夜半から、雷が大地を轟かし閃光と雷鳴が続いています。

朝 9 時過ぎには佐渡にも“大雨洪水警報 ” が、新潟地方気象台より出されました。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

羽茂の地場野菜を預かっているお店から、

「いい赤紫蘇が、出てきたよ~。

幾束か取り置きしておこうかね~」

待っていた、電話がありました(^O^)

瑞々しい

瑞々しい 赤紫蘇

「三束、お願いします。今から頂きに伺いま~す」

虫食いの葉

虫食いの葉

無農薬の葉っぱゆえに、虫食いだらけ。

ちょうどいい時期に、新鮮な赤紫蘇で梅と合わせることができます。

赤紫蘇を洗って

赤紫蘇を洗って

塩もみして、アクを絞り × 3 回

美しい紫色と、さわやかな赤紫蘇の香りが台所中に広がり、楽しい作業。

 

さっそく、先日塩漬けしておいた、

カリカリ梅と、梅漬けに合わせます。

 

今年は紫蘇のデキが不順だそうだから、梅干しに不足するかも‥と、心配されていました。

おかげさまで

梅仕事を無事に終えることができました(^O^)

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

この季節の楽しみはもう一つ、

紫蘇ジュースを作ること。

紫蘇ジュース

紫蘇を洗って

鍋に水  2リットルを入れ、

たっぷりの紫蘇の葉を、4 ~ 5 分煮出し、

砂糖を 500g 加えました。

煮る

煮ると

 

クエン酸 煮だした液

紫蘇ジュース 煮だした液は黒っぽい

クエン酸を入れると、さぁ~ッと明るいポリフェノール色に。

夏の味 紫蘇ジュース

夏の味 紫蘇ジュース

炭酸や水で薄め、さっぱり味でゴクゴク

紫蘇ジュース

紫蘇ジュース

梅雨明けし、暑さきびしくなる夏には、

氷をたっぷり入れて、紫蘇の香りの甘いジュースを楽しめます。

 

ですが、

家族の者たちは、「甘いのはね~」と、敬遠ぎみなので、

誰かと一緒に飲めたら嬉しいのですが(^O^)

 

今年も、梅漬けの季節。

青梅

青梅を

色とサイズを揃えて、仕分けし

梅干し用 

梅干し用に

待つこと、数日。

梅が、イイ色に追熟してきました。

完熟梅

完熟梅

洗って、水分を拭き取り、ヘタを取り準備。

梅の重さの 20 % の、佐渡の塩 を用意しました。

 

ハチミツを加えるとか、減塩する方法もありますが、

我が家は、昔どおりの分量の塩で下漬け。

 

白梅酢 

白梅酢

落し蓋をして、梅の重量の 2 倍くらいの重石をして、待つこと数日。

梅酢が上がってきました。 ほッ(^O^)

 

赤紫蘇が出てくるまで、このまま待ちます。

 

朝早くに、メールの着信あり。

 

「イワナが釣れました。要りますか?」

もちろん「要る、要る。ご馳走になります 」と返信。

 

迫力の大きさ 面構え

迫力の大きさ 面構え

細かい歯がぎっしり並び、鋭いこと。

 

普通サイズの岩魚 と ビッグワン

普通サイズ と 丸まるのビッグサイズ

ワタを取り出して、下処理してからだと、

この岩魚の、身の太さと背の高さの美しさが伝わらないので、

「釣ったままを持って来たのですよ」

渓流の主

渓流の主

鱗の無い岩魚の肌は、ツルツル・ぬるぬる。

健康だからこそ、体をバリアする粘液でおおわれているのだそう。

 

美しい模様

美しい模様

貴重なお魚です。

 

ワタを取り出し、血合いをきれいに洗い、定番の塩焼きに。

グリルでゆっくり焼き上げました。

塩焼き

塩焼き

きれいな桜色の、川魚ならではの香ばしい身がたっぷり。

骨からの身離れもよく、脂がのった皮からの旨味も独特な味。

お昼のご馳走

お昼のご馳走

アンバランスな取り合わせですが‥

さっそく、

ご馳走をいただきました(^O^)

 

釣りをする人でも、なかなか巡り合えないような、

尺越え( 30㎝ )の、渓流に棲む《岩魚の主》です。

 

