雨の静かな音を聞きながら、目覚めました。

急に肌寒くなった朝でした。

 

今日は、

実家の《籾すり》の手伝いに。

 

籾から籾殻を取り除いて、玄米にする作業です。

籾すり スタート

籾すり スタート

そこで、お手伝いの出番。

腰痛が心配なので、サポートのベルトをして骨盤を守ることにしました。

袋を縛って

袋の口を縛って

玄米 30 ㎏ は、ずっしりとした重さ。

そろりそろりと、腰に意識を集中。

年々、腰にキツクなってきた作業です。

用心しながら、交代しながら、休憩しながら‥。

今年は この赤いシール

今年は この赤いシール

GIAHS(ジアス)のマーク入り  世界農業遺産の赤いシールを付けて出荷されます。

朱鷺 5 割減減 (成分分析済) JA佐渡 のお米は、

( 5 割の減農薬減化学肥料 ) と、生き物を育む農法を実践している、

認定農業者が丁寧に米作りをしてきた一年の自信作。

世界農業遺産の島 

世界農業遺産の島

 

精米機で玄米を精米をしてやっと、新米コシヒカリに (^O^)

精米 

精米中

朱鷺と暮らす郷、佐渡産コシヒカリの新米。

佐渡米

佐渡米

世界農業遺産 (GIAHS) の島、佐渡。

認定されて、今年は 10 年目です。

 

さっそく、炊いて味わいました。

食卓の主役、炊き立てふわふわ。

新米 コシヒカリ

新米 コシヒカリ

安心の主食が、食卓にある幸せ。

やわらかく、しっかりした一粒一粒と、香りがやさしいお米です。

友だちへ 

友だちへ 箱詰め準備

今年も元気に過ごせたことに感謝して、近況のご報告を兼ねて、

友人たちに、発送の準備をしました。

どうぞ、味わってくださいね。

 

今日は、暦の上では神嘗祭。

伊勢神宮で執り行われる、五穀豊穣に感謝するお祭り。

神嘗祭

我が家の 神嘗祭

その年の最初に収穫した稲穂「初穂」を

天照大御神に供えし、感謝するお祭りが行われる日だそうです。

 

8月の末に、

畑に蒔いた大根が、伸びてきました。

大根

大根  かぶ

しっかり育ちそうな一本を残して、密の部分を間引きました。

 

大根 と 蕪の菜っ葉

大根 と 聖護院かぶ

かわいい根っこ、やわらかい葉っぱ。

 

簡単 塩漬け

簡単 塩漬け

小さな、小さな大根の根っこが、ピリッと辛味あり(^O^)

 

煮びたし

煮びたし

出汁をたっっぷり効かせて、煮浸しでいただきます(^^)v

 

時には、炊き立てのご飯に混ぜて《菜めし》にも。

菜飯

菜飯

 

素朴で、地味な、規格外の葉っぱも

こんなに、美味しくいただいています。

 

自分で育ててみると、畑の野菜はみんな可愛い。

粗末にしてはもったいない、もったいない。

 

ぷっくりとして、丸ぁるい《栗》をいただきました。

「家の栗を拾ったから、ど~ぞ。皮剥き頑張ってね」と、届けて下さった《たんば栗》

 

木の実の美味しい季節になりました。

たんば栗

たんば栗

鬼皮剥きは、簡単には‥いきませんが、

ネットで検索すると、いろいろ紹介されていますので

あれこれ参考にして、試しています。

まず、鬼皮を剥くことから作業開始(^O^)

 

圧力鍋を使う・冷凍する・短時間煮てから‥など、

誰もが苦労しているようす(>_<)

やっと

やっと これだけ

黒米と小豆、栗を入れて《お赤飯》にしようと(^^)/

 

前の晩に、小豆を煮て、茹で汁を取っておきます。

その小豆の茹で汁に、黒米と、餅米を浸して一晩。

お赤飯に

お赤飯に

餅米を水切りし、

ゆっくり長めに、蒸籠で一時間ほど蒸します。

 

途中で、手水 (水に少量の塩を溶かして) の、しとを二度打ち、

ふっくら蒸し上げました。

じっくり 蒸します

じっくり

秋には、一度は食べたい《栗おこわ》

 

いただきま~す

ふっくら

栗はホクホク、黒米はプツプツの食感、小豆は香りよし。

楽しく、美味しく作れました(^O^)

 

小豆の赤い色は、いろいろな“厄”を遠ざけてくれるのだとか。

 

