夏痩せ知らず かぐら南蛮味噌

お盆を迎えた佐渡は、人口が急に増えています。

 

スーパーでは、お刺身やサザエ、アワビなど海の幸、佐渡牛などがたっぷり用意され、

定食屋さんでは、本日満員御礼が入り口に置かれていました。

廃校になってしまった小学校の校庭には、盆踊りの準備がされていました。

 

佐渡中が、大賑わいです。

 

我が家は、実家へのお墓参りだけですので、

いつもの暮らしとさほど変わりなく過ごしていますが‥。

 

☆。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

先輩をお訪ねした折、「かぐら南蛮味噌」を、いただきました。

 

かぐら南蛮

かぐら南蛮

 

自宅の畑で育てたかぐら南蛮で、ピリ辛の味噌を作るのは先輩の得意なレシピ。

真ん中にキュッと集まった、皺しわな神楽のお面のようなビジュアルゆえに、

神楽南蛮と呼ばれるそうで、

鷹の爪や中華の南蛮の辛さとも、別の味わいです。

 

先ずは、アツアツご飯にのせていただきます。

 次に、夏野菜のナス・青シソ・ピーマンなどを、かぐら南蛮味噌で炒める‥。

生のキュウリに付けて、ポリポリ。

刺身にも、ワサビと醤油の感覚でおいしく。

煮込んで、グリーンカレーにも(^u^)

この味噌を青紫蘇で包み、油を引いたフライパンで焼けば、紫蘇巻きの出来あがり。

炒飯を味付けすれば、さらに美味しく仕上がります。

素朴で、幸せな一口。 神楽南蛮の味噌はとても重宝な、調味料。

 

暑さは続いていますが、食欲を無くすこともなく、良好な体調です(^_^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!