1. イベント情報

旧西三川小学校の校舎を、酒蔵として生かして

《学校蔵》を運営する尾畑酒造さんが、講師をお招きして

毎年「学校蔵の特別授業」を開催しています。

 

昨年は、コロナ禍の為に休止となりましたが、

2014年にスタートし、今回は7 回目。

平島校長 と 学級委員長の留美子さん

平島校長 と 学級委員長の留美子さん

「ドコにも行けない時代にココから創る未来」を、テーマとして

初めてオンラインの、Zoom 形式で開催して下さいました。

初めての Zoom

初めての Zoom

特別講師は、藻谷浩介さん、原秀樹さん、玄田有史さん。

学校蔵の特別授業

学校蔵の特別授業

オンラインの自由さで、密になることもなく、

特別授業には、日本各地から210人の方が参加されとか。

相変わらず軽妙な語りの藻谷さん、初めて講師を務められた原さん。

玄田さんは、オックスフォードからの参加でした。

自由に行き来できない時に、オンラインは自由に人を繋いでくれることを

《特別授業》は実証してくれました。

 

私たちにとって、Zoom なんて経験なく、

すべてを準備していただき、画面の中で、みなさんのお話を聞くだけでしたが

みなさんと繋がっていることを、実感できました。

 

Zoom 体験中です

Zoom 体験中です

画面の中には、授業を受けているお仲間が(^O^)

授業は楽し (^O^)

授業は楽し (^O^)

チャットで、参加(*^^)v

休憩を入れながら

休憩を入れながら

内容たっぷりの、4 限の授業でした。

今風に、こんな形で勉強会の参加もあるのだなあ、と

世の中の流れのしっぽにつかまった、ひと時でありました。

 

今年のアルビレックスが、大躍進中です。

開幕以来 10 勝  3 引き分け、負け知らず。

 

アルビレックスが、念願のJ1に昇格した時も、

J2でなかなか成績を残せなかった時にも

ず~とファン。

 

Jリーグが誕生したのは、 29 年前の今日。

1993 年 5 月 15 日でした。

 

その日、サッカーを始めたばかりの息子は父親に付き添われて、

あこがれの国立競技場で、オープンセレモニーをスタンドから見つめていました。

 

レーザー光線が会場を照らし、国家独唱の後、

Jリーグの第一戦目が、19:30キックオフ。

 

プロリーグの開幕戦となったのは、

横浜マリノス Vs ヴェルディ川崎。

 

今では、レジェンドと呼ばれる存在になられた、名選手たちの名が記録に残っています。

サッカーに魅せられて、プレーに熱中した選手ばかり。

 

ヴェルディーは、

三浦知良・ラモス瑠偉・都並・柱谷・武田・加藤久・菊池新吉・北澤‥監督は松木安太郎

マリノスは、

松永・井原・水沼・木村‥監督は清水秀彦

外国人の選手は、エバートン・ディアス・マイヤー他

 

目の前のゴールネットに、サッカーボールがつき刺さった瞬間から、

ず~と熱戦の歴史が刻まれてきました。

チアホーンが吹かれ、チームの旗が打ち振られ (^^)v

 

Jリーグ百年構想が、本当に実現できたら素晴らしいな‥と、思いながらも

夢のような話にも思えたものです。

◎ 世界レベルの、緑の芝生のグランドを日本中に浸透させ

◎ 《地域に根ざしたスポーツクラブ》を核として、豊かなスポーツの文化を

サッカーを通して育てること。

◎ 町の名前を冠したサッカーチームを、

どんどん誕生させようと言う計画。

 

観る・する・参加する。

DO !  ALL  SPORTS

スポーツで、もっと、幸せな国へ

百年構想のスタートでした。

 

少年野球のチームはあっても、サッカーのチームはまだまだ少なく、

砂ぼこりが舞い、雨の日は泥んこのグランドしかない時代。

 

