佐渡の自然の恵みを生かして

今日は冬の晴れ間。 ぽっかりと、明るい陽ざしに恵まれました。

 

私達は、雑菌の活動が少ない冬場の大切な作業として、寒中に味噌の仕込みを毎年続けています。

その原材料となるのは、佐渡産の大豆と米麹と塩。

 

佐渡で、“ 古き時代からの食養・農法 ” を実践して、自然栽培をしている

“ いつくの郷 ”の笈川さんご夫婦が、

味噌の仕込みのための、大豆と米麹を届けて下さいました。

 

大豆 糀 

大豆 糀

自然栽培 ( 無肥料無農薬 ) 大豆 サトウイラズ と ササニシキに糀を付けたもの。

 

家族の食卓には、安心な野菜や調味料で作ったものをのせたい(^u^)

私たちは作れるものはできるだけ、自分で作りたいと思っています。

 

志ある生産者さんが近くにいる、田舎暮らしなればこそできることがあり、

その幾つかが、味噌・醤油を作ることです。

 

“ いつくの郷 ” さんは、主義ある農業に取り組んでいる農家さんで、

自給自足を目指して農業を始められて、およそ10年目とか。

自給率は目標の3割ほどのところまで、達成できたそうです。

 

 

私たちはこの安心素材で、自分で作る味噌・醤油を作りを楽しんでいます。

大豆 サトウイラズ

大豆 サトウイラズで味噌作り

砂糖いらずとも麹いらずとも呼ばれる、旨さの濃い緑色の大豆。

収穫量が少ない、貴重な大豆です。

 

ササニシキ 米麹

ササニシキ 米麹

ササニシキに “ 塚本糀店 ” さんの麹を付けた米麹。

ぜ~んぶ佐渡産の味噌(^u^)

 

これは、自家製の醤油作りの一コマ。 定期的に醤油の天地返しをしています。

自家製の醤油作り

自家製の醤油作り

 

 

この自然栽培のエゴマや黒米≪朝紫≫で、我が柿餅本舗の製品を作り、

「 新潟県のうまいものセレクション」にも、選ばれています(^_^)v

 

エゴマを餅について「えごまのおかき」を。

えごま

えごま

エゴマのおかき

エゴマのおかき

 

古代米・朝紫で、「古代餅」を。

黒米 古代米 朝紫

佐渡の古代餅

佐渡の古代餅

ベースとなる、おいしい餅米 ( こがねもち ) も、もちろん佐渡産(^u^)

 

 

佐渡の「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」のもとで栽培された、もち米 “ こがねもち ” と、

無農薬・無肥料で自然栽培された貴重な安心素材の、大豆・えごま・古代米 ( 朝紫 ) で、

佐渡の柿餅本舗は、地元のこだわり原材料を生かした安心安全な素材で、

美味しいお餅とおかきを作る。

 

生産者さんの上質な素材を努力して探すことは、

美味しい製品を作ることへの、大切な第一歩と考えています。

 

鶏のコッコちゃんと山羊のメェ~さんとの暮らしのブログ

いつくの郷 さんのHPはこちらです。

http://www.itsukuno-sato.com/product.html

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!