うみゃあもん祭り 第12 回

佐渡の祭りの最後は、羽茂のうみゃあもん祭り。

毎年11月23日(勤労感謝の日)に、JA羽茂が主催しています。

 

けさ柿の収穫がアラレやヒョウの被害が出る前に、今年は無事に終わりました。

うみゃあもん祭りは羽茂の主要な作物である

お米・おけさ柿・自然薯・ルレクチェの収穫を祝う祭り。

それぞれの生産組合ごとに産直市として、生産者と話をしたり品物を選んで買える日。

 

自然薯

自然薯

大崎自然薯生産組合

 

加工品	加工品		0233104003787	佐渡の柿餅(揚げ餅)	378 	1 	378

きび粉 こんにゃく 笹団子 干し柿

小豆 白いささげ 大豆

小豆 白いささげ 大豆

 

柿餅本舗はいつものように、柿餅や柚子餅、玄米を三時間焙じたお茶 ( 玄米珈琲 ) を

お客様に楽しんでいただけるよう、

食べていただいたり、飲み物サービスに徹して楽しく過ごす一日でした\(^o^)/

 

柿の品評会では、親戚の柿がアンポ干し柿の部門で優秀賞に選ばれました。

熱心な柿の農家でいろいろ教えていただく事が多く、柿餅本舗の柿もココのです (^u^)

 

 アンポ干し柿の優秀賞

 アンポ干し柿の優秀賞

 

JA羽茂 トン汁サービス

JA羽茂 トン汁サービス

 

その他にも 、青年部の搗きたて餅のサービスあり、キビ団子の汁粉サービスあり

子供たちは、バルーンアートで動物や花を作ってもらって、嬉しそう。

収穫祭は賑やかに、盛りあがってお祝いムードいっぱい。

 

羽茂の町の手づくりのお祭りでしたが、回を重ねて12 回目。

今では、島のあちこちから大勢の方が遊びに来て下さるようになっています。

柿餅本舗も、6 年連続で出店させていただきました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!