紫蘇ジュース と ゆかり

“山の日”の、振り替え休日。

国民の休日として馴染んだような、まだ‥のような。

ですが、

休日が増えることは、OKということで(^^)/

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

「今日、孫とじゃが芋堀をするつもりなんだけれど‥。

畑を整理したいと思うので、梅漬け用に畑に残した赤紫蘇を始末したい‥。

よかったら、使って貰えるかの~」

電話をいただきました。

 

赤紫蘇

大きく育った 赤紫蘇の株

葉をちぎって、よく洗い準備。

鍋で煮出して

鍋で煮出して

赤紫蘇のエキスを、10分間くらい、煮出します。

搾ってから、氷砂糖を加え溶かしました。

赤紫蘇 エキス

赤紫蘇 エキス

濃くて、たっぷりのエキスが取れました!(^^)!

 

クエン酸 を 加えると

クエン酸 を 加えると

鮮やかで、さわやかな紫蘇ジュースに変身。

 

小分けして

小分けして

水や炭酸を加え3倍くらいに薄めると、美味しいジュースに。

みんなで楽しむ、夏の飲み物が完成。

小量ずつ、お友達にも飲んでもらいます(^^♪

 

ご好意を、ありがたくいただくことばかりなので、

時にはこちらから、好意をお届けしたり、押し付けたりしています。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

梅の天日干しは、順調に終了しました。

梅干し

梅干し

梅干しの紫蘇 

梅干しの紫蘇

梅紫蘇もよく乾いたので、ミルにかけて“ゆかり”に。

ゆかり

ゆかり

ほど良い塩加減と、赤紫蘇の色あいです。

紫蘇の香りが、食欲を呼び起こしてくれます(^^♪

 

梅干し・梅シロップ・梅酢・ゆかり作り。

晴天に恵まれて、紫蘇と梅仕事を終了できました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!