ちりめん山椒

こぬか雨が、降ったり止んだり。

畑に植えた、ミニトマト・茄子・きゅうりなどに、ふんわりやさしい雨の日です。

 

昨日、青く、やわらかな山椒を、JA佐渡の地場コーナーで見つけました。

先輩の作る初夏の味 “ ちりめん山椒 ” が、とても美味しかったことを思い出し、

さわやかでパンチの利いた味を、私も真似てみたいと買い求めました。

 

雨の日は台所に居て、あれこれと。

そこで、チャレンジ (^_^)v

 

青い 実山椒

青い 実山椒

 

煮て アク抜き

煮て アク抜き

 

10分間ほど煮て、アク抜き。

さわやかな香りが台所に充満して、下ごしらえが楽しいこと(^_^)v

一晩水に晒して、更にアク抜き。

完成

完成

 

ネットで検索した調理レシピで、完成 (^_^)v

心もち甘めの出来上がりとなりましたが、美味しい!!

一晩、味がなじむのを待ちます。

今回は、少しの分量でお試しです。

ちりめんじゃこ  50g    山椒の実  大匙 1

醤油  大匙 2

   大匙 3

出汁  カップ 1/2

砂糖  大匙 2 ( 次回は、ここを控えて )

 

旬の素材は、一瞬のもの。

地場の野菜を売るコーナーを覗くと、いろいろな素材に出会えます。

今日は、最後のタケノコ、ハチクと真竹が並んでいました。

これも一瞬の物ですので、昆布と身欠きにしんで煮物にしたいな‥。

でも、

あれもこれもと欲張らないで、また明日‥と、山椒だけにしました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!