岩首の棚田にて

澄み切った青空の、さわやかな秋の一日。

 

ご注文いただいた「 柿餅 」 を、朝のうちにクロネコさんに預け、午前の時間が空いたので

素敵な風景に出会える予感がして、岩首へ出かけました。

 

廃校となった旧岩首小学校 ( 岩首談議所 ) で、多くの大学生を受け入れたり

観光で訪れる人たちに、清流の流れ落ちる “ 養老の滝 ” を案内したり、

“ 昇龍棚田 ” と呼ばれる岩首の棚田を、地区の皆さんと守っている大石さんをお訪ねしました。

 

大石さんは、来年7月に、佐渡で開催される 「全国棚田(千枚田)サミット 」 の打ち合わせの為お留守でしたが、奥様とお話ができました。

 

案内の看板

案内の看板

数年前、分岐点を間違えて棚田に辿り着けなかったことがあったので、もう一度確認。

 

スタート地点

スタート地点

よくわかる案内の看板が途中にも、角かどにもありますので安心です \(^o^)/

 

遠くの海 と 実りの田んぼ

遠くの海 と 実りの田んぼ

 もう一段、高く登って

 

稲刈りが始まっています

稲刈りが始まっています

はざかけ

はざかけ

今は、機械乾燥を併用していますが

昔と同じように、ハザガケして稲を干しています。

稲藁の甘い香りが、あたりに漂っていました。

 

手刈り 稲束

手刈り 稲束

展望小屋 そらまめから

展望小屋 そらまめから

この休憩展望小屋も、多くの人の協力で再建されたもの。

秋の澄んだ風を感じながら、遠くの海と、豊かな稲の実りの風景が見わたせます\(^o^)/

 

この展望小屋までの細い道の両脇は、きれいに草を刈られ掃除されていました。

大勢の学生ボランティアが、岩首に滞在して、整備に協力したものだそうです。

 

そらまめ 協力の感謝状

そらまめ 協力の感謝状

 

ボランティアの後書き

ボランティアの後書き

実り豊か 昇龍棚田

実り豊か 昇龍棚田

“ 昇龍棚田 ” と呼ばれる、ゆえんの風景

 

一枚ごとの田んぼが、丁寧に手入れされていて

この、さりげない美しさ保つための、ご苦労が察せられます。

 

美味しいお米を作ることや、きびしい条件の山の田んぼを守り続けてきた景観は

多くの時間と労力の賜もの。

暮らしている地域の方々の、棚田への強い意思を感じました。

 

、帰り道に、田んぼで働いていたお母さんに、昔のご苦労などのお話もお聞きしました。

 その方の庭には、立派な原種に近い梨の木があり

大切にされていましたので、許可をいただいて (^O^)

 

梨の古木

梨の古木

冬に備えて だいこん

冬に備えて だいこん

 

 佐渡には、他にも多くの棚田がありますが、岩首の棚田は本当に美しい風景だと思います。

 

汗を流して守っている棚田の風景や、自然のままの不便さも含めて

実習に来てくれる学生さんや、観光の方たちが

末長く佐渡のファンになってくれたら・・・・・。

 

岩首の棚田は、故郷の大切な心の風景そのものです。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!