醤油搾り

佐渡で醤油を作ろうという、醤油作りのグループに参加して四年目。

 

昨年からは、個人に分かれて天地返しや日常の管理を続けてきました。

いよいよ、醤油搾りの当日を迎えました。

 

昨年までは、長野から搾り師さんに出張してもらっての搾りでしたが、

今年は、「佐渡で醤油を作ろう」と呼びかけてくれた、

齊藤哲さんがリーダーとなって、搾りの船を自分で作り、準備を整えてくれました。

 

湯を沸かして 準備

湯を沸かして 準備

箱根清水を鍋に沸かして、準備します。

 

火を点ける 絵になります

火を点ける

 

佐渡の名水 箱根清水

佐渡の名水 箱根清水

 

およそ40 リットルを加え

およそ40 リットルを加えます

どんどん、味わいが変化してきます

 

袋にもろみを入れて

搾り袋にもろみを入れて

丁寧に、船に袋を並べていきます

 

もろみを袋に

もろみを袋に

 

醤油の 誕生

醤油の 誕生

 

圧力をかけて 更に搾る

圧力をかけて 更に搾る

 

塩ボーメ計

塩ボーメ計で濃度の確認

 

ほぼ最後のキレイな醤油

ほぼ最後の一摘 美しい醤油

火入れをしない生搾り醤油を、今日のお土産として持ち帰り、お味見(^u^)

 

ぺったんこ 搾り袋

ぺったんこ 搾り袋

鍋に醤油を戻し、60 度までは、ゆっくり火を入れし、

以後は、88 度まで温度を上げます。

 

アクを、丁寧にすくい取りました。

 

温度が下がるのを待って

温度が下がるのを待って

ビニール袋に入れ、家に持ち帰りました。

 

これから、5 日から6 日くらいで澱が沈むのを待ち、瓶に移す予定です。

 

ありがたい事に、今日は晴天に恵まれて、外での一連の作業を無事に終えることができました。

 

搾ったもろみは、野菜を漬けたり、魚や肉を味付けしたり、味付けにするといいそうです。

 

佐渡の醤油搾り人を目指す齊藤さんは、10年近く前から醤油作りに参加し、

何年も長野の搾り師さんの指導を受けて、醤油作りを習得したそうです。

 

今年初めて、長野の搾り師さんの手を借りずに、自前で搾りの船を作り、

自らの手で、醤油搾りを成し遂げました。

佐渡において、この一歩は、将来に向かってとても大きな一歩となったように思います。

 

重複するところも多いですが、昨年の醤油搾りについての、ブログです。

https://sado-biyori.com/blog/kakimochihonpo/sadoinaka/%E9%86%A4%E6%B2%B9%E3%82%92%E7%B5%9E%E3%82%8B/

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!