 

飼料用に青刈りされた稲が、白いポリフィルムに巻かれて

あちこちの田んぼに見えます。

 

サイレージと呼ばれ、この中で発酵させて主に畜産用飼料となるそうです。

本来なら、隣の田んぼと同じように、黄金色の稲の収穫まで育てるのでしょうが

転作の一つの形態として、実が実る前のこのタイミングで、

刈り取られ、ここ数年見かける風景となりました。

 

昨夜から振りだした雨の音を聞きながら、家の中で過ごしています。

 

一時は大雨の警報が出される程でしたが、乾ききった畑や稲穂が出揃った田んぼがダムとなって、水が溢れることもなく大雨の峠は過ぎたようです。

佐渡には久しぶりの、恵みの雨となりました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

佐渡の島内の数か所を会場として、島内外の作家14名の作品が展示されています。

 

GALAXY ARTFESTIVAL

SADO ISLAND        GALAXY ART FESTIVAL

 

その一つの会場である、新穂正明寺 旅荘・国見荘の作品を見に行って来ました。

 

本間 秀昭さん 竹工芸

本間秀昭さん 竹工芸

 

良質な竹が採れる佐渡。

真っ直ぐに伸びる竹を、たおやかな美しい曲線に。

 

本間さんの作品は、ボストン・シカゴの美術館に続き、

ニューヨークのメトロポリタン美術館にも収蔵されています。

 

戸田かおりさん 硝子

戸田かおりさん 硝子

 

やわらかい色合いの硝子が、美しい作品。

戸田さんは、2010年から佐渡に工房を構えています。

 

Jujiさん 木版画

jujiさん 木版画

 

浮世絵木版画の技法で

佐渡の風景を表現されています。

 

お昼には、この正明寺のお米、コシヒカリで作ったおむすびを。

“ 島むすび ” ランチやお茶を、どうぞ。(^_^)v

 

島むすびランチ

島むすびランチ

 

 

窓から見えるのは 朱鷺

窓から見えるのは 朱鷺

 

朱鷺が池に水浴びに降りたり、この望遠鏡の先の木の枝にとまったり。

この日は、枝になんと11羽。

自然の中で自由に飛びまわっています\(^o^)/

第一回目の朱鷺の放鳥は、保護センター近くのこの場所から行われたそうです。

 

国見荘は、伝統芸能の文弥人形を守り継ぎ、舞台を持つ旅荘でした。

放浪の画家・裸の大将として知られる、山下清画伯のお母さんの生家でもあるそうです。

画伯は「母のふるさとで眠りたい」という言葉を残されていて、

その遺志にもとづいて、本籍地である佐渡に遺骨も納めらているそうです。

 

国見荘のおかみにお話を伺い、初めて知ることばかり。

 

作品展のために、この期間だけの会場としてオープン。

舞台 新栄座の幕

舞台 新栄座の幕

新栄座 

新栄座

 

前期 8.10(金) ~ 26(日) まで

後期 9.28(金) ~ 10.14(日) の34日間

入場は無料。

 

後期には、作品がさらに増えて

佐渡アール・ブリュット

佐渡アール・ブリュット

 

島内外の障害を持つ方々の作品展を予定。

専門の美術教育を受けていませんが、素晴らしい才能と感性から表現された作品ばかり。

 

佐渡では、身近な所で芸術や芸能のかおりが漂っています。

 

他の会場

他の会場 マップ

 

ようこそ、

過去と未来の寄港地へ。

 

以上 ( 内容については、響く島SADO )を資料としました。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!