1. イベント情報

週末毎に嵐が襲ってきいます。

 

先日、国指定の重要無形民俗文化財である、文弥人形、のろま人形の上演会が開かれました。

 

佐渡文弥人形芝居の集い

 

佐渡の文弥人形の真明座の座長、川野名孝雄さんが永く続けて来られた活動のなかで培われた繋がりの集大成でしょうか、

島内外から6つのの座を招いて、合同で上演される人形芝居の集いとなりました。

 

真明座 座長 川野名孝雄さん

初めに、ご挨拶

 

石川県白山市の東二口文弥人形浄瑠璃保存会の、文弥・でくの舞 大職冠が特別出演。

佐渡の文弥人形の 真明座 常磐座 双葉座

のろま人形の 廣栄座

中学校の文弥人形クラブ2校  真野中学校 高千中学校 が人形芝居に参加。

一堂に会しての、賑やかな演目が揃いました。

 

この会を寿ぎ、三番叟(さんばそう)が、川野名さんにより三十数年ぶりに舞われました。

 

三番叟

 

三番叟は、幕開けの祝儀として、開演に先立って演じられる舞いだそうで

地固めの意味もあり、足拍子を踏んで躍動的に舞われます。

一、二、三

一、二、三、四、五

一、二、三、四、五、六、七、と

三、五、七のめでたい拍子で足を踏むのだそうです。

そして、舞の見どころは、手に持った扇子で、踊りながら寿の文字を書き、袖を大きく腕に巻きあげる所作で、寿の点を打ち、袖の松の模様を見せて祝いの気持ちを表します。

足拍子や扇子など、ひとつ一つの所作に意味があることを知りました。

 

第一部プログラム

第一部プログラム

 

真明座太夫:久保宗香さん

真明座太夫:久保宗香さん

 

真野中学校文弥人形クラブ

真野中学校文弥人形クラブ

 

石川県白山市:東二口文弥人形浄瑠璃

石川県白山市:東二口文弥人形浄瑠璃

 

常盤座

常盤座

 

情の深さをしっとりと人形の動きで表し、迫力ある人形の躍動と、太夫の格調高い語り口が調和した演目を楽しみました。

仕事の都合で、午前の部しか鑑賞出来なかったのが残念でしたが、これ程の座が揃って伝統芸能が上演される会は、今までになかったことです。

川野名さんは、「自分が元気なうちに、是非とも実現したい」と願っておられた上演会で、その意味でもとても貴重な人形芝居の集いでした。

 

佐渡では、幾つもの座が文弥人形に真摯に取り組んでいます。

そして、今回は、石川県白山市から、次代を育てることが難しいという同じ問題を抱えながらも、活動をされている東二口文弥人形浄瑠璃保存会をお迎えできたのも、ひとえに、川野名さんの交友の深さから可能となったものと思います。

 

この会の主催者は「新潟県立歴史博物館」でした。

これだけの活動に敬意を表するとすれば、主催者は、『佐渡市』であってほしかった・・・。

 

佐渡国際トライアスロン開催日は、9月3日。

 

我が家の前は、バイクとランのコースになっていますので、選手のみなさん全員が通るコースの中にあります。

午後からは、バイクとランの選手が並走する賑やかなコースとなります。

選手を応援できることはないかな‥‥と、考えていたところ・・・。

 

 

トイレ どうぞ

トイレ どうぞ

 

準備された正規の休憩ポイントには、飲み物やトイレなどが用意されていますが、

途中で、もし、疲れたり、トイレが必要になったらご利用ください‥との思いから

手書きの案内を掲げました。

すると、次々と

       「こんにちは !! 」

     「お借りします」

     「助かりました」

     「腸の調子が悪くなってしまって‥」

夕方には、

     「仮設のトイレは準備されているのですが、薄暗くて入るのに

      躊躇しますので、助かりました」

と、レースの続きに戻って行かれた方もいらっしゃいました。

ともあれ、選手の方のお手伝いができたのならば、よかった(^。^)y-.。o○

寄れっちゃ

寄れっちゃ

 

