筍と玄米の薬膳

世はGWの最中ですが、佐渡の農家は田植えの季節を迎えています。

田んぼの畦ごとに人とトラクターが出揃い、賑やかに準備に励んでいる風の強い日でした。

 

山菜も次々採れ、灰汁抜きしたり、保存したり、忙しく楽しい時です。

今日は、掘りたてのタケノコをいただきました \(^o^)/

そこで、さっそく

 

筍 玄米

筍 玄米

 

米糠と鷹の爪でタケノコを茹でて、アクを抜く食べ方は一般的ですが

先輩に教えていただいた調理法で、タケノコの味わい方を試してみました。

 

堅い部分を薄く切ったタケノコと、玄米をコトコト2 時間かけてお粥を炊く。

 

たけのこ

たけのこ

 

タケノコの灰汁が玄米へ香りを移し、玄米に付いた糠がタケノコを柔らかくしてくれるのだとか。

なるほど (*^_^*)

 

ことこと 二時間

ことこと 二時間煮る

 

少しの塩味 梅干し

少しの塩味 梅干し

 

玄米の少しプチプチした部分と、タケノコの香りのやさしい薬膳が完成 (^_^)v

自家製の梅干しで食べると、おだやかな玄米の甘みも感じられます。

 

玄米とタケノコのイイところを、ゆっくり調理することで余す処なくいただく薬膳の考え方は

理に適っているし、旬を食べる楽しみと共に体にもやさしいことが実感できます。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!