佐渡の お祭り おまつり 

昨夜から今日の午前中は雨の予報でしたが、今朝は気持ちよく晴れています。

佐渡は、お祭りの島。

 

島の10の市町村が合併し、佐渡市となったのが2004年3月。

佐渡市となってからも、旧の町・村ごとにお祭りが催されていますので、

いつも、何処かでお祭り。

 

相川 善知鳥神社 太鼓組み

相川 善知鳥神社 太鼓組み

10 月19日 相川まつり 善知鳥(うとう)神社

 

烏帽子をかぶり 枡を持って舞う 豆まき

烏帽子をかぶり 枡を持って舞う 豆まき

 

獅子組み

獅子組み

 

下り羽会

下り羽会

太鼓と笛の音にひかれて、通りに出てみると元気な子供たちが(^_^)v

 

一ヶ月前から、子供たちは、笛や太鼓を練習してきたそうで、

家ごとに門付けしてまわり、「 おめでとうございます」の 挨拶。

お祭りに参加し、太鼓を打ち、笛を吹き、小さな子供は提灯を捧げて町中を回ります。

祭事ごとゆえ、神妙に、礼儀正しく、誇らしげ\(^o^)/

 

翌 10 月20日は、四日町まつり

 

佐渡病院では病院祭 山野草の会 諏訪参道オープンマーケット ぼた餅まつり‥など

今日だけでも、あちこちで、お祭り おまつり。

収穫祭あれこれ‥ お祝いのご馳走を作り ご接待し、楽しみます。

 

10  月 21日 は、椿尾集落の能の会

 

椿尾 能の会

椿尾 能の会

 石工の里 椿尾の能舞台で  狂言と能

 

入り口には 六地蔵さま

入り口には 六地蔵さま

真野能楽会による、能 かつらぎ が、演じられる予定。

 

太鼓・笛・能・狂言 芸能の島の秋

この日は、子供もお祭りの主役 \(^o^)/

 

地域に住む人達の生活の中に、当たり前の行事として、淡々と伝わる島。

特別な人たちではなく、ごくごく普通の人、私たちの知人・友人達が、太鼓を叩き、舞う。

地域の要を担う、お祭りの日。

秋晴れに恵まれて、よかった。 お祝いの響きが聞こえています。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!