今年初めての、よもぎ摘みに行ってきました。

芽生えたばかりの、柔らかい蓬が出ている頃です。

 

よもぎ 新芽

よもぎ 新芽

丁寧に、新芽を摘みます

よもぎ餅 粒あん

よもぎ餅 粒あん

きな粉も、定番ですが

今日は、粒あんでいただきます。

 

よもぎ 刻んで

よもぎ 刻んで

たっぷり香る、若草の摘みたてで、

初の《よもぎ餅》つきあがりました。

よもぎ餅

一口サイズ よもぎ餅

子どもの頃のこと、

お婆ちゃんと一緒によもぎ摘みをするのが春の楽しみでした。

 

指先で揉むと匂い立つ清々しい香りや、葉の裏の綿毛のようす、葉の形など‥

蓬の見分け方を教えてもらいました。

 

そして、翌日には、

家族みんなで賑やかに餅をつくことも、楽しいイベントでした。

春のご馳走、風味豊かな《草の餅》

爽やかな色あいと、シコシコした食感も (^^)v

 

よもぎ餅

よもぎ餅

祝い事、季節の祭り、親戚の集まりなど、

事あるごとに、赤飯・団子・お餅など、餅米が好きな家でしたので

お餅には、大切にしたい楽しい味の思い出ばかり(^O^)

 

これからは、蓬摘みにせっせと山に通います。

よもぎ餅ファンの方、お待たせ致しました(^_^)

 

山菜の季節がやってきました。

 

いただいた、《こごみ》

クセが無いので、サッと茹で、ゴマ和えや天ぷらで(^O^)

こごみ

こごみ

柔らかくまん丸の曲線がかわいい、山菜。

深い緑の色の軸が、美しく思えて

食べる以上に、うれしく眺める春の色。

浜大根

浜大根

日当たりのいい砂浜で、よく見かける浜大根。

野生化した大根だそうで、食べることもできます‥が、

サラダのお皿に添え物として置いたり、生け花として眺めたりして楽しんでいます。

 

山椒

山椒

栴檀(せんだん)も山椒も、双葉より芳し

ちゃんと存在感を示して、いい香り。

 

百合

岩百合

佐渡の海岸沿いで、見かけます。

芽生えの頃から楽しみ。

 

芍薬

芍薬

朱色の軸が独特な、芍薬(しゃくやく)

 

チューリップ

チューリップ

つぼみの頃の、今がかわいい

 

ゆき柳

ゆき柳

白い小花が、どの花とも引き立てあうので花瓶に出番の多い雪柳

 

スオウ

ハナズオウ

明るい色が、元気をくれます

たんぽぽ

たんぽぽ

綿毛も、春風を待っているところ

たんぽぽの ぽぽと綿毛の たちにけり

(詠み人は知りませんが‥)   ぽぽの繰り返しが好きな句。

 

えんれい草

えんれい草

半日は日陰になるような、畑の傍で咲いています。

 

スティックブロッコリー

スティックブロッコリー

こちらは、我が家の畑で。

トウが立ってしまった後も、眺めていたら

菜の花になった、スティックブロッコリー と 白菜。

 

葉

ハボタン

ハボタンも、いよいよおしまい。

冬の玄関で、長く楽しめました。

 

松ぼっくりの赤ちゃん

松ぼっくり の 赤ちゃん

季節が移りかわる時。

足元に咲く、素朴な花たち。

 

特別ゴージャスではないけれど、畑の片隅の平凡な美しさがイイな。

 

暖かい一日でした。

黄砂の為に、目を凝らしても、凝らしても薄く曇った空。

遠くの金北山が全く見えません。

黄砂で遠くが見えません

黄砂で‥   3/30

 

今日は少なめ

今日は

今日はすっきり 青空 3/31

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

今が旬の若布を

ボールにいっぱい、たっぷりいただきました。

ワカメ 

ワカメ

軟らかい葉と、茎とを分けて湯通し。

刻んで 湯通し

刻んで 湯通し

 

お味噌汁や酢の物に入れたりすることが多いので

一回分ずつ、小分けして冷凍保存しておくと、とても重宝します。

ワカメと生姜の佃煮

ワカメと生姜の佃煮

食感と香りがいい、生姜の千切りと佃煮にしてみました。

 

枝垂れ 梅

枝垂れの白梅

関東からは、桜満開の映像が届いていますが、

佐渡では、まだ梅の季節です。

ふきのとう アマドコロ

ふきのとう アマドコロ

自然な色あいと艶、植物は美しい。

苦みや香りも魅力(^O^)

天ぷらとフキ味噌で味わいました。

 

3 月 22 日の醤油の搾りから、6 日目。

澱が底に沈んだ頃ですので、今日は醤油の瓶詰め作業をしました。

 

先日からの醤油の搾り、今年分の仕込み作業と、並行しながらの瓶詰め。

瓶詰め

瓶詰め

きれいに洗浄された瓶を、酒蔵さんから分けてもらい準備。

今年は、醤油のラベルを描いていただきました( ^^)

全部で 24 本

全部で 28本分

ゆっくり、瓶詰め中です

瓶詰め

瓶詰め

細いチューブで、ゆっくり移し換え(^O^)

醤油

醤油の色

カラメルも保存料も加えていない、自然発酵食品。

素材は丸大豆・小麦・塩のみのお醤油です。

醤油

醤油

醤油の色が見えるかな~

 

2家族で一樽分の醤油づくりは、今年で5年目となりました。

まろやかで、深いうまみが広がる、安心安全の醤油。

一升瓶で28本分、出来上がりました。

 

天地返しなどの手入れや、観察が大切ですが、

毎日の料理に使えるのが、やっぱり嬉しい醤油造り。

 

醤油の瓶は、

お米用の保冷庫の片隅に入れて、保存しています。

 

ゴビ砂漠からの黄砂が流れ込み、

風景がぼんやり霞んで見える一日でした。

 

今回で 5 回目となる、醤油の仕込みを 3 月26日に 行いました。

醤油麹に 塩を合わせて

醤油麹に 塩を合わせて

佐渡には、醤油麹を作る麹屋さんが無くなって久しく

毎年、長野から取り寄せて仕込んでいます。

大豆 小麦 塩

大豆 小麦 塩

海水を煮詰めた、佐渡の塩

佐渡の塩

佐渡の塩

よく馴染むよう、祈りながらの醤油の仕込みです。

箱根清水

箱根清水

箱根清水を加え、仕込み完了です。

 

これからは、3 日毎に天地返しを数回。

一週間毎に、数回。

毎月の天地返しを繰り返して、もろみの熟成を見守ります。

醤油の完成まで、また一年がスタートしました。

 

流れが少し判るようになってきましたが、

穏やかな天候に恵まれて、おいしいお醤油に育ちますように(^^)/

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

天地返し

天地返し 三日目を予定

仕込んでしばらくは、作業が次々と続きます。

無事に醤油の仕込みを済ますことができ、

(´▽`) ホッとしています。

 

沈丁花と辛夷

沈丁花と辛夷

畑の片隅には、春の花が咲き始めています。

 

コブシの白い花もかわいくて、好きな季節。

沈丁花が強く香っています。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!