餅米入りの塩糀 

寒い、寒い。

春はそこまで来ていると、気を緩めたばかりでしたので今日の寒さが余計に応えました。

 

 

ブログに書き込むのが遅くなってしまいましたが、

寒い時季に仕込みをしておきたい作業が、味噌作りの他にもう一つあります。

 

。。。。。。。。 塩糀作り 。。。。。。。。。

 

佐渡産 糀 塩

佐渡産 糀(塚本糀屋) 佐渡の塩

 

もち米を蒸す

一升の餅米(こがね餅)を蒸して

 

合わせて 瓶に保存

 ( 餅米 一升  塩 800g  糀 800g )

 

始めは少し固くて混ぜにくいですが、毎日かき混ぜます。

そのうちに糀が塩と馴染み、もち米を分解しはじめ柔らかさが出てきます。

寒の内に仕込むと雑菌が少なく、失敗しないと教えていただきました。

 

完成すると、この塩糀は野菜を漬けたり、肉や魚の下味を付けたり柔らかくしたり。

もち米が旨みと自然な甘さを醸して、風味豊かで重宝な万能な調味料となります。

 

今年は 2 月16日に仕込み終了しましたので、今は馴染んできてイイ具合です(^-^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!