干し柿・柿チョコ・ゆず餅、そして柿もち

少し春に近づいていることを感じる、弱い雨の一日。

 

柿餅の大切な原材料の、干し柿が綺麗に乾いてきました。

干し柿はおよそ二ヶ月、じっくり風に当て、時間と手当をしてきたものです。

冷やして、お召し上がりいただくとより美味しいです。

干し柿を凍らせて、1センチくらいの厚さに切ってお召し上がりいただくと、より美味しいようです。

おいしい柿を、お菓子に。

しこしこ皮目と、おだやかな甘さの干し柿を、 ビターチョコでコーティングしました。

柿とブランディーとビターチョコ

柿 ブランディー? ビターチョコ

  小粒ながら、存在感のあるお菓子。 お酒やコーヒー・紅茶に絶妙に合います。

ゆず餅 中味をグレードUP してくれる顔 です

ゆず餅をグレードUP してくれる新しい顔です

柚子の香りが豊かなゆず餅に、新しいデザイン画をいただきました。

柿もちを描いて下さった若林さんならではの、やさしいさと味わいある画。

冬の柚子を餅にした “ ゆず餅 ” を、大切に作り続けていきたいと思っています。

 

ちなみに、柿餅本舗の主力商品の柿もちも、若林さんに描いて頂いた画です。

佐渡の柿もち・柿餅揚げ

佐渡の柿もち・柿餅揚げ

明日の、本町市にも参加いたします。

あちこちで見つけていただけると嬉しいです。 \(^o^)/

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!