小川落語会

私たちは、この10月で佐渡に移住して10年となりました。

佐渡に移住する前から、

何かと親身に相談にのって下さっている先輩がいらっしゃいます。

 

その方が呼びかけ人となって、「小川落語会」を立ち上げられました。

地区の公民館で楽しめる“落語会”です。

9月9日 18時より 地区のふれあいセンターにおいて。

 今回で6回目を迎えます。

 

当日は、台風15号が迫ってきており

落語会に出演予定の噺家さんが、新幹線が運休となった為

佐渡に渡れなくなったという、ハプニングも発生。

 

あれやこれやと、変更に変更を重ねながら

ともかくも、スタートしました。

 

番組 案内

プログラム

落語 「動物園」 なにわ亭  十二鶴(とにかく)さん

 

急遽の出演依頼に応えて

一人芝居

一人芝居

平腰忍さんによる 一人芝居 「石地蔵」

夏目漱石の「夢十夜」から。

お話を聞いていくうち、ちょっとゾ~とする結末へ展開。

圧巻の世界へ、引き込まれます。

 

或る電停 ばたやん

亜流伝亭(あるでんてい) ばたやん

落語 「お化け長屋」

ばたやんさんは、二席となりました(^-^)

 

「佐渡金銀山の歌と芸」 飯山弘ご夫妻による歌とハーモニカ

 

杉山民友会

杉山民友会

地元の小川地区に伝わる

小川甚句と小川音頭の披露がありました。

観客のみなさんからも、手拍子が加わり会場が和やかに( ^^)

 

杉山民友会

杉山民友会

小川の地名を冠した「小川甚句」の

三味線・太鼓の快い響きや

踊り手の身振り手振りに、ついつい気を取られてしまい

歌の内容を聞き取れなくて‥。

祝い唄なのか、労働歌なのか、神仏に豊穣を願う歌なのか‥。

 

前日には、地区のみなさんが草刈りをし、駐車場を整えたり、

当日は、受付から舞台や客席の設営を分担するなど

小川地区を挙げての大きな行事になっています。

 

回を重ねる毎に、出演者と観客との温かいふれ合いトークも

なごやかに交わされて、

地元の会場ならではの、ほのぼのとした落語会になりました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!