佐渡文化学習 バスツアー (午前の部)

佐渡飛鳥路を巡り、佐渡を知る文化学習のバスツアーの案内を

FBで見つけ申し込みました。

 

 

昨年 7 月に立ちあがったばかりの、佐渡文化財団が主催し、

おもにガイド業務に係わっている方々の、スキルアップのために企画されたツアーですが、

一般の人も参加可能の勉強会です。

 

佐渡飛鳥路

3 月 17 日 ( 日 ) 朝 8 時 30 分に集合

国分寺跡 ~ 妙宣寺 ~ 大膳神社 ⇒ ときわ館で昼食。

国指定の重要無形民俗文化財・佐渡の文弥人形芝居を観覧するコース。

 

国分寺跡

国分寺跡

 

佐渡観光の最前線に立つ、ベテランのガイドさん達が、

更にスキルアップを、と、カリスマ講師を迎えての企画。

国分寺の歴史的な成り立ちなど、熱心にメモを取っていました。

 

豊富な知識と軽妙な話術で、佐渡を旅するお客様を楽しくご案内してこられた、講師のお二人。

 

津田隆子さんと青山菊代さんは、

誰もが認める佐渡のカリスマガイドであり、研究者に近い方です。

今回は、二台のバスで巡ります。

 

 

佐渡の子どもであれば、国分寺跡には、たいてい遠足で訪れていますが、

ただの原っぱにしか見えず、歴史的な意味なんぞは‥更に理解の外にしかなかった・・・(>_<)

 

初っ端のココでも、佐渡弁を混じえてのガイドで津田さんの魅力全開。

佐渡に国分寺が置かれた歴史的な意味や、

いにしえの人々の生活までが、見えて来るような気分になってしまいました(^u^)

 

瑠璃堂

瑠璃堂

御本尊は瑠璃堂にはおわさず、奥にある別の蔵に安置されています。

大晦日から新年を迎える時にのみ、拝観できるとのこと。

 

小さな祠ですが、ココにしかないものだそうです。

名前も詳しいことも、う~ん、思い出せません(>_<)

普通には、気づくことさえない祠‥かも。

 

 

続いて、阿仏坊・妙宣寺へ

定番の角度から

定番の角度から

新潟県で唯一の五重塔

 

楠(くすのき)

楠 (くすのき)

阿仏坊・妙宣寺の庭の一角に、みごとな枝ぶりの北限の楠。

早春ですので、木々の緑やサルすべりは芽吹いておらず、

池の水連や桜もまだですが、明るい境内をのんびり散策しました。

 

庫裡

庫裡 美しく保全された茅葺屋根

 

庫裡の大黒柱 梁

庫裡の大黒柱 と 梁

 

本堂へ

本堂へ

日蓮上人が佐渡で暮らした時、お世話をし支えたという名刹

 

歩いて、世尊寺へ

世尊寺

世尊寺

民家のようなお寺。

日蓮の人柄に触れ、佐渡で一番初めに信者となったそうな。

 

大膳神社へ

大膳神社 鳥居

大膳神社 鳥居

山伏が開いた神社は、鳥居の形が異なるのだそうで ‥説明を受け 初めて気づきました。

 

大膳神社 能舞台

大膳神社 能舞台

能が盛んな佐渡で、いつも舞台がオープンになっている大膳神社。

鏡板と神を表す松の傍には、日輪が描かれています。

 

勝修羅扇

勝修羅扇

能を知る人は、この扇を持って舞台に立つとは、日の出を表すことを理解するのだそう‥です。

舞台の日輪と、呼応することを発見。

 

日本にある最古の、能舞台。

4 月 18 日には、大膳神社の例祭奉納能が予定されています。

この日の一日は長く、内容が細やかでなかなか、先に進めません。

佐渡飛鳥路 ( 国分寺・妙宣寺周辺 ) を巡った、午前の部でした。

 

お昼の食事から、午後の部は次号につづく・・・ということで。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!