観光客の方や、トライアスロン始め、ロングライドなどのスポーツイベントで

佐渡を訪れる選手の皆さんにも、あまり知られていませんが、

「寄れっちゃ」の青い旗は、

声をかけていただければ、トイレや近くの道案内、佐渡の情報などの

お手伝いを致しますということの、目印です。

観光で訪れた佐渡で過ごす時間を、楽しんでいただきたい。

佐渡に住んでいる人も、よかったらご利用ください。 お互いさまですから。

バイクで力走

バイクで力走

 

まだ まだ レースの途中

まだ まだ レースの途中

 

トライスロンのゴールは、9:30 pm まで。

夜になり肌寒くなってからは、ビニールの袋を着て寒さを凌いでいる方を見かけました。

更に、ゴール迄、完走を目指して力走する選手の足音が続きました。

無事にレースを終えた選手も、運営の方々も、ボランティアさんも長い一日でしたね。

 

暗くなった道を照らすようにと、家中の明かりを全部点けていましたが、

レースの終了を知らせる花火の音を聞いて、玄関の灯りを消しました。

 

お向いさんも、同じ思いでいたようです。

「おだやかな一日で、よかったですね」と、最終の選手を見送りました。

個人でできることは僅かなことですが、応援に参加し、楽しませてもらいました。

また、来年 (^_^)v  トライアスロンで\(^o^)/

 

誘ってくださる友人のおかげで、機会があるたびに、私達はLIVEに出かけます。

小さな会場で聴くLIVEは、演奏者の息使いや、指の動きまで見える近さ(^_^)v

 

相川 フロンティアにて

相川 フロンティアにて 5/28

相川出身の片桐さんと、お弟子さん

同級生の手作りの ご案内 

同級生の手作りの ご案内

 

プロとして活躍中のジャズギタリストの片岡さんが、帰省するということで、

幹事役を買って出た同級生が、仲間に呼びかけ急遽、LIVE開催の夜。

片桐さんのオリジナル曲、故郷の相川の海をイメージしての曲も披露されました。

 

演奏の応援とかけ声は、幼な馴染みならではの温かい、呼び名で。

片岡さんの返す言葉は、佐渡弁で(^_^)v

 

片桐さんが大切に育てている、お弟子さんとの演奏も聴かせてもらいました。

師弟は、アイコンタクトを取りながら。

自分が技術を磨く時代から、後輩を育てる時代へ。

楽しい仕事のようす(^_^)v

 

アコースティックのギターで、JAZZをすぐ近くで聴けるなんて‥。

 

LIVE 会場

LIVE  会場

 

集まった同級生達は、仲間の活躍を祝しながら、ワンドリンクで満足そうでした。

☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。☆

後日、もう一度相川へ。

春日神社にて、薪能と佐渡民謡、そして鬼太鼓

春日神社 薪能 猩猩

春日神社 薪能 猩猩  6/17

 

佐渡おけさ 立波会

佐渡おけさ 立波会

 

佐渡 おけさ

相川音頭

 

仕舞

仕舞

 

石花の鬼太鼓

石花地区の鬼太鼓

 

春日神社 舞台

春日神社 舞台

公演を終了して、静まった舞台

☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆

今日は、両津、アイポート佐渡

Chiho さん

Chiho さん   6/24

 

パワフルでシルキーな魅力ある歌声が、こころを躍動させて(^_^)v

ミニコンサート 会場

ミニコンサート 会場

 

LIVE専用ではない会場ですが、

モノともせず、熱気と一体感にあふれて盛り上がりました。

母上が佐渡の出身という方の、ドラムも飛び入りして(お名前を失念‥m(__)m)

ピアノも圧巻でした‥いいな(^_^)v

音に厚みと力強さが増して、更に楽しいLIVEになりました。

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆

この日は、金井の能楽堂で、丘みどりさんの演歌を聴く夕べ。

丘 みどりさん

丘 みどりさん 6/27

 

