おふくろの味…。

それぞれの人が大切にしている味は、なんでしょうか?

 

手製のお漬物、煮もの、味噌汁‥など。 食卓に並んだ料理には、たくさんの思い出が。

福井生まれの夫の好物は、古漬けになった沢庵を塩抜きし、ゴマ油できんぴら風に炒め、味付けしたもの。 複雑な旨みとクセが、真似のできないなつかしい “ お袋の味 ” 。

たくわんの煮たの

たくわんの煮たの

 

この “ たくわんの煮たの ” は、春先、たくわんのシーズンが終わりを告げる頃に、決まって食べたくなるもの。

これだけで、何杯でも、何杯でもご飯をいただくことができるとか。

実は・・・この?“ たくわんの煮たの ”を食べたくて、毎年、たくわん漬をリクエストされます。 福井では、デパ地下の惣菜売り場にも並ぶ “ たくわんの煮たの ” は、季節の定番の味です。

義母の作ってくれた味を再現したくて、毎年TRY してみますが、似ているようでいて少し違うのです。

少しだけ違うところが余計に、あぁ、モドカシイ ?(~_~;)

 

今、GWに帰省する多くの人は、なつかしい普通の食事…故郷の季節の味、思い出の味を期待されているのではないかな~。

 

私の母は87歳になり、今は料理を作らなくなりました。

母の十八番の、あつあつ茶碗蒸しがもう一度食べられたらな~と、思う時があります。

 

できるなら、美味しいものを食べ、見たい景色を観て、会いたい人に会って話をし、故郷で元気を補充できると、いいね。 (^。^)y-.。o○

柿の枝先に、新芽がつき始めました。いよいよ、おけさ柿の1年が始まります。

菜の花と柿の木

菜の花と柿の木

 

私たちの加工所の近くに300年以上咲き続ける、法乗坊の種まき桜・・・今年は低温が続いたせいか、桜の花が長くもちました。

山の方から見ると 別の風情

山の方から見ると 別の風情

法乗坊の種蒔き桜はそろそろ見納め。

法乗坊の種蒔き桜 見納め

法乗坊の種蒔き桜

厳しい風雪を耐えたんだ…ね

厳しい風雪を耐えたんだ…ね

 

GWの穏やかな休日。 羽茂大崎から山へ山へと登っていくと、絞張山荘では、餅つきと山桜を観る会が催されていました。

山のお花見 ご案内

山のお花見 ご案内

弾正桜

弾正桜

無名の山桜に「弾正桜」と名付けた途端、花の色が濃く元気になったともっぱらの評判。

佐渡の酒と、よもぎ餅、山菜、柿餅などをいただきながらの、佐渡の山奥の観桜会でありました。

一週間前に蒔いた、種もみの様子を覘いてみると…。

すくすく、揃って伸び始めていました。

 

緑が揃って伸びてきました

緑が揃って伸びてきました

 

とんがった葉先に小さな水玉をつけて、育ってきました (^O^)/

将来有望な、期待を背負った、稲の苗。 きれいだな~ (^。^)

 

でも…

ハウスにストーブ

ハウスにストーブ

寒さをしのぐ為に入れられた、ストーブ。

山あい地区では、まだ冷え込む夜もあります。

田植えの予定は、5月の半ば頃。 まだまだ、目が離せません。

肌寒くはありますが、無風の一日。

今日は、絶好の花見日和となりました。子供と 家族連れ、お年寄りも車イスで花の下をゆっくり散歩。どうして桜は人の心を、幸せな感じにさせてくれるのでしょう。

白い雲のように、あそこにも、こちらにも咲いているのが見えました。

 

力強い 枝ぶり

力強い 枝ぶり

手前の田んぼには 水が引かれて

手前の田んぼには 水が引かれて

羽茂・大崎のシンボル、法乗坊の種蒔き桜は八分咲きくらい。 カメラを構える方も多い、人気のスポットです。

すぐ側を川がながれています

すぐ側を川がながれています

 

今年も元気に咲きました

今年も元気に咲きました

また来年、きれいな花を咲かせて下さいな。

 

次々と花が咲き、鮮やかな色が楽しめるようになって、ランランの春。

椿 雪柳

椿 ゆきやなぎ

わさびの花

わさびの花

こぶし 桜

こぶし 桜

羽茂・大崎の法乗坊の種蒔き桜が、いよいよ見ごろを迎えてきました。

法乗坊の種蒔き桜

法乗坊の種蒔き桜

明日は、この法乗坊の種蒔き桜の下の庵で、地区の皆さんは花見会の予定とか。

あぁ~羨ましい (^。^)

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!