秋晴れのおだやかな陽ざしがうれしい、貴重な一日。

急に空気が乾いてきたようで、肌に保湿のクリームが欠かせない感じです。

 

 

新米のもち米 ( 黄金餅 ) で、先日に続き、もう一度お赤飯を作りました。

黄金餅米 黒米 ささげ 栗 

黄金餅米 黒米 ささげ 栗

この秋の材料が揃ったので、

家族みんなで、今年の収穫を祝いました(^O^)

 

栗いっぱい

栗いっぱい

準備が完了

前日に、ささげを少し硬めに煮て、豆と煮汁に分けておきます。

 

お赤飯には小豆を入れるのが普通ですが、胴割れしないようにウチでは、ささげを入れます。

煮汁に、もち米を浸して一晩。

古代米・黒米の玄米も一緒に浸すので、ダブルのポリフェノール効果で餅米に色が付きます。

途中で、二~三回シト ( 打ち水 ) を打ちながら、蒸すこと一時間。

 

熱アツのうちに、おむすびにしました。

秋のご馳走を、温かいうちに食べてもらえるよう、友人にもお届け (^_^)v

何故かお赤飯の中の栗は、特別にホクホクとして美味しいのです。

 

菜飯 栗おこわ

菜飯 栗おこわ

大根のやわらかい間引き菜は、茹でて、刻み、塩をマブシ、きつく絞ります。

 

炊きたてのご飯に入れて、握りました。

子供の頃には、菜飯がおいしいなんて感覚はなかったのですが‥

今いただくと、新鮮な感動を覚えます。

 

素ぼくな、素材の、食の大切なおおもと。

素にして上質、と言う言葉が、しっくりきます。

 

秋のおだやかな日に、「おとなの遠足」に誘われて出かけたり、

実家の稲刈りを手伝ったり、友人のお庭の実りを分けてもらったり。

 

その途中の道脇で出合う、小さな秋を楽しんでいます。

 

山栗

山栗

 

道祖神 そばの不思議な?

不思議な赤い ツチアケビ

 

山ぶどう

山ぶどう

 

椿の実

椿の実

 

栃の実

栃の実

ピカピカ輝く、かわいい形

 

唐辛子

唐辛子

乾かして保存し、南蛮菜(なんばんじゃー)を作る予定

 

山椒の実

山椒の実

 

先輩の畑は、実の生る木が植えられていて色づくのを待っています。

みかん

みかん

 

やまぼうし?

やまぼうし

 

西洋花ミズキ ?

西洋花ミズキ

 

ヤーコン

ヤーコン

初めて、ヤーコンの葉の逞しさを知りました。

 

麦畑

麦 畑

子供の頃に見た風景、懐かしいなぁ(^_^)v

 

蕎麦の花

蕎麦の花

 

はざがけ の 稲

はざがけ の 稲

今では見かけることが少なくなった、ハザ架けの稲

 

 

がまずみ?

がまずみ

 

?

?

 

野ぶどう

野ぶどう

 

あけび

あけび

 

?

 

?

?

 

?

?

 

ミニおけさ柿

ミニおけさ柿

 

鷹の爪

鷹の爪

味つけのアクセントに一本ちぎって刻み入れると、とても重宝します。

 

自然薯のむかご

自然薯のむかご

 

名前も知らない、小さな花と小さな実。

若い時には気づかなかった、植物の素朴な美しさと、季節の旬の気づき。

 

自然のなかでこそ、活き活きとした美しさを見せ、

持ち帰って花瓶に挿してみると、なぜか直ぐにしおれてしまいます。

 

稲刈りが、急ピッチで進んでいます。

 

台風24号が接近中の為、その前に少しでも刈り取りを早めようと頑張っています。

前の21号の台風で田んぼに水が溜まり、稲が倒伏し、収穫に難儀している所も見かけます。

夕方まで、機械の働く音が聞こえています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆

 

紫蘇の穂が丁度よく育ってきましたので、かぐら南蛮と醤油の佃煮を作ってみました。

 

元気色 かぐら南蛮

元気色 かぐら南蛮

赤く熟した、かぐら南蛮

赤くなった神楽南蛮は、辛さがマロヤカになるのだとか。

 

穂紫蘇

穂紫蘇

我が家の夏野菜のラストは、青紫蘇の穂。

 

青紫蘇の穂をシゴイテ、粒々の穂紫蘇を集め、

友人が作る元気な色のかぐら南蛮とで、醤油でピリ辛のベストな組み合わせの佃煮に。

 

生姜 昆布 干しイカ 松の実

生姜 昆布 干しイカ 松の実

 

日本酒と醤油・少量の砂糖を加えて味つけし、煮詰めました。

 

佃煮 製作中

佃煮 製作中

 

我が家の唯一の贅沢は、自家製の醤油を調味料として使えること(^O^)

 

完成

完成 (^u^)

 

鷹の爪の辛さとは少し表情が違う、別の魅力を持つピリ辛南蛮味の出来あがりです。

アツアツの炊きたてご飯にのせて、辛みのある大人のオカズに(^O^)

 

一番のおすすめは、おむすびに。 混ぜてよし具にしてよし、握ラーズは尚よし。

野菜炒めの味付けにも、和風の麻婆豆腐にも重宝します。

 

夜には秋の虫の鳴き声が、にぎやかに聞こえるようになってきました。

 

台風21号と、その後にも大雨が降ったために、水が溜まっている田んぼも見受けられますが、

佐渡の国仲平野はみごとな黄金色に色づいてきました。

 

黄金の稲田

黄金色の稲田

 

国仲平野

国仲平野

 

稲刈りに向かう コンバイン

稲刈りに向かう コンバイン

 

コンバインが移動中でした。

 

稲刈り

稲刈り始まる

\(^o^)/ (^O^) (^-^)

 

山の田んぼ

山の田んぼ

 

 

秋空 天高し

秋空 天高し

 

サギの大集会

サギの大集会

 

サギ達が調整池のフェンスに並んで、稲田の具合を話し合っています。

スズメの一群が、楽しそうに飛び回っていたり、

別の田んぼでは、身近な猛禽類トンビが集会中・・・。

 

朱鷺の棲む島、佐渡は、鳥たちの楽園です。

手前の調整池は、役目を終えて今は水が抜かれていました。

 

 

いよいよ、ようやく、始まった稲刈りの風景。

今年の作柄は、如何でしょうかね。

八十八の手数をかけて、育てた佐渡産コシヒカリ。

楽しみです(^_^)v

明るく稲穂が波打つ、おだやかな秋晴れのスケッチ 。

 

 田んぼの畦にみんなが出揃って、てんやわんやの収穫の時は、直ぐそこまで来ています。

半月後にはまったく別世界の、水田風景になりますので、

それ故、この豊かな景色が愛おしいです。

 

 

実家の稲刈りは山あいの高台にありますので、来週の週末頃からとか。

猫の手部隊、手伝いに出動の予定です (^_^)v

 

9月の第一日曜日は、佐渡国際トライアスロン大会の日。 (9/2)

今年は、30回目を記念する大会だそうです。

 

佐渡の多く方が、道路の交差点に立ち、選手の誘導、給水ポイントで、応援などボランティア活動中。

一般の人達はノーカーデイを心がけ、協力しています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

この日を、鮎の石焼きを楽しむ日としている皆さんが、今年も集まりました。

朝9時、お地蔵さまの前の広場を会場として、準備を開始。

 

先ず、石を焼くことから。しっかり3時間。

広場で 石を焼く

広場で 石を焼く

 

その間に、てんでに手分けして準備。

鮎を串に刺して

鮎を串に刺して

 

炭で 鮎の串焼き

炭で 鮎の串焼き

大きめのムール貝も焼くと、なかなかの旨み有り。

 

火の当番

火の当番

 

公民館の中では、鮎の天ぷらを開始

鮎の天ぷら

鮎の天ぷら

 

ウドの花を天ぷらに。

わずかな苦みがあって、酒の肴に(^_^)  かわいい飾りのアクセント

ウドの花 天ぷら

ウドの花 天ぷら

 

鮎の会に差し入れされた 地酒

差し入れされた 地酒

鮎の会、オリジナルのデザイン

 

火の番 地酒の燗を竹で

火の番 竹で地酒をお燗

 

先ず 一杯 味見をしながら

先ず一杯 燗の具合はいかが?

 

冷たいビール 

冷たいビール 竹のカップで

美味しく飲むための準備は万端、整いました  (^_^)v

 

鮎の天ぷら きゅうりの塩もみ

鮎の天ぷら きゅうりの塩もみ

 

焼いた石の上に、茄子の土手と味噌 うるか(鮎の内臓) 鮎

石焼き 始まり

石焼き鮎 始まり

 

鮎のうるか

鮎のうるかを焼く

鮎の骨を、丁寧に外します。

 

黒米入り おこわ

黒米入り おこわ

 

野菜の天ぷら

野菜の天ぷら

 

〇〇マス? アヒージョ

とっても、美味しいと大好評(^u^)

鮎を獲る投網にかかったそうで、〇〇マスと聞いたのですが、名前を忘れてしまいました。

 

茄子漬け

茄子漬け

お酒には、素朴なお漬物

 

黒焼き にんにく

黒焼き にんにく

ホクホク、食感

 

味噌の紫蘇巻き

味噌の紫蘇巻き

具が多い、ピリカラ味

素朴な、地元の家庭料理ばかりが揃いました。

 

デザート

デザート

枝豆・葡萄なども。 持ち寄り料理たくさん

 

ようやく、料理が完成しました \(^o^)/

いざ、いざ。

乾杯 ! !   かんぱ~い ! !   (^-^)(^u^)

 

みんなが 揃って

みんなが 揃って 乾杯

 

羽茂川 鮎の会の会員証の帽子

羽茂川鮎の会 会員証の帽子

 

会員は、自分の仕事を見つけて何かしら参加すること。

学生時代の合宿のように、ワイワイ賑やかに (^_^)v

 

羽茂川に鮎の稚魚を放流する活動を、続けている鮎の会。

 

今日のために何度も投網をし、鮎を突きに出かけて、

たくさんの鮎を揃えて下さったのは会長さん。

 

呑みものは、基本的には各自が持参。

自分の畑の野菜を、持ち寄りました。

 

料理屋さんの座敷に座って、運ばれた料理をいただくのではなく、

みんなで作る事に意義があります。

 

まず、鮎を焼くための石を選ぶことから始まって、

火に強い大きな石を3時間かけて高温で焼き上げることが必要な鮎の会。

石がよく焼けていないと、折角の鮎の石焼きがうまくいきません (>_<)

時間をかけて準備をした後に、お天道様のもとで楽しむ酒席は、

得も言われぬ豊かさを感じます。

 

普段はなかなか会うことができない会員同志が集まる、小じんまりとした鮎の会。

地域の先輩方と、たくさんお話ができました。

ありがとうございました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

鮎の会から帰って

我が家の前の国道は、ランのコース。

ゴールまで あと数百メートル

ゴールはもうすぐ

 

ゴールまで、あと数百メートルの地点。

アストロマン達の挑戦は続いています。

安全のための蛍光タスキを掛けて、ゴールへ向かってラストスパート。

選手のみなさんも、充実した一日の締め括りを迎えようとしていました(^_^)v

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

私たちは、レースの前夜祭、サンテラスーパーアリーナで行われたウエルカムパーティーのお手伝いをしました。

サポートのスタッフ

サポートのスタッフ

 

佐渡のサザエを焼いたもの、イカの一汐干しを焼いたもののサービスを担当。

やわらかくて、甘みのある佐渡の焼きイカは選手のみなさんに好評 (^_^)v

 

佐渡市 広報より

佐渡市 広報より

 

無事にトライアスロン大会が運営され、佐渡の夏の行事が終了しました\(^o^)/

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!