畑の端に植えっぱなしのチューリップが、花を咲かせました。

赤くつぼみがふくらんで、可愛いいようすに(^-^)

 

咲いた 咲いた チューリップの花が

咲いた 咲いた チューリップの花が

(^。^)y-.。o○

並んだ 並んだ チュウリップの花が

並んだ 並んだ

(^u^) (^-^)

 

金北山の雪も、日ごとに溶けてきています。

金北山の残雪

金北山の残雪

 

春の山菜の王様タラの芽と、山ウドをいただきました。

タラの芽は、トゲトゲの木のテッペンにあって、素人には採れない貴重品。

ウドも、大きくなれば見えてきますが、土から芽生えたばかりでは見つけにくい山菜です。

 ウド タラの芽

ウド タラの芽

この春初めての、ふくふく丸いタラの芽、香りと苦みが魅力のやわらかいウド。

 

ウドは、ワカメとキュウリの酢味噌和えに。

タラの芽は、天ぷらで。

翌日には、ウドとタラの芽の天ぷらを作り、旬の椎茸を添えてミニ天丼にしてみました。

佐渡の山菜天丼セットで 、おいしく。

海老や魚がなくても、堂々とメイン料理と呼べる季節限定の一品\(^o^)/

 

春蘭

春蘭

 

春蘭も天ぷらにして、食べる方がいらっしゃるそうですが、

珍らしい食材ではあっても、余りに貴重な花ですから、

眺めて楽しむ方が、好きです。

 

先日、種を蒔いた実家の苗は、順調に育っているようです。

苗が出そろいました

苗が出そろいました

強い雨の日もあり、寒さのぶり返した日もありましたので、温度の管理も細心に。

≪苗半作≫という言葉がある程で、苗の出来しだいで作柄が決まるという意味だそうです。

苗起こしは、大切な農作業の一つです。

 

佐渡に、やっとこさ春が来ました。

 

三日見ぬ間の桜かな‥。

花の見ごろはその年によって定まらず、難しいもの。

 

冬の間には葉を落とし、山の中の木々に埋もれていた桜が、

今日はあそこに、ここにも花を咲かせて、存在に気づかされます。

 

明日はきっと観に行こうと、思いながらも見逃してしまうのも桜 (>_<)

‥ですので、早め早めに出かけることにしています。

 

桜の名所は数々あれど、大好きな桜が見ごろを迎えようとしています。

法乗坊の種蒔き桜

法乗坊の種蒔き桜

 

羽茂・大崎集落の羽茂川沿いにある、江戸彼岸桜の一本桜を、

地元の人は ≪ 法乗坊の種蒔き桜 ≫と、親しみを込めて呼んでいます。

樹齢は 300 年とも 350 年とも‥。

種を蒔く頃、農作業の目安とされてきたそうです。

 

大きな古木の下に立つと、幹のゴツゴツと太くて荒々しいこと !!

遠目には、華やかで軽やかな桜ですが、

傍に寄れば、平穏ではなかったろう長い歴史を木肌に感じます。

 

水の鏡に映って

水田の鏡に映って

 

夜にはライトアップされて、静かな中に妖艶に、幻想的な姿を見せてくれます。

この数年は、この構図を求めて、多くのカメラマンが集まる名所。

 

東京から来たと言う、二人のカメラマンにお会いしました。

 

「この鳴き声は、朱鷺ですよ」と、話している時、

タイミングよく、朱鷺が頭上に現れて、

青空に浮かぶ白い月と、羽ばたく朱鷺とを、下から見事に写し取りました。

佐渡ならではのショットが、ここで(^-^)

 

遠くの田んぼで、餌を啄ばむ姿を見かけることの多くなった朱鷺。

羽の色も鮮やかな飛んでいる朱鷺を見上げての、この一枚に興奮されていました(^。^)

 

畑仕事の側に咲く

畑仕事の側に咲く

桜の傍の畑では、お母さんが二人。

 

暖かな陽ざしの中で、何かの植え付けの準備をされていました。

これからは、畑の作業も忙しくなってきます。

 

次は

桜 ?

? 桜

姉の家の門口に咲く桜。

 

名前も無い、ふつうの桜ですが、

やわらかい傘をさしかけられたようで、花の下を通るたびに気持ちが軽く浮き立ちます。

 

コブシ と 竹 と 桜

コブシ  竹  桜

桜より心持ち早めに咲くのは、白いコブシ。

 

コブシも普段は木々の中で、冬場は目立たず葉を落とし、

花の季節を過ぎてしまえば、また新緑の雑木の中に紛れ姿を隠してしまうでしょう。

今だけは、おだやかに存在をアピールしています。

 

コブシ

コブシ

 

林の木々の中で、普段は目立たない桜やコブシのように生きる。

 

個性や実力を発揮する、チャンスがまだ巡ってこなかったり、

気づいて貰えず、苦しい思いをしている人はいないだろうか‥。

 

日めくりカレンダーに見つけた、今日の言葉。

「 桜は花に顕る 」 さくらは  はなに  あらわる

 

人の評価なんて気にすることはない‥と、思う一方で、

真面目に仕事をしていれば、そのうち誰かがキット‥と、淡い期待した覚えはないだろうか。

 

自分に気づいて欲しい、と願うのと同じように、

埋もれた人の才能を見つけ出し、探し当て、認めていくことが大切だな~。

 

いつになく、心に響き、考えさせられ、共感するものがあった

朝の、カレンダーの言葉(^u^)

