佐渡の田植えは、順調に進んでいるようです。
田植えの終わった田んぼには、水が満たされ鏡のように光って見えます。
佐渡のお米作りのスタート風景。

農家の願いを込めて、田んぼを見守り、見回わる毎日が始まりました。

私たちはお米大好き、ご飯党。
小まめに精米所に通い、ご飯を炊いています。

今日も、精米をしに(^O^)

精米機の傍には、農業機械の販売店があり、
新品の田植え機を、トラックに載せる作業中でした。

今から、オーナーさんに納品するところとのこと。

「やっと、出番がきました」

何でも、
GPSが装備された、お利巧さんのメカなのだそうです。

佐度では、高齢化などで稲作ができなくなった田んぼを
農業法人が請け負い、耕作することが多くなっています。

個人が所有するには、高価な大型の田植え機やトラクターも、
組織で持てば、作業の効率がよくなるのでしょうね。

野暮な詮索ですが‥
イカ程のお値段なのか‥な?
気になります。

どうぞ、ご活躍ください (^^)/


今年GWは、特別に長いようですが
農業者は、田植えに忙しく、
定年組の私達には、全く関係ありません。

いつものように、淡々と暮らしています。

イベントもない生活なので、
先輩のハウスをお訪ねして
苺🍓を分けていただき、小さなアクセントにしました。


最後にレモンをギュッと絞って、完成とするのですが‥

今回は、料理番組で紹介されていたのを真似して
バルサミコ酢を仕上げに入れてみました。

さすが プロの研究の味 (^O^)
ワンランク上の美味しさに。

新鮮な🍓で作る、苺ジャム完成です。

食いしん坊に嬉しい、春の味が

土を割って出てきました(^O^)

地場の野菜の、キュウリやかぶらもフレッシュ。

土が育んだ、やさしい甘さを感じます。

葉先は、天ぷらに、  

本体部分は、きんぴらで。

色も香りも、楽しい春の味わい。

ワラビを、採ってきました。

ワラビ採りは、いつも姉の家の山へ。

まだ、毛虫も出ていないので

安心して山菜採りを楽しめます。

コロナの為に、 3 年も帰省ができていない甥の家族へ

田舎からの、プレゼントとして送りました。

故郷の風景を想う、よすがとなってくれるかな。

山の木々は、勢いよく緑を増してきました。

緑色の濃淡が、パッチワークのようです。

周りを蜂たちが、蜜を集めに飛び交い、

力強い羽音が聞こえてきます。

青空が高く、澄み渡って。 思わず深呼吸しました。

佐渡にようやく、春。

暖かい春がやってきました。

八幡町の家から、いつも見上げている金北山。

大佐渡スカイラインが、冬ごもりを解いて開通したとのことですので、

さっそく春の山野草を楽しみに、山へドライブに行ってきました。

スカイラインへ入って間もなくの所に、友人ご夫婦が育てているお馬さんたちが

広場でゆったりと過ごしていました。

お馬の親子 

母馬の毛は白く見えますが、間もなく換毛期を迎えると、

仔馬と同じこげ茶色に変わるのだそう。

ポニー

小さな体に、逞しく太めの足。

のんびり 日なたぼっこ

飼い主のお母さんの近づく足音を聞きつけて、

雪解けの沢水を汲んでくれる、お母さんの近くに集まって来ました。


例年ならば、
お馬さん達は、春祭りの流鏑馬として花道を疾走し、
五色の布で飾られて、お祭りの華となる役目を負っているのですが‥

この春も、お祭りは休止のため、出番はありませんでした。

向かいの山には、桜がぽつぽ

山は木々が芽吹き始め、やさしく淡い色あいに変わりつつあるところ。

田んぼも耕されて、静かな山里も春の準備が進んでいるようです。

カタクリ 群生が山肌に一面

春の到来を告げる花たちに出会いました。

キクザキイチゲ  (花言葉は 追憶)

二輪草 

ブナの木の根元に、群生しています。

二輪草の白い花は、清楚 可憐という言葉がピッタリの風情。

芽吹きの季節は光が溢れて、新鮮な美しさ。

急な山道を登って、降りて、

待ちに待った春の、2時間ほどのドライブでした。

今年も、軽ろやかな花の色。

羽茂 大崎のエドヒガン桜

古木の風格と枝ぶりが好きで、毎年通う種蒔き桜。

樹齢は、250年~300年とか。

二人、三人と、連れ立って訪れ

桜の下に静かに佇み、静かに去って行かれました。

近くの集会所 と 奥に大滝楽舎の桜

こんがらがった生き方をしてきたんだね
わさびの花 えんれい草

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

13年前に、柿餅本舗として創業したのが、ここ羽茂大崎でした。

黙して存在し続ける孤高の一本桜は、地区の中心にあって大切にされています。

八幡町に加工所を移転してからも、毎年この季節になると

法乗坊の桜に逢いに来るのを楽しみにしています。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