懐かしい味

今日は、センター試験の一日目だそうです。

佐渡は風のない静かな日でした。無事に受験できたかな?

 

この日だけは、穏やかな日を受験生のために特別にプレゼントしてあげたいと、

親たちの願いが集まって、こんなお天気になったのかな。

 

 

いつもは同じような献立と、簡単手抜き料理が続き、反省の気持ちもあって‥

時には丁寧に作ろうと、思い出した懐かしいメニューが “白和え”。

消化がよくてやさしい料理が食べたくなり、久しぶりに作ってみました。

 

野菜の白和え

野菜の白和え

人参・ゴボウ・こんにゃく・れんこん・ほうれん草を、白和えに。

茹でた野菜を、醤油味の出汁で下味を付け、ほうれん草は醤油洗い。

カシューナッツを炒り、すり鉢でなめらかにすり、水切りした豆腐と合わせました。

準備にはひと手間かかりますが、やっぱり懐かしい味です。

 

小鯛のささ漬け

小鯛のささ漬け

 

福井の名産品、小鯛のささ漬け。

故郷のなつかしい味を、送っていただきました(^-^)

酒の肴としてワサビ醤油で食べることが多いですが、簡単な手毬寿司にしてもおいしい酢漬け。

 

母がよく食卓にのせてくれた、根菜とほうれん草の白合え

と、

ささ漬けは、小さな鯛を塩味と米酢で〆た、庶民のご馳走。

 

小鯛や金目鯛のささ漬けは福井県、若狭の名産品。

素朴ですが、器の木の香りをささ漬けに移した、上品な味付けの逸品です。

 

白合えと、ささ漬け、どちらも久しぶりの味。

懐かしかった~(^。^)y-.。o○

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!