サッカーボールを追う子どもたちが、「夢のピッチは国立競技場」と言える、

憧れの場所となった日。

 

アルビが、反町監督のもとで J1 に昇格してからは、更に楽しみが増えました。

ジェフ千葉との試合があれば、マフラータオルを巻いて、

新潟の応援席で一緒に声援してきました。

サポター の タオル

サポーター マフラータオル

 

新潟のフェアプレー精神は、

相手チームの選手の怪我には、プレーを止めて対応したり‥

応援も紳士的で、知られています。

 

お互いが、走って、動いてのサッカー競技ゆえに、

危険を避けるために、守らなければならないルールが多いのは、

相手の為でもあり、自分のためでもあり、大切なことです。

自分で考えて、プレイする。

チームの仲間と、ゲームを作る楽しみを知る( ^^)

 

単純に、グランドを元気に走り回り、

友達と楽しく遊ぶところから始まった、

我が家のサッカー歴は、今や 30 年。

 

アルビレックス新潟の活躍で、ファンの応援の熱は増すばかり。

美しいピッチで、

翔けアルビ 《白鳥座の王》(^O^) !(^^)!

 

明日の試合も楽しみです。

 

お昼前から、雨が降り始めました。

これから、数日は雨が続くそうです。

 

今日の新聞には、予定されていた 佐渡開催の4 大スポーツイベントを

佐渡スポーツ協会は、昨年に続き中止することを決めたとありました。

 

佐渡トキマラソン 5/16

佐渡オープンウオータースイミング   7/18

佐渡ジュニアトライアスロン大会 9/4

佐渡国際トライアスロン大会  9/5

佐渡ロングライド210 10/10

 

今日は、あれやこれや、ブツブツと呟くことにします。

 

各実行委員会は、大会の開催時期をずらしたり、

国内在住者に限定したりして準備してきましたが、

もしも、佐渡でコロナの感染が広がると‥

医療体制を逼迫してしまうことが一番の心配。

 

スポーツイベントが幾つも開催されて、

健康的なイメージが定着してきた佐渡。

 

イベントを行うには、事前から綿密な準備がいります。

コロナの状態が、きちんと安定し、

島の人のワクチン注射が進み、安心して開催できる状態になるまで‥。

 

10月開催予定の佐渡ロングライド210までの、イベントの全てを

中止と決めたことは、選手も島民にとっても残念なのは同じです。

今は仕方ない‥状況のように思いますし、ちょっと安心でもあります。

 

日に日に、コロナ感染者が増え続け、

自宅待機するしかない方や、ホテル療養との言い方をしながらも

実際には、適切な治療を受けられていないのが現実(>_<)

患者の皆さんにとって、どんなに苦しく不安なことでしょう。

 

命を守るはずの医療現場の崩壊が、現実におきています。

 

オリンピックを楽しめるのは、平常の時。

この状況で、むりやり開催せずとも‥

国民の多くが、自粛と自制の生活を続けて、

取り戻そうとしているのは、コロナ禍以前の自由な生活。

 

リモートワークできる仕事って?

密にならずに、人と触れ合わずに、仕事ができるでしょうか?

子育て・介護・看護・教育・製造業・事務作業 etc

 

不要不急って何?

飲食・音楽・芸術・おしゃれ・スポーツ‥ 切り捨てていいものなの?

 

働く時間が減り、収入が減った人に補償もなく‥

「‥控えろ」「‥出歩くな」「‥罰金を科すぞ」

 

佐渡を始め、地方の隅々では、都市以上の危機感をもって暮らしています。

お年寄りを守り、家庭や職場の安全を守りたい。

 

全国で急増している、コロナの重症患者数は不安です。

 

ああ、

日本政府のTOPは、庶民の生活が見えているのか。

対策が進んでいません。

メディアも、国会議員たちも、本来の仕事をして存在を示して欲しい。

 