 

佐渡の桜の情報が、あちこちから届いています。

天気予報では、明日は雨とのことなので、お花見に行ってきました(^u^)

 

毎年 15 日に、桜の下では賑やかに門前市が開かれる、大慶寺。

 

お隣には八幡様が並び、参道では神事の≪流鏑馬≫が行われます。

 

午後の三時を過ぎる頃には、新保・西方・大和田の三集落の鬼太鼓がここに集結。

八幡宮を産土神とする四組の鬼太鼓が、競演し祭りのクライマックスを迎えます。

鬼太鼓ファンのカメラマンの多くが集まる、人気のお祭りでもあります。

 

ここを、馬が駆け抜けます。

 

桜めぐり 畑野・熊野神社へ

   

ふんわりと、風に揺れて。

 

境内には、いく種類もの桜が植えられていて、色の濃い桜や八重の桜など長く楽しめます。

近くからは、今日がお祭りの笛と太鼓の音が聞こえていました。

 

やっと佐渡に届いた桜前線\(^o^)/

桜の花の下を通り抜け、陽ざしと香りを楽しんだドライブでした。

 

 

新しい元号は、「令和」と発表されました。

粛々と平成から新元号へと、代替わりの準備が進められています。

 

四月になってから続けて三日間降った雪には、ゆるみかけた気持ちが引き締まりました。

 

私たちが、佐渡で “ 柿餅本舗 ” を始めてから、10 年。

続けてこられたことのお礼と、報告とを、お世話になっっている方々を訪ねて、

ぐる~と、ひと巡りしてきました。

 

羽茂・亀脇で苺栽培されている笠井さんは、私たちが柿餅を作り始めた時から

率直なアドバイスと、温かい励ましで応援を続けて下さる先輩。

佐渡の苺生産の先駆者として、研究を重ね、後進のためには惜しみなく経験を伝えてくれる方です。

 

私たちは新しい商品を作る毎にお訪ねしては、感想を聞き、改善を続けてきました。

 

笠井さんは、お会いする度に自分が作る苺のことを熱く語り、

植物を育てることの楽しさ、製品を作ることの努力の時間を共感してきました。

 

おいCベリー  あまどころ

おいCベリー  あまどころ

おいCベリーと言う名の、ご自慢の苺です(^-^)

ハウスからもぎたての、つやっつやに輝く苺をいただいてきました。

苺の赤い色と、すっきりした酸っぱさと甘み、三角のふっくら大きめの姿が可愛い完熟苺。

 

☆ ☆

午後、家で仕事をしていると、「こんにちは。コレを食べてみて」

玄関に、コレを置くなり、「ありがとう」を言う間もなく

「じゃあ‥ネ」と、お帰りに。

この春の出初めたばかりの山菜、あまどころ\(^o^)/

 

やわらかく、つぼみの色の鮮やかなこと。

直ぐに湯がいて、シャキシャキした食感をいただきました。

ちょっと甘くて、後に少しの苦みが魅力です。

 

☆ ☆ ☆

実家に寄ったおりには、出はじめたばかりの椎茸を(^u^)

原木 しいたけ

原木 しいたけ

まん丸の椎茸

しいたけ

しいたけ

椎茸は身が厚く、食感はつるつる、しこしこ。

バター焼きと、甘辛く味付けして混ぜご飯で、初ものの椎茸をいただきました。

 

☆ ☆ ☆ ☆

赤泊の先輩からいただいたのは、めかぶ

根こんぶ

めかぶ

サッと茹で、細かく刻んでアツアツのご飯でいただきました。

 

海の香りと、ヌメリが新鮮。

茎の部分は、食感がしっかりしているので、煮もので(^v^)

 

いただいたのは、どれも、これも地元の食材

究極のスローフード(*^_^*)

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

両津の先輩から、クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズ

やさしい、色あいのクリスマスローズは、玄関に。

寒さの中でも、ソッとうつむきかげんに花を咲かせ、強さを秘めたクリスマスローズ。

 

季節の移り変わりは、

山に残る雪の加減・出まわる旬の海藻や花・地域ごとの春祭り‥など次々。

 

お互いが持っている大切なものを届けたり、交換したり。

田舎ならではの生活にこそ、実感します

 

美味しいものを、美味しいうちに・・・。

大切なものを大切な人に・・・。

嬉しくて、ありがたくて、気持ちが暖かくなる佐渡暮らしです。

 

朝の日の出が早くなってきました。

 

小鳥の鳴き声で、今朝は目をさましました。

チュンチュンと雀。 ホーホケキョと鶯。 お馴染みの声の主たちが元気です。

 

JAの売り場に寄ってみると、早春の楽しみ、佐渡産「生わかめ」が並んでいました。

生わかめ

生わかめ

洗って、鍋へ

 

みごとに 変身

みごとに 変身

さァ~と、磯の香りが広がり、さわやかグリーンに変身。

おみごと(*^_^*)

柔らかなのに、歯応えはしっかり食感。

 

活きのいいイカをボイルし、生ワカメとお酢の物にしていただきました。

 

残こりは、小分けにして冷凍保存にします。

 

先輩に教えてもらった方法が、とても重宝。

味噌汁の具として、ネギとワカメ、豆腐とワカメ、薄揚げとワカメなど、凍ったまま鍋に投入します。

 

生わかめで、季節の味を楽しめることも、

にして上質生活、かな(^。^)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!