昨日に引き続き、今日も雪降り。

 

国道を除雪車が行く

国道を除雪車が行く

交通量が少なくなり、凍り始めた夜の道を、

除雪車が通っていきました。

 

わずかですが、今朝は歩道に雪が溜まっていました。

 

地区の端から端までの歩道を、近所の青年が雪を掻いてくれました。

「今日まで、正月休みですから」

 

歩道を歩くのは、子供と足の弱いお年寄りだけ。

この地区は、空き家も多くキチンと雪掻きが出来ない所も多いので

歩きにくい歩道を下りて、車道を歩く人が出てきます。

ほんの少数の弱者のために、汗をかいてくれる人がいてとても助かります。

歩道の雪掻き

歩道の雪掻き

真夜中に除雪車で雪掻きををしてくれた道路を、

お正月を返上してバスを動かしてくれる運転手さん。

ここでもほんの数人の乗客のために、働いてくれています。

 

令和 3 年の 新年。

雪の正月を迎えました。

元旦は嵐でしたので、陽ざしのある三日になってから、近所の八幡さまにお詣り。

八幡の八幡さま

八幡の八幡さま

佐渡らしい、ぼってり やわらかく 重い雪。

境内は、蜜にもならない‥地区の八幡さま。

穏やかな一年になりますように ^^)

 

さざんか に 雪

さざんか にも

コロナの為に、今年はお客さまがあるでなし、

どこかへ、年賀に伺うでもなしのお正月。

 

初仕事は、家の前の雪掻きから (*^^)v !(^^)!

 

納品に出かけたおり、通りの向こうに白い壁。

以前は、無かったナニヤラが見えてきました。

朱鷺と少女

朱鷺と少女

物置き小屋の扉らしき所に、《少女と朱鷺》が。

どうも、佐渡にもバンクシーの分身が出現したらしい。

 

うふっ、うまくパロッていますね。

 

佐渡産みかん🍊が、JA佐渡の地場産コーナーに並び始めました。

羽茂の生産者の畑へ伺い、直接みかんを分けて貰いました。

 

“ ゆら早生 ” という、小ぶりのツヤツヤ肌の蜜柑。

ゆら早生

ゆら早生

酸っぱさとすっきりした甘さが、好みのバランス。

 

木から摘んで、一週間ほど置くことで、水分が 3% ~ 5% 程抜けて、

味が更によくなるので、それから出荷しているそうです。

ゆら早生

ゆら早生

あっという間に、3個4個(^-^)

 

ジャムを作るのも、みかんの楽しみ。

みかんジャム

みかんジャム

みかんを 10 分程煮て、皮のアクを抜き

皮の白い部分をそいで、細かく刻みます。

 

砂糖と絞ったジュースを加え、アクをすくいながら煮つめ

爽やかな、みかんの皮のジャム完成。

みかんジャム

みかんの皮入りジャム

一週間ほど待つと、味が馴染んできます。

いつものように、ヨーグルトに添えて、香りを楽しんでいます。

 

青い柚子をたくさんいただきました。

 

以前この青い実で、「現代農業」の記事を参考にして、

酸味と香りのパンチが効いた、魅力のある調味料

柚子胡椒を作ったことがあります。

 

もう、一回。

青い柚子

青い柚子

柚子と青い鷹の爪で。

青い鷹の爪

青い鷹の爪

鷹の爪を一日前に刻み、塩に馴染ませて置きます。

青い柚子 青い唐辛子

青い柚子 青い唐辛子

翌日に、柚子を刻み、鷹の爪と合わせます。

合わせて 完成

合わせて 完成

一か月ほど置くと、両方が塩と馴染んできます。

料理のアクセントとして、少量でも味を引き立ててくれ、とても重宝しました。

 

柚子胡椒と言えば、柚子の産地の馬路村が有名で、

柚子ぽん酢 醤油

柚子ぽん酢 醤油

友人からいただいた、本場のぽん酢醤油がほんとに美味しかったのです。

 

黄色く色づいた柚子と、赤くなった鷹の爪で作れば、赤い柚子胡椒に(^_^)

素材をよく知る農家さんが教えてくれる《柚子胡椒》

真似してみました(*^^)v

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!