佐渡の夕笛   おけさの渡り鳥 佐渡おけさ

佐渡おけさは、元鼓童の山口幹文さんが篠笛の演奏で共演し、格調高くなりました(^O^)

佐渡に縁のあるこの三曲を、披露してくれました。

地元の能舞台や身近のパブや公会堂などが、ステージとして豊富に点在する環境です。

プロの方の歌声や演奏を観て、聴いて。

地元の方が稽古を重ねて舞台に立ち、演じて楽しむ日常があります。

生演奏や、歌声が耳にも、体にも直接当ってきます(^_^)v

芸能の宝島佐渡を、実感しています。

外に出ていると陽ざしがまぶしくて、さわやか。 GWは中盤、今日も晴天です。

このGWには、観光旅行だけでなく、法事で親戚の集まりがある人、

実家の田植えを手伝う為に帰省する人などで、

他県からの車の往来が多くなり、スーパーの駐車場も満杯です。

お昼を地元のおいしい寿司で‥と考えられて、

地物の魚を楽しみに来られる方も多く

佐渡では普段では見られない行列ができたり‥。

お寿司だけでなく、定食屋さんもオーバーフロー状態となってしまいます。

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

自然酵母のパンで人気の “ しまふうみ ” も、GWはお客様でいっぱい。

私たちの友人を訪ねて、遊びに来て下さったお客様がいます。

友人は篠笛の奏者、狩野泰一さんの佐渡でのお弟子さんのF井さんで、

お客様は、篠笛のお弟子さんつながりの 田村優子さんのご家族。

しままるしぇ で、

篠笛のミニライブを開いて下さいました。

 

篠笛 コンサート

篠笛 ライブ

 

静かな透明感と、強くて、ふくよかな和の音色。

ご主人がサポートされて、ご家族や友人の前で、ママが演奏するなごやかなライブ。

 

演奏の後で

演奏の後で

 

田村さんが篠笛を構えると、指先がスッと伸び、気品あふれる姿。

演奏の息つぎの気配や、緊張感も伝わってきます。

篠笛で聞く、アメイジンググレイスは

心にひびく、やさしさにあふれた静かな旋律。

 

思いがけない、篠笛のミニライブ(^_^)v

居合わせたお客様も、外国からのお客様も一緒に聞き入りました。

田村優子さん、ご家族のみなさん、

素敵な時間をありがとうございました。

佐渡の観光も本番を迎え、車のナンバーも全国各地からの名前が。

観光のお客様や、帰省の方で賑わい始めました。

 

クラシック ロールスロイス

クラシック ロールスロイス

 

車に疎い私でさえも、この車が貴重なクラシックカーであることはわかります。

ボンネットのマスコットとして人気の、フライング・レディも素敵。

 

オーナーのご夫婦が、しまふうみで休憩され、

しままるしぇ にも、立ち寄って下さったので少しおしゃべり\(^o^)/

( とは言え、英会話は少々しかできませんので、その後は笑顔で日本語のみ )

 

お茶 古布のコートを試着

玄米茶  古布のコートを試着

ウエルカムの雰囲気は、何となく、チャンと伝わって。

 

座席で奥様と

座席で奥様と

奥様と一緒に運転席で、写真を撮らせていただきました。

サムライチャレンジジャパンの企画として、日本を縦断中。

欧米のクラッシクカー50台が、4/29~5/1まで

佐渡を駆け回っています。

山道の中や、国仲平野を走り抜ける車列に出くわしたり、島民はビックリ。

カッコいい (^。^)y-.。o○

カッコいい (^。^)y-.。o○

 

この車も、きっと有名なんでしょうね。

自分もスーパーカーを持っていて、車大好きな友人は

宿舎となっている旅館まで出かけて、勢ぞろいした名車を見て来たそうです。

丁寧に大切に整備された、クラシックカーで

晴天に恵まれた、新緑の佐渡を

参加されたみなさんは、楽しまれたご様子でした。

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!