鮎の石焼きの会

夏休み明けの9月の第一日曜日に、鮎の石焼きの会が開かれます。

地元の先輩に声をかけていただいて、珍しい鮎料理をご馳走になってきました。

 

朝、9時に会場に集まり

料理をする人、テントを張る人、火を起こす人、皆が準備に参加します。

 

鮎の塩焼き

鮎の塩焼き

 

先輩に串の打ち方を教えていただき

鮎の塩焼き準備 完了

鮎の塩焼き準備 完了

 

鮎の石焼き

鮎の石焼き

茄子を土手に、自家製の味噌で石焼きにします。

 

天ぷら

天ぷら

 

竹の筒でお燗した地酒で

竹の筒でお燗した地酒で

 

いざ 乾杯

いざ 乾杯

 

今日の鮎の石焼きの会を主催する人達は・・・・。

石を焼き、竹を削り、高熱になった石の上になすびで土手を作る。

味噌に味醂と酒を加え、鮎の内臓 ( ウルカ ) で味を付け、鮎を味噌焼きに。

 

鮎の稚魚を放流し、鮎が棲む川を大切にしているみなさんが、鮎を味わいます。

 

お地蔵さま

年に一度、お地蔵さまの前に集まり、大人の給食会。

 

石を焼く

石を焼く

 

竹を削り

 竹を削り

 

新聞紙で囲う

新聞紙で囲う

 

鮎の塩焼きは、新聞紙で囲み熱が逃げないように

丸~るく囲むための竹ひごを削り編みます。

 

素朴でおおらかに、ワイワイ楽しく鮎づくし。

ご馳走さまでした\(^o^)/

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!