佐渡番茶と番茶のお餅

あと二日で9月。

青い空に、白い雲がくっきりと高~く広がって、さわやかな一日でした。

 

お盆に帰省した家族や、旅行のお客さまがそれぞれのホームへ戻り

   島外からの大勢のお客さまで盛り上がった、夏の祝祭アースセレブレーション が終わり・・

   夏休みにあちこちで聞こえた子供達の声が、学校の中に収まり・・

そして、静かな、いつもの佐渡の暮らしのペースになりました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

さて、今日は、佐渡のお茶のこと。

お茶の初摘みと、加工所を見学をさせていただいたのが六月でした。

 

佐渡でお茶を栽培している友人に、教えてもらったのが、< 茶粥 > 

  地元では < 茶げぇ~> と呼ばれています。 

 

お茶の生産地では、前の夜に茶袋で番茶を煮出しておき、そのお茶で米を炊き

茶粥を毎日作る習慣があるそうです。

さっぱりしていて、うまみと香りがよくて、実に美味しいのだとか。

今でも、朝に食べる家庭と、晩は茶粥という家庭があるのだとか。

お茶は主に両津地区の、上横山、潟端、吉井で栽培されています。

 

佐渡番茶

佐渡番茶

 

「 茶粥は消化がいいから、食べ盛りの中学生頃には3時間目くらいになると、腹が減ってね~。 だから、おふくろが茶粥に餅を入れてくれてね。それがまた旨かったんだなぁ。」

 

「 私は、朝は茶粥の家庭で育ったの。嫁に行った先が、朝からしっかりご飯の家でね。 慣れるまでは胸やけがして、しばらくは戸惑ったものよ。」

‥ 茶粥談義のおりに、「 懐かしいなぁ 」 と、いろいろな方からの思い出話をお聞きしました、

 

初茶摘み 6/8

初茶摘み 6/8

 

お茶加工所 蒸す

お茶加工所 蒸す

揉む

揉む

 

乾燥して 荒茶が完成

乾燥して 荒茶が完成

 

佐渡のお茶摘みは、6月・8月・10月の一年に三回。

25軒の生産農家が、化学肥料や農薬を一切使わないで  “ 有機 ” 栽培しています。

摘み取られたお茶は、お茶組合の共同加工所に集められ、≪荒茶≫ といわれる状態で保存されます。

≪ 荒茶 ≫ は、注文があると焙じて ≪ 佐渡番茶 ≫ として加工され、店頭に並びます。

 

番茶のほとんどは島内で消費されていますが、佐渡でお茶が栽培されていることを知らない人も多いそうです。

飲んでみると、ほろ苦さの後に豊かな甘さが追ってきて、とても香ばしい魅力あるお番茶です。

 

柿餅本舗では、佐渡に伝わる この<茶粥 > の食文化を、お餅にして味わって欲しい‥

そんな思いから 「 番茶のお餅 」 を作り始めました.。

 

番茶の餅

番茶の餅

あれやこれや試行と錯誤を繰り返して、ようやく番茶の香りと、あと味がすっきりとした

≪ 佐渡の番茶餅 ≫ が誕生しました。

 

佐渡の新しいお餅として

みなさまに、味わっていただけたら嬉しいのですが、いかがでしょうか?

時おりですが、土・日曜日の “ しままるしぇ ” で ご試食をお願いしています。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!