タラの芽と春蘭

畑の端に植えっぱなしのチューリップが、花を咲かせました。

赤くつぼみがふくらんで、可愛いいようすに(^-^)

 

咲いた 咲いた チューリップの花が

咲いた 咲いた チューリップの花が

(^。^)y-.。o○

並んだ 並んだ チュウリップの花が

並んだ 並んだ

(^u^) (^-^)

 

金北山の雪も、日ごとに溶けてきています。

金北山の残雪

金北山の残雪

 

春の山菜の王様タラの芽と、山ウドをいただきました。

タラの芽は、トゲトゲの木のテッペンにあって、素人には採れない貴重品。

ウドも、大きくなれば見えてきますが、土から芽生えたばかりでは見つけにくい山菜です。

 ウド タラの芽

ウド タラの芽

この春初めての、ふくふく丸いタラの芽、香りと苦みが魅力のやわらかいウド。

 

ウドは、ワカメとキュウリの酢味噌和えに。

タラの芽は、天ぷらで。

翌日には、ウドとタラの芽の天ぷらを作り、旬の椎茸を添えてミニ天丼にしてみました。

佐渡の山菜天丼セットで 、おいしく。

海老や魚がなくても、堂々とメイン料理と呼べる季節限定の一品\(^o^)/

 

春蘭

春蘭

 

春蘭も天ぷらにして、食べる方がいらっしゃるそうですが、

珍らしい食材ではあっても、余りに貴重な花ですから、

眺めて楽しむ方が、好きです。

 

先日、種を蒔いた実家の苗は、順調に育っているようです。

苗が出そろいました

苗が出そろいました

強い雨の日もあり、寒さのぶり返した日もありましたので、温度の管理も細心に。

≪苗半作≫という言葉がある程で、苗の出来しだいで作柄が決まるという意味だそうです。

苗起こしは、大切な農作業の一つです。

 

佐渡に、やっとこさ春が来ました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!