朋有り、遠方より来たる

今日もさわやかで、過ごしやすい秋の日。

ご近所の稲の刈り入れも、あと少しを残すだけになってきました。

9月になってから降り続いた雨で、田んぼがぬかるみコンバインが沈み、手刈り作業しているところがあちこちに見かけられます。

収穫のゴールを喜ぶ前に、自然を相手にするご苦労があと少し残っています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

シルバーウィークには、友人夫婦が遊びに来てくれました。

仕事で現役の頃、一緒に働いたお仲間です。

 

奥さんにとっては初めての佐渡ですので、少しの観光案内と、ゆっくりとお話もしたい。

狭くなってしまいますが、一台の車で移動することにしました。

‥佐渡観光では、長い移動時間も貴重なのです。

 

両津から道なりに、先ずは、朱鷺の森公園に。

朱鷺まで 2 センチまでの距離で観察できる窓に近寄って待っていると、

3 羽が餌を辿って次々と目の前に来てくれました。

 

ご主人は 2 回目の佐渡。 

翌日には、ドライブする時間をとってあるとのことですので

今の時間を大切にして、ゆっくりお話することにしました。

 

早めの昼食を、若い夫婦が手打ち蕎麦でもてなしてくれる人気の店でとり

お互いの近況を話しながら、地酒でまず一獻。

 

ちょうど小木で公演中の < 鼓童 > へご案内。 

ドン・ドンと、太鼓の音が体の正面から迫ってきます。

素朴で力強く、沸き立ってくる祭りのリズム\(^o^)/

 

古い公会堂で

古い公会堂で

組んである足場は耐震工事の為、来春までには終了予定とか。

 

ステージの後 送り太鼓

ステージの後 送り太鼓

鼓童の研修生

鼓童の研修生

 

おだやかな海に沿ってドライブしながら、

働くことの厳しさや楽しさなどの思い出話が尽きませんでした (^。^)

 

シルエットのお二人

シルエットのお二人

 

日没

日没

“ しまふうみ ” のテラスにて

 

居合わせたお客様と共に、真野湾に沈む茜色の夕日を静かに見つめました。

刻々と変わってゆく夕焼けの色。

こんな時間の過ごし方も、佐渡では有りですね (^_-)-☆

 

同じ職場で思いを同じくして働いてきた仲間。わざわざ、遠くまで会いに来てくれてありがとう。

朋との時間は半日だけでしたが、

久しぶりに逢えたこと、そして、お互いの家族のこと、元気な暮らしのことなど。

よう来てくれて、ほんとにありがとう\(^o^)/

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!