GWの連休に遠出を避けて、自粛生活をするのは

“ お願いされたから ” ではありません。

“ 要請されたから ” ではありません。

あれこれの現状や情報を集め、自主的に行動するしかないからです。

 

お医者さんや看護師さん、

コロナ感染者に直接かかわっていらっしゃる方だけでなく、

全国の医療や介護に従事される方々は、

自分のためではなく、守らなければならない人のために、

自我を抑えて禁欲の生活を続けています。

 

テレビやインターネットでは語られていないところで

たくさんの方が、とてもとても頑張っていると思っています。

 

今日から、新年度。

柿餅本舗も12年目を迎えました。

・・・気が付いたら、干支が一巡しました(^O^)

 

入社式 入学式

実家の地区では春祭り

エイプリフール

商品の総額表示が、今日から義務化‥も

 

桜 

咲きはじめの桜

蕾が風に揺れる枝先(^O^)

こぶし

こぶし

お隣さんの辛夷、清楚な白。

毎年、楽しみに待つ花です。

辛夷

辛夷

辛夷の花芯

辛夷の花芯

いつもは下から見上げる辛夷ですが、

花芯はこんなに可憐です。

意外と香りは濃厚で、さわやか。

 

柿畑の中の 菜の花

柿畑の中の 菜の花

春の始めは、黄色い菜の花から。

ですが、

明るい菜の花に近寄れば、癖の強い香りがして‥ちょっと苦手。

虫に食べられないように身を守る為に、花が発する硫黄に似た匂いとか。

柿畑の中でかたまって咲くようすは、のどかな景色。

 

日に日に気温が上がって、

淡い花の色に春の光を感じ、寒さからの解放を喜んでいます。

 

いただいた、貴重なお米。

無農薬の田んぼ《生椿 はえつばき》のお米。

 

佐渡の朱鷺の餌場として、お父様の代から二代に渡って、

朱鷺の保護につくされてきた、高野さんのお米です。

生椿 朱鷺の故郷のお米

生椿 朱鷺の故郷のお米

笑顔の高野毅さんから、

「小粒でね」と、ご自慢のお米をいただきました。

標高の高い生椿の田んぼの、新鮮な清水で育てられたお米。

 

以前に、

生椿をお訪ねしたのは、 9 月 半ば。

生椿 朱鷺の故郷

生椿 朱鷺の故郷の田んぼ

数日後の18 日には、23 回目の朱鷺の放鳥を控えての頃でした。

 

特別天然記念物に朱鷺が指定され、保護センターが出来た時には、

わずかに 12 羽が生息するだけの島になっていたそう。

 

朱鷺が舞う佐渡の礎となった、生椿の田んぼは、

農業を守り、朱鷺の故郷を守り続けた

高野さん親子の想いが、あふれるほど注がれてきた所。

 

お父様は、生椿の田んぼから生きたドジョウを取り、

朱鷺の為に届け続けたそうです。

 

今、田んぼで見かける朱鷺達は、繁殖期に特有の、

黒灰色の羽色をしています。

420羽あまりが自然の中で暮らす佐渡に。

 

高野さんは、77歳。

放鳥の式場となる、準備の整った田んぼを静かに眺めながら

大きな区切りを迎えて、達成感と安堵を感じていらっしゃるよう。

強い意志と長い時間が成した、尊いお仕事。

 

田んぼでは、タニシやイモリが動きまわり、

トンボが飛び交っている、ビオトープ。

たぶん アカハライモリ

たぶん アカハライモリ

ここは、朱鷺のふるさと(^O^)/

新穂から10㎞ 両津から13㎞ 標高350mに位置する、生椿。

朱鷺のふるさと 生椿 

朱鷺のふるさと 生椿

朱鷺は飛ぶ前に、コッコッと鳴くのだそうで‥

「年に数回だけだけれど、朱鷺たちが遊びに来る日があってね」

おだやかに、笑っていらっしゃいました。

 

山の奥、更に深い山の中、美しい棚田の里です。

 

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