伝統芸能

安養寺羽黒神社 山里ものがたり

「佐渡で一番小さい能舞台」

小さな鎮守の祭事

両津から車で約20分、山のふもとに「安養寺」という小さな集落があります。

その集落の鎮守である羽黒神社で、「安養寺 山里ものがたり」という催しが行われます。

奉納される芸能は文弥人形に民謡、民話語りなどの伝統芸能から、仕舞や舞囃子、雅楽といった能舞台にふさわしい雅なものまで、幅広く他に見ないほど充実しています。

 

文弥人形

常盤座さんによる文弥人形の様子。

佐渡にも縁のある「山椒大夫」。

 

日和のひとこと

「山椒大夫」とは、森鴎外の小説の代表作の一つ。

1954年には映画も製作され、ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を獲得。海外でも高く評価されました。

当日には、地元の人が愛情を込めて作った新鮮な野菜の販売コーナーが設けられます。

また、佐渡でも人気の「安養寺米」を使用したおにぎりが限定で販売されます!自然の中で食べるおにぎりは、より一層美味しいものです。

ぜひ、こちらのイベントに参加してみてください♪

羽黒神社へのアクセス

地図

タップすると地図が表示されます。

  • サンフロンティア佐渡株式会社のバナー
  • おけさ観光タクシーのバナー