季節の味;らっきょう漬け

その昔、農家の主婦はどれほど忙しかったのでしょう。

畑に野菜を作り、毎日水やり、草取り、収穫、加工し保存。

大家族の食卓を賑やかにしようと、工夫を重ねた漬けものを毎日並べてくれていました。

「ウチの婆さんの漬けものは美味い。」

この言葉は、家族からの最大の褒め言葉。お婆ちゃんへの感謝だったのでしょうね。

田舎に戻り、漬けものを自分で作る楽しみを覚えました。

先生は、母であり、隣のお婆ちゃん達です。パソコンで検索すれば大勢の知恵が集まってもいます。(便利な世の中。全国の婆ちゃんというか先輩方が教えて下さいます)

色々な漬け方があるようですが、まずは昔からの基本のやり方で。

  海水程の濃度で一晩

  つるつる色白に

  海水濃度で3日3晩

  熱湯消毒 10秒

後はよ~く熟成するのを待つだけ。 素材の出回る時期を逃さないことがコツ。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!