山と言わず、海と言わず、川と言わず、

名にし負う、佐渡のハンターAさんに出会ったのが、

岩魚クンにとって、何事も因縁・運命でした‥ね。

 

私たちにとっては、思いもかけないご馳走をいただけました。

 

晴れてきた昼頃から気温が上がり、32 ℃ を越えたそうです。

まだ、梅雨らしい雨降りにはなっていません。

 

「トウモロコシを貰ったから、おすそ分けするね」

嬉しい初物をいただきました(^O^)

ヒゲ付き トウモロコシ

ヒゲ付き トウモロコシ

やわらかく、甘~い。

友人の畑で

友人の畑で

さっそく

さっそく

おやつにうれしい自然な味を、丸かじり。

 

これも、初物のジャガイモ。

春先に、シワシワになって芽が出はじめた芋を埋めて置いたら

我が家の畑で、程よい大きさに育ちました(^O^)

じゃがいも

じゃがいも

初 茄子

初 茄子

初 キュウリ

初 キュウリ

キュウリや茄子も、まだまだ、小さいですが新鮮な食感です。

神楽南蛮 茄子 キュウリ

神楽南蛮 茄子 キュウリ

辛味が美味しい、神楽南蛮も取れ始めました。

今日も 

今朝も

毎朝の水やりと草取りのご褒美に、新鮮なお野菜をいただきます。

 

友人から、やわらかくてフワフワ食感のパンをお土産に貰いました。

 

最近は美味しさを極めた食パンを楽しめる、高級食パンがブームのようです。

パン

パン

いただいた、HARE/PAN 純生食パン。

卵を使っていない、ハチミツ・生クリーム入りで和食にも合うパンとか。

 

前回いただいたのは、《銀座に志かわ》の食パンでした。

パンの仕込み水にこだわり、アルカリイオン水を使っているそうです。

に志かわ

銀座 に志かわ

佐渡にまだ無いもの‥

新潟で作られている新しい商品‥などを

いつも、紹介して下さる友人です。

 

気になっていても、実物を目にすることができなかったり、

情報を集める事も遅れがちになってしまう毎日。

《新鮮な社会の動き》を教えてくれる友人は、嬉しい知識の窓口的な存在(^O^)

世の動きに疎くなりがちな佐渡へのお土産は、フレッシュな情報が何より。

 

MIYABI  ・乃が美などが、高級食パンのブームを作ってからもう数年。

どの食パンも、なめらかな生地で、おだやかな甘さを感じます。

 

佐渡では、ようやく佐和田のショッピングセンターマルイで

絹生食パンと水曜日限定のホテルブレッドが販売されるようになりました。

食べ比べてみるのも、楽しいかも(^O^)

絹生 パン

絹生 パン

食パン2斤サイズもありますが、

美味しく食べきれるように、少量タイプを求めてきました。

やわらか 食感

やわらか 食感

 

高級食パンそれぞれが、

仕込みに、カナダ産の小麦粉を使っていたり

生クリーム・ハチミツ・発酵バター・イオン水を使ったり。

素材の工夫がいろいろ。

 

さて、佐渡でも佐渡の素材を・・・・。

佐渡の柿餅本舗の、柿餅粉を使って、友人が柿餅粉パンを作ってくれました。

「素材にこだわったので、強力粉も佐渡産なんですよ」 (^^)v

 

佐渡 

佐渡 オリジナル

珍しい柿餅をさらにパウダーにした柿餅粉入りの、

世に二つとない、オリジナルの食パンです。

黄金もち米 干し柿

黄金もち米 干し柿

キメ細やかな生地で、ずっしりとした重量感があります。

柿餅粉 丸パン

柿餅粉 丸パン

我が家では、この柿餅粉入りで丸パンを焼いています。

焼きたて 柿餅粉パン

焼きたて 柿餅粉パン

発酵バターと干し柿の優しい甘さと、もち米のWの甘さが広がる丸パンは、

そのまま食べると、しっとり、もっちりの、おいしいテーブルパンです。

 

柿餅粉入りのパンには、

高級な素材をふんだんに使った、今流行りの食パンとは違う

別の個性があると、自負しているのですが‥!(^^)!

 

お菓子パン・惣菜パンと呼ばれる調理パンではなく

《食パン》は、シンプルにそのまま食べるのが一番。

 

基本の《食パン》で、何と組み合わせようかと考えるのも

飽きのこない、パンの楽しみ方ですね。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