何かの理由をつけ、美味しく食べるための口実にしたり、

お祝いの日のご馳走として、お赤飯を炊いて楽しんでいます。

 

今年も、無事に稲の収穫ができたことを感謝します。

《めでたい赤い栗おこわ》いただきま~す。

 

畑の隅に、穂紫蘇の花が咲いています。

青紫蘇の花

青紫蘇の花

いよいよ、夏の野菜の最後になりました。

香りの良い穂紫蘇を、神楽南蛮と組み合わせて佃煮にするのが毎年の楽しみ。

神楽南蛮 赤いピーマン

神楽南蛮 赤いピーマン

彩りに赤くなった、ピーマンを添えました。

神楽南蛮は、手袋をして刻みます。

新生姜 ネギ 松の実

穂紫蘇 神楽南蛮 新生姜 ネギ 松の実

ゴマ油で材料を炒め、地酒と醤油で味付け。

炒めます

炒めます

じっくり、丁寧に佃煮に。

神楽南蛮の辛味と、紫蘇の香り・松の実の旨味がいいバランスです(^^)v

かぐら南蛮は、鷹の爪とは異ったおだやかな辛味が魅力の、長岡の地域野菜。

佐渡でも作る人が多くなった《辛い南蛮》です。

 

先輩から教えてもらい、我が家でも植えてみました。

実の成りも順調です。

辛い野菜には、虫も寄り付きにくいようで、虫に葉をかじられることもありません。

 

アツアツご飯にのせたり、おむすび🍙に混ぜたり。

神楽南蛮と穂紫蘇

神楽南蛮と穂紫蘇

 

神楽南蛮も紫蘇も、我が家の畑のものは、

醤油味 佃煮

醤油味 佃煮

大切に全部いただきます(^O^)

 

十月にしては、暖かい日が続いています。

佐渡の稲刈りは順調に進み、おおよそ終了に近づいてきました。

 

真野地区  竹田

真野  竹田地区

刈り取り作業が済んだ、国仲平野。

稲の切り株跡がまだ新しい、田んぼ風景です。

つがいのトンボたちが、あちらから、こちらから飛び交い、

国仲の、あたたかくて静かな平野の広がりを見渡せます。

 

雨の日

山里の田んぼ にて

この日は雨降りで、稲刈りはお休みでした。

 

トンビ

八幡地区  にて

コンバインが動く田んぼの上を旋回する、トンビがなんと六羽。

「ピーヒョロ・ロ」と、鳴き声がしますので、たぶんトンビ。

トンビは雑食なのだそうですが、

稲刈りで、田んぼから飛び出してくるネズミやカエルなどを

捕食するために待っているのだそう。

 

隅刈りをします

隅刈りをします

私たちのお手伝い作業は、コンバインが動きやすいように

田んぼの四隅の稲を刈り、準備すること。

 

早春の苗起こしから、田植え、草刈り‥ 八十八もの手をかけた、

今年の、《佐渡産コシヒカリ》の収穫の日。

黄金色の稲を鎌で刈り取ると、強くしっかりとした茎の手ごたえを感じます。

象さんの鼻で 軽トラへ

象さんの鼻で 軽トラへ

何と呼ぶのか知らない装置なのですが、象さんの鼻のように筒を伸ばして

刈り取った米粒を、軽トラックに積み込みます。

 

稲刈りの作業での、コンバインの活躍は目覚ましく、

一株ずつ手刈りし、重い稲藁をハザ木に干したのは‥その昔のこととなりました。

 

今日は 稲刈り日和

今日は 稲刈り日和

近所の 3 歳さんは、この働くコンバインが大好き。

子どもの気持ちをくすぐる、コンバイン。

ママさんが、ネットで取り寄せてくれたという

“僕”の大切なコンバインの模型を抱えて、見学に来てくれました(*^^)v

新穂

新穂 にて

 

豊作の年も、気候が不順で不作に見舞われた年も、

この田んぼのお米を毎日いただき、家族と過ごした時間。

この田んぼからの収穫で、教育を受けさせてもらいました。

ただただ、感謝しかありません。

 

お米離れとか、農業経営の厳しい現状は、見たり聞いたりしていますが

佐渡の米作りの尊さは、生活の大切な基本であることに変わりありません。

 

私たちも秋の陽ざしの下、収穫の喜びの作業をお手伝いできました。

 

佐渡の稲刈り風景、あれこれ。

収穫を終えた静かな風景は美しく、ホッと安堵の思いです。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