強風と寒さが襲った、今日は《大寒》

気温が低い為、雪はサラサラ。

軽く舞い上がったり、一瞬ホワイトアウト状態になったりして、少し危険な感じでした。

 

抹茶の羊羹

抹茶の羊羹

家に籠る日が続いています。

 

久しぶりにお菓子を作り、のんびりすることに。

熱いお茶に合うよう、抹茶の羊羹を(^O^)

白あん 抹茶

白あん 抹茶

 

参考のレシピに従って、材料を量ってみると、砂糖の多さにたじろぎます‥(>_<)

美味しく作るには基本が大切と思い、一応は材料を準備しました。

‥ですが、

少し量目を変えてみました。

砂糖を減らし、お抹茶はたっぷり多めにした自分流で。

流し缶に

流し缶に

一時間ほどで、固まります。

一口 サイズ

一口 サイズ

さて、お味見。

ほど良い甘さと、濃厚な抹茶の香りと苦さが絶妙の羊羹です。

チョット、自画自賛。

一口サイズですが、満足感あり(^O^)/

 

でも、食べすぎには、注意 注意。

心して、いただくべし。

 

コロナ発生から一年。

日本中で、状況が切迫してきているようで心配です。

 

友達やご近所さんと、気楽にお茶飲みができる日は‥。

 

一回溶けた雪が、また積もりました。

 

雪ダルマ

雪ダルマ

山道をドライブし、実家へ。

木の枝も 真っ白

木の枝も 真っ白

美しい白の世界。

車の音が雪に吸収され、とても静かです。

雪の下から キャベツ

雪の下から キャベツ

畑から掘り出して、キャベツを貰ってきました。

パリパリ キャベツ

パリパリ キャベツ

包丁を入れると、パリッと割れるほどの新鮮さ。

キャベツの甘さが増すそうです。

隣は 白菜

隣は 雪下 白菜

キャベツだけでなく、人参なども雪の下で保存するこの方法が人気とか。

雪は湿度たっぷりの、まさに天然冷蔵庫。

 

豪雪地域に住む方にとっては、これしきの量の雪でしょうが、

佐渡にとっては大雪なのです。

 

夜間には水道を流したままにし、灯油を補充したり。

風呂に水を溜め、薬缶に飲み水を確保し、万が一の凍結に備えました。

 

年末が近くなっているのに、まだ、佐渡の寒ブリ漁の季節を呼ぶ

《雪おろしの雷》が鳴りません。

 

魚屋さんに寄る度に、まだかな~と心待ちにしている鰤。

「皆さん、ブリ大根を作りたいと店に来て下さるけども、まだ雷が鳴らんでねぇ」

寒ぶり あります

寒ブリあります  看板

 

ようやく見つけました。《寒ブリ》(*^^)v

店先のピンクの箱には、およそ 9㎏ 程の鰤が数本。

( 10㎏を超える大物は、東京の市場に送られるのだとか )

 

スーパーには、鰤の切り身を置いてあるのですが、

地元の魚で作りたいと思い、佐渡産が店に並ぶのを待っていました。

ブリのアラ

ブリのアラ

まず軽く下茹でし、鰤の臭みを抜いてから

大根 

大根

大根と一緒に煮始めました。

鰤のアラ煮

鰤のアラ煮

たっぷりの地酒を加え、

何と、たった200円分のアラで、美味しいブリ大根完成(^O^)

 

後日、照り焼きと、刺身で、季節の味《鰤シリーズ》いただきました。

 

毎日のニュースは、増え続けるコロナに感染した患者さんの人数。

営業時間を短縮し、会食を控え、テイクアウト‥

必ずマスクを着け、少し恐れながらの自粛生活。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

柚子の季節になりました。

柚子

春からの《よもぎ餅》に代わって、

柚子の香り豊かな《ゆず餅》 季節の味をどうぞ。

柚子の餅

柚子の餅

お餅や、おかきを香りに包まれながら

お餅を作るという、家業があることが幸せです。

 

柚子のお菓子も作ってみました。

柚子

すりおろした柚子の皮 果汁

シフォンケーキ 材料

シフォンケーキ 材料

香りのケーキ(^-^)

香りのケーキ

香りのケーキ

シフォンケーキに、マーマレードを添えて。

マーマレード の準備

マーマレード の準備

柚子のマーマレード

柚子のマーマレード

皮のホロ苦みが好きで、マーマレードを(^O^)

 

傷のある柚子は、果汁を絞って保存。

柚子の果汁

柚子の果汁

果汁を絞って

果汁を絞って

風に揺れる枝の棘が、柚子に傷をつけていますが

果汁はたっぷり絞れました。

 

鍋料理の時に出番が多いのが、さっぱりポン酢。

柚子の絞り汁を足すと、驚くほど新鮮なポン酢に変身します。

残りの汁は、キューブ状に凍らせて小分けしました。

 

田舎なればこそ、身近にたくさんの柚子があって、

餅に入れたり、ケーキを作ったり・・・・。

柚子の季節が、楽しみで、ほんとに待ち遠しいのですよ。

 

佐渡産みかん🍊が、JA佐渡の地場産コーナーに並び始めました。

羽茂の生産者の畑へ伺い、直接みかんを分けて貰いました。

 

“ ゆら早生 ” という、小ぶりのツヤツヤ肌の蜜柑。

ゆら早生

ゆら早生

酸っぱさとすっきりした甘さが、好みのバランス。

 

木から摘んで、一週間ほど置くことで、水分が 3% ~ 5% 程抜けて、

味が更によくなるので、それから出荷しているそうです。

ゆら早生

ゆら早生

あっという間に、3個4個(^-^)

 

ジャムを作るのも、みかんの楽しみ。

みかんジャム

みかんジャム

みかんを 10 分程煮て、皮のアクを抜き

皮の白い部分をそいで、細かく刻みます。

 

砂糖と絞ったジュースを加え、アクをすくいながら煮つめ

爽やかな、みかんの皮のジャム完成。

みかんジャム

みかんの皮入りジャム

一週間ほど待つと、味が馴染んできます。

いつものように、ヨーグルトに添えて、香りを楽しんでいます。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!