春の山菜の季節は、タケノコ・わらび・うど・こごみ・野フキなど次々‥。

いろいろと楽しんできましたが、ほぼ、おしまいになってきたようです。

 

孟宗竹に始まったタケノコも、ハチクが代わって出はじめていますので、

先輩に教えてもらった方法で、

初めての梅酢漬けを作ってみようと準備してみました。

 

先ず、生のままのハチク竹をスライスして、強めの塩漬けにして二日間置きます。

ハチク 塩漬け

ハチク 塩漬け

よ~く搾って、梅酢に漬けます。

 

梅酢に合わせる

梅酢に合わせる

水けが出てきますので、よ~く搾って、更に梅酢を加えます。

 

タケノコ 梅酢漬け

タケノコ 梅酢漬け

これを、重石をして冷蔵庫に保存。

 

6 月の末には、青い小梅が出てきますので、カリカリ梅を同じ要領で作ります。

更に、茗荷が取れたら、これも梅酢に漬けて保存。

それぞれを別々に作り、食べる時に刻んで合わせます。

 

これらを、おむすびに混ぜたり、海苔巻きに入れたり。

色あいもよく、梅の酸っぱさが心地よく、味のアクセントになります。

 

梅干し漬けの梅酢を使うので、前の年に、梅干しを作ることからスタートします。

 

地場の野菜売り場を通るたびに、旬の素材をちらちらとチェックすることが大切。

11 日と 27 日には、市 ( いち ) も立つ土地がらで、

野菜農家さんと、距離がとても近いのが嬉しい(^-^)

 

おやっ!!

今日は、ラッキョウが売り場に並んでいる ぞ (^。^)

 

過ごしやすい、晴れの日が続いています。

畑はほどよく湿り、夏野菜も根付いて、成長を始めてきています。

 

花とは言えないですが、山椒の実がゆらゆら。

山椒の実

山椒の実

程よい粒つぶと色づき

醤油に漬けて

醤油に漬けて

一年間は保存が効くそうで、醤油に漬けて保存。

 

刺身や冷や奴などに、ピリッとしていい味を添えてくれます(^-^)

よく乾いた、ちりめんじゃこと焚き合わせると美味しい。

おむすびに混ぜても(^u^)

 

みょうが畑

みょうが畑

素麺や豆腐などに刻んでトッピング、夏に出番が多くなる重宝な薬味。

 

どくだみ

どくだみ

 

干してお茶に

干してお茶に

 

水連

水連

先輩の家のため池で、涼しげ。

 

きれいに咲き揃い、毎年増えてきているそう。

同居の方は、ウシガエル。

迫力のある鳴き声と波紋をたてて、水連を揺らしていました。

 

ラベンダー

ラベンダー

 

オレガノ

オレガノ

 

浜ナス

浜ナス

 

日本あざみ

周りの草をむしって、この一本を大切に残して有りました(^u^)

ちょっと可愛い、畑や庭のまわりの小さな花たち。

お花屋さんに並ぶことは無い花たちですが、自然のままが生き生き美しい(^O^)

 

6 日から 9 日までの東京・表参道ネスパスへの出店準備を続けています。

 

柿餅・よもぎ餅・古代餅・こがね餅をついたり、切ったり、干したり、おかきを作ったり。

充実した東京での数日のために、佐渡を紹介をしたいので、資料もあれこれと用意。

 

表参道・ネスパスでは、外国からのお客様が多いことを体験していますので、

英語での簡単な説明パンフレットを、準備しました。

お餅とは? おかきとは? 知っていただけるといいな~(^u^)

 

楽しみにしています\(^o^)/

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

夕方には海の近くに住む先輩が、かさ地蔵となって、プレゼントを届けてくれました。

海の幸、亀の手。

亀の手

亀の手

磯の岩に張り付いて育つ、取りたての亀の手を初めていただきました。

 

亀の腕のような形と爪で、甲殻類なのだそうです。

ほんとに 亀の手みたい

ほんとに 亀の手みたい

 

よく洗ってから、塩一つかみを入れ、水から茹でるそうです。

沸騰してからは、15 分~ 20 分くらいで完成。

 

茹でたて むき身

茹でたて むき身

香ばしくて、食感はシコシコ。

通の方は、「 お酒のおつまみに最高でね 」 おいしいよ。

 

今の季節が旬、初めての希少な珍味。

いただきました(^-^)

 

快晴の 5 月 23 日

大佐渡スカイラインを、歩きました。

 

車に分乗して白雲台を通り過ぎ、一気に山の上、千竜桜の広場に集合。

千竜桜 の 緑

千竜桜 の 若葉が茂って

いつものように足腰伸ばしやら、ウオームアップ。

 

千竜桜 

千竜桜 の 一枝

 

佐渡の桜の千秋楽。

最後の一枝が、咲いていました。

 

 

つつじ

つつじ

 

シラネアオイ トリカブト

シラネアオイ トリカブト

 

猛毒を持つと聞く、トリカブト。

山の花人気ランキング、上位にあるシラネアオイ花の隣に並んで。

ココにもアソコにも、こんなに身近な所にある植物だとは知りませんでした (>_<)

 

可憐な 如意すみれ

可憐な 如意菫(ニョイスミレ)

 

今日の遠足で教えてもらった、白く小さめなスミレの名前。

如意スミレが足元一面に咲いていました。

 

上品な白

上品な白い花の群生

ココから、歩き始めます。

 

地獄谷 より

展望台で小休止

 

晴天の日ならでは、下界は霞みがかって見えました。

佐和田の町並みを見おろして、小休止。

 

両津湾を見おろして

真野湾を見おろして

あのあたりと、みなさんが思わず我が家を探します。

 

乙和池をめざして

乙和池をめざして

 

佐渡の最高点

佐渡の徒歩での最高点

 

標高、943メートル。

トレッキングでは、別のルートもあるようですが、一般的にはココが最高点。

 

ブナ林

ブナ林

 

行程表

行程表

 

地獄谷

地獄谷の碑

傍の谷は、あな、恐ろし、ほぼ直角の崖。

ここも国仲を見渡せるビューポイントではありますが、要注意の場所です。

 

地獄谷を過ぎて

地獄谷を過ぎて

 

お昼休憩はもう少し先の予定でしたが、乙和池の入り口の木陰で休憩することに。

急な下り坂を、ず~と、てくてく、てくてく・・・。

長く続く坂道が、ジンワリと膝やモモに疲れを溜めてきたようです。

 

そして、昼食タイム(^u^)

ゲンキンなもので美味しいおむすびを頬張ると、元気もおしゃべりも復活。

 

午後の部、目的地の乙和池へ

乙和池 浮島

新緑のトンネルを楽しみながら、到着。

 

池に木々が水鏡のように映り、静寂と美しさを湛えた池 。

倒木がありましたが、乙和池のまわりを一周しました \(^_^)/

 

スカイライン本道から乙和池までの道脇を、草を刈り込み、伸びた枝を払い、

整備中の方々がいらっしゃいましたので、これから足元は安心です。

 

佐渡金銀山の古道の案内図

 

いつかは、この古道も遠足のコースにしたい由。

佐渡はまだまだ、奥が深いぞ。

 

山かいこ 

山かいこ

花に詳しい人も、虫に詳しい人もいて、また小休止。

 

二ッ岩大権現 鳥居前

二ッ岩大権現 鳥居前

スカイラインを横道に入り、山道を下りて鳥居前に到着。

 

鳥居が連なっている奥に祀られている、二ッ岩大権現 ( 佐渡のムジナの総大将 ) にお参りし、

現地にて、解散 \(^o^)/

 

今日の参加者は 30 名。およそ 6 ㎞ 、 13 , 300  歩 の遠足でした。

 

毎日の晴天続きで、畑は乾ききっています。

 

畑に野菜苗を植えたいと思いながらも、なかなか準備が出来ないでいました。

何かを少しでも、育ててみたい(^-^)

雑草だらけの畑の草をむしり、やっと空き地を作りました。

 

ホームセンターの苗物売り場で、青紫蘇・唐辛子・つる紫・ズッキーニなど、

丈夫で世話いらずの苗を、選んで買って来ました。

明後日には雨が降る予報なので、茄子・きゅうり・プチトマトもその前には、植えて置きたいな。

 

☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆

 

さて、そうこうしているうちに、

友人から、水フキと手造り醤油をいただいたので、

煮ものを作ってみました\(^o^)/

 

水フキ

水フキ

 

銅鍋で水フキを茹でると、このように色よくヒスイ色になるのだそうです。

直ぐに料理できるようにと、

葉を落とし、皮を剥いて、湯がいたものをいただきました。

 

手造りしょうゆ

手造りしょうゆ

 

先輩が造られた醤油は、おだやかな塩ぐあい(^u^)

我が家のとは、まろやかさに違いを感じました。

美味しさにも個性あり。

 

水フキ

水フキ

コンブと椎茸の合わせ出汁で、下味を付けて、

醤油は、料理をまとめる大事な調味料。

 

水フキは、わずかなヌメリと食感が特徴の山菜で、クセがなくて相棒を選びません。

今日は、タケノコと厚揚げで。色を添えるために人参も投入。

 

昼ごはん

昼はサンド 煮もの

 

地場コーナーには、完熟トマト・新鮮キュウリも出揃っていて、うれしい季節となりました。

簡単にパンにサンドして、いただきま~す。

 

水フキは今が採り時の山菜ですが、湿地に生えていて、

蛇クンと遭遇する確率が多いと聞くと‥‥

気が萎えてしまい‥自分では採りに行けない貴重品なのです。

 

水フキは、季節のご馳走。

ありがたく、いただきました (^。^)y-.。o○

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!