五・七・五

晴れてはいても、雪の溶けない寒さ。

今朝には十九年ぶりに、日本人横綱、稀勢の里 が誕生した日。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

このところのテレビは、伝えるべき情報は操作されたり、

ヤラセとよばれる作りモノが横行してみたり。

大切な部分が省略されたり‥、再放送ドラマで時間を塞いでみたり‥。

ひな壇に並んだお笑い番組も、素直に笑えず‥(>_<)

 

そこで今は、天気予報とスポーツと、何故か 「 プレバト俳句 」

 

俳人の夏井いつきさんによる、歯切れのいい添削が痛快で、実に楽しいのです。

言葉の並べ替えで、情景が伝わってきたり、生き生きとしてくるので納得したり。

五 七 五 の文字と、季語のみ。

誰でも、簡単に始められる俳句の世界。

日本の言葉の奥深さ、豊かさ、楽しさを発信しているのだから、テレビの存在もありかな。

 

夏井いつきさんが、明快な言葉で解説し、俳句の入り口を大きく開き、

裾野を広げた功績は、この番組によるところかも。

 

私も、他の俳句作家さんに目を向けたり、

新聞の投稿欄にも、丁寧に目を通すようにもなってきました。

 

先ずは、夏井いつきさんの俳句集を買って、俳句の門を叩いてみようかな (^。^)y-.。o○

  さて、一句 ‥‥ 寒の雨 □□□□□□□ □□□かな・・・・ウーン難しい(~_~;)